新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

確定した死を前に、歴史を背負った男が足掻く

f:id:shoindy:20170306123525j:image

 

「映画 信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO」主演 小栗旬

 

  未来から戦国時代にやってきた若者サブロー、サブローは自分とそっくりな織田信長に出会った事で、信長と入れ替わることを提案され、信長として活躍します。「平和な世の中」を作ることを目的とした信長(サブロー)は家臣や妻である帰蝶の信頼を得てどんどんと織田家を大きくしてゆきます。しかし信長(サブロー)の周りには「明智光秀」として信長(サブロー)の元へ近づいてきた織田信長本人や強い野心を秘めた男羽柴秀吉、同じく未来からやってきたヤクザ松永久秀など様々な影が揺れ動きます。「織田信長の死」という近づきつつある歴史が語る事実を前に、サブローはどう生き、どのような運命を迎えるのでしょうか。

 

  原作は「ゲッサン」で連載中の同タイトルの漫画で、アニメ化もドラマ化も果たした人気コンテンツです。今作はそのドラマの続編(完結編)として本能寺の変の事件を描いています。正直、ドラマは観ていなかったのですが「観ていなくても楽しめるから」という母の猛プッシュを受け、視聴に至りました。日本のドラマって、「面白い」って噂を聞いた時点でもう中盤まで進んでいて結局見てないってパターンが多いんですよね「逃げ恥」も同じ理由で見てないです。後は見たいと思っていても1話見逃してそのまま見なくなっちゃうパターン。これは「たられば娘」。

 

  さて、本作ですが、戦乱の世の残酷さとサブローの持ち合わせる緩い現代の雰囲気が見事に混ざり合って、歴史モノでありながら誰にでも取っつきやすく楽しめる作風に仕上がっています。もうこれだけで「ドラマ見ればよかった!」と思えるくらいです。また、明智光秀の正体が信長だったり、松永久秀やウィリアム・アダムスをもタイムスリップしてきた人物という自由な発想が非常に面白く、新鮮です。

 

  内容で印象的だったことはやっぱり何と言ってもサブローのキャラにあります。ドラマを見ていないので、なんとも言えないのですが、サブローってどこまで歴史を知らないんでしょうか?流石に本能寺で明智光秀に殺されることくらい知ってるだろ…と思ってしまうほどの知識の無さ、もうびっくりです。あと、戦で人を切る事への葛藤とかはドラマで描いたんですかね?あまりに自然に戦ってるから描いてなきゃ違和感ですよね。そして一番言いたいのはサブロー…そして松永久秀までもが驚くほど無視するタイムスリップのルール。いや、あるやん?自分がタイムスリップしたことを言っちゃだめとか、未来に起きることを知られてはならないとか、パラドックスとかなんとかかんとか。でもそんなの全く気にしてないです。ネタバレに含まないところだとポロっと地動説唱えたりとか。サブローは(もう使えないんでしょうけど)スマホ持ってたりとか、松永に至っては歴史の教科書持ってますからね。それあかんやつ。

f:id:shoindy:20170306133230p:image

 

  しかし一方で明智光秀織田信長が同じ顔というシチュエーション、新たな視点の2人の関係だから描けるストーリーの面白さ、そして「歴史は変えられない」というルールが2人の関係をより面白くしており、とても楽しめる作品になっています。

ハードボイルド 再び

f:id:shoindy:20170305170415j:image

 

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」 主演 大泉洋 松田龍平

 

  「俺」の友人でオカマバーのホステスのマサコ。彼女はいつからか手品にハマり、その腕はみるみる上達してゆきました。ある時マサコは手品のコンテストに出場することを決意、見事優勝を果たします。一躍有名になるマサコ、しかしその2日後、マサコは何者かによって殺されてしまいます。しかし何故か満足な捜査が行われないまま捜査は打ち切り、理由はマサコと関係のあった大物政治家橡脇孝一郎の存在でした。マサコ殺害の犯人をどうしても見つけたい「俺」は高田、そして突如現れたマサコがずっとファンだったヴァイオリニスト河島弓子とともにマサコ殺害の犯人を探し始めます…

 

 早速見ました続編。前回よりよりヤバい「権力」という存在が敵に回り、前回より多くの敵に囲まれ、前回にも登場した「ヤツ」にもまた襲われ、そして前回同様予想できないオチが待ち構えており、まさに「パワーアップ」して帰ってきておりました。そして、前回は「男女の愛憎」だったのに対し「家族愛」がテーマとなっており、さらに切なさが増えた作品になっていました。ちなみに原作は「ススキノ探偵シリーズ」第5作目の「探偵はひとりぼっち」という作品のようです。前回よりソロの要素は少なめのようでしたがなんでひとりぼっちなんですかね?本読めば分かるのですかね?

 

  まず始めに、いきなり犯人の話をさせていただきます(ネタバレではないですよ!)。というのも、犯人が意外だったことの他に(というか犯人は分かるわけがない)、犯人の犯行動機が胸糞悪すぎるのです。そんな理由で殺されてしまうマサコが不憫すぎます。そして現実にもそんな理由で殺されてしまう人、殺してしまう人がいるんだろうな…とそう思いこちらまで「俺」と同様のやるせなさを感じてしまうほどその殺害動機はリアルかつ人間の残酷さがありありと描かれています。そのオチを見せつけられた後の雪のシーンの切なさたるや!後あれですね、雪のシーンはSBRのジャイロとジョニィを思い出しました。

f:id:shoindy:20170305190643p:image

 

 

  そして今作で嬉しかったのは高田の活躍が増えたところですね! 前回同様やる気無さげな態度は変わりないものの、前作とは違って初めから大活躍!ばったばったと敵をなぎ倒してゆきます!高田のオンボロ愛車も大活躍しましたし見ていて非常に楽しかったです!見た目に反して心の中では燃えている高田のキャラ本当に好きです笑

  

古いやり方がいいんじゃないか!

f:id:shoindy:20170303211336j:image

探偵はBARにいる」主演 大泉洋 松田龍平

 

  舞台は北海道、携帯を持たない主義であるためBARの黒電話で依頼を受け付けている探偵の「俺」。そんな「俺」の元に「コンドウキョウコ」と名乗る謎の女性から10万円の入金とともに依頼が届きます。その依頼とは「1年前の2/5に加藤が何処にいたのかを弁護士に聞いてくれ」というものでした。しかし、その任務を達成した「俺」にヤクザが襲いかかり、「俺」は雪に生き埋めにされます。なんとか脱出した「俺」はヤクザへの復讐も兼ねて調査を開始、すると実業家霧島の死亡事件やビル放火事件など、いくつかの事件が絡み合い、1つの真実へと繋がります。

 

  原作は1992年から刊行されている東直己の「ススキノ探偵シリーズ」の2作目「バーにかかってきた電話」という作品である本作。公開は6年前ですが原作の時代が時代だけあって古めかしい「ハードボイルド」な作品です。また、結構成功したようで2年後には2作目、そして今年3作目の公開が待たれています。

  

  この作品の特徴はなんといっても上記の「古めかしいハードボイルド」な作品であること。映像や撮影の方法、BGMやセットが古くさい雰囲氣であることから始まり、主人公である「俺」が女に弱くて酒が好きで、デスクワークといっては賭博に勤しんで…といったキャラクター性、物語の根幹が男と女の愛憎劇であることなど、あらゆる面で「昔ながら」な作品に仕上がっています。後は変に包み隠したりせずR12指定にするでしっかり事件感を出して、血生臭い作りであるのも好ましいです。

  そして、肝心の内容ですが非常に面白い。「コンドウキョウコ」の意外な正体やヤクザとの戦闘、「俺」と「俺」の運転手である高田とのやりとり、作品全体から感じ取れる雰囲気などあらゆる面で見応えたっぷりです。僕自身、こういう「ハードボイルド」系の作品を見たことがないので懐かしさを感じたりする事は出来ないのですが、それでも見ていて本当に面白いし楽しめます。高校生くらいから上にはかなり受けがいいんじゃないですかね?これはすぐに続編が決まったというのも納得できます。それどころか、原作の「ススキノ探偵シリーズ」にすら手を出したくなります。多分2もすぐ見るんじゃないかなーなんて思ってます!

てめーは俺を怒らせた

f:id:shoindy:20170302120924j:image

ジョン・ウィック」(原題 John Wick) 主演 キアヌ・リーヴス

 

  ジョン・ウィックは引退した伝説級の殺し屋。彼はある日、愛する妻ヘレンに先立たれます。ヘレンを失い空っぽになったジョン、しかしヘレンはジョンに仔犬を遺して逝きました。再び愛する物を見つけたジョン。ジョンにとっての生き甲斐は好きだった車と犬になりました。しかしそんな平穏も束の間、ジョンの車を欲しがり、ジョンの態度にムカついた若者によりジョンの家は襲撃され、仔犬は殺され、車を盗まれてしまいます。

  若者の正体はかつて自分を雇っていたロシアンマフィアのボスであるヴィゴの息子ヨセフでした、ジョンは再び闇の世界に踏み入れ、ヨセフに復讐することを誓います。

 

 

  映画館で予告編を見る機会が多かったものの、そこまで興味が湧かなかったため公開時にはスルーした本作。先日Box Office Mojoを見ていたら続編である「ジョン・ウィック:チャプター2」が2位だか3位だかという高順位を記録していて、「あ、あれ面白いんだ…」と思ったので見てみました。

 

  作品の感想としては「分かりやすく、テンション上がる」これにつきます。「うちの犬の敵討」というテーマだけですからね、分かりにくい訳がないです。しかしだからこそアクションを100%楽しめる。「あれ?これがこうで…」とかならないです。

  さらに良いのがジョンがめっちゃ強いところ。伝説級の殺し屋というだけあってマフィア達からめちゃくちゃ恐れられています。とりあえずジョンにちょっかいかけたヨセフは父のヴィゴに思いっきり殴られてました。そしてその強さを証明するかのようなジョンの快進撃!もうバッタバッタ敵を撃ち殺していきます。もう強いのなんの、ただ、伝説級の殺し屋であれど無敵ではないので苦境にも立たされます。数の暴力には勝てないですしねぇ。しかしそんな逆境にも機転をきかして乗り越えていくのです。

 

  ちなみに、この「ジョン・ウィック」チャプター2ってことはどう考えても殺し屋引退してないのですが、それだけではなくなんと3部作になる予定らしいです。全然引退の気配ないですね。しかしアクションは大幅に強化されているらしいので期待は高まりますね。またもや「分かりやすく、テンション上がる」の王道アクションになっているといいですね!

OA 最終話感想

f:id:shoindy:20170301094211j:image

 

第8話 「内なる自分」

 

  保安官に銃を突きつけられるハップ。 しかしハップは監禁者の力を使えばALSの病に伏した保安官の妻エヴリンを回復できるかもしれないと保安官を惑わします。OAとホーマーを呼び出しエヴリンを回復させようとするハップ。エヴリンの回復に失敗すればハップは間違いなく保安官に捕まり、自分たちは解放されます。しかし「天使が救わないなんてしてはいけない」とOAがホーマーを説得し、ホーマーとOAは動作を行います。動作中、突然動き出す「本来動くこともできないほど重い病」を患ったエヴリン。彼女はOAの手を掴み「やっと会えた、あなたたちに子どもの頃の出来ごとを話す必要がある」と言います。エヴリンは幼少期荒波にさらわれ、臨死体験をしていたのでした。エヴリンは臨死体験中、少女に「いつの日かあなたは2人の天使を救うことになる」と言われ第五の動作を得ていたのでした。起き上がり動作を始めるエヴリン、監視していた保安官も銃を放り出してエヴリンに駆け寄ります。その銃を手にしたのはハップ、彼はなんのためらいもなく保安官とエヴリンを射殺し、ホーマーとOAを引き離します。OAが目を覚ますと車の中にいました。車から放り出すハップ、彼はOAを捨て、他の監禁者たちとともに異次元へ行くつもりでした。ホーマーのため、監禁者達のためハップを追いますが車にはかないません。

  場面は現代に戻ります。気づけば空き家にはOAの養父母を含めた多くの人が集まっていました。そのまま家に帰されるOA、養父母は集められた仲間達の家に謝罪をして回っています。さらにOAが少年少女を夜な夜な集めていたことは世間に知られ、取材陣が押し寄せます。OAと養父母は家には居られないとホテルへ移動していました。OAはホテルで初めて自分が居た環境を話しました。

  一方仲間達もOAの話が真実であることを伝えたいがため、必死に証拠を探して回ります。仲間の1人のアルフォンソはOAの家に侵入し、証拠を探しました。するとOAのベッドの下から見つかったのはいくつかの本。「臨死について書かれたもの」「天使の本」「ホーマーという男が書いた本」「ロシアの財閥について書かれた本」…アルフォンソはOAの話が全て作り話だったと知ります。もちろんその話は仲間達全員へ行き渡ります。そして皆がそれぞれ自分の生活へ戻って行きます。

  数日後、自宅に戻ったOAは再び夢を見ます。OAは夢が解読できたと養父を説得し、走り出します。一方仲間達がいる(けど一緒に食べているわけではない)カフェテリアには銃を持った男が侵入、退職し学校を離れようとしていたブロデリックも仲間達のためカフェテリアへ向かいます。皆が伏せるなか飛び出したのは仲間達、銃撃犯の前に乗り出し「動作」を行います。油断した銃撃犯に後ろからタックルするカフェテリアの職員、銃撃犯は弾を撃ちながら押しつぶされます。幸い、カフェテリアの中にいた人々は無事でした。しかし、カフェテリアの外に来ていたOAには銃弾が命中、OAはそのまま救急車に運ばれます…

 

 

  え、これどうやって続けるの?と思わざるを得ない終わり方をしました。結局どこまでがOAの創作でどこまでが現実なのか…しかしそういう「理解不能」なのがこの作品の魅力なんでしょうね。過去編がメインすぎて結局仲間達に入れ込まれなかったな…

きっかけがどうであれ、旅は人を大きくする。

f:id:shoindy:20170228185752j:image

 「ロード・トリップ」(原題 Road Trip) 主演ブレッキン・メイヤー

 

  ジョシュは華の大学生、彼には5歳の頃から幼馴染で、今では恋人のティファニーがいます。ティファニーとジョシュは遠距離恋愛中、しかしティファニーに連絡が取れない日が続きます。

  あるパーティの夜、開かれた女のコオークション(デートできる権利を巡ってのオークション)でジョシュはジョシュのことを気になってるベスから自分を買ってくれと頼まれます。もちろん断るジョシュ。しかしベスには彼女につきまとうジェイコブという男がおり、ジェイコブに買われるのを恐れているという事情があったため、ジョシュはベスをオークションで落札します。次の日、ジョシュに悲劇が訪れます。なんとジョシュの友人の1人が、ジョシュとベスの一夜を録画したビデオテープをティファニーへのビデオレターと勘違いして送ってしまったのです。さらにティファニーは事情があって連絡が取れなかったことが判明。これはマズイと

 ジョシュは友達のE.L.とルービン、金持ちでネクラのカイルを引き連れてはるか3000キロ先のオースティンへ向かいます。制限時間は3日間、果たしてビデオは見られずに済むのでしょうか…

 

  

  物語自体はロード・トリップに行かなかった友人バリーが大学見学会に来た学生に話しているというテイストで描かれます。なので想像で補完してる所が多々あり、どこまで真実かなんて分かったもんじゃ無いです。そして作品全体としてエロい描写が多いです。まぁみんな大学生男子ですからね、頭の中なんてそんなもんです。金欠なのも大学生らしいですね。そしてロードムービーに観られる「旅人たちの裏側でいろいろパニックになっている」という笑いの要素もしっかり押さえています。そしてそんなエロくてお下品でありながら最後の最後は気分が良くなるハッピーエンドってのも最高です。

  この映画で一番成長が見られるのはなんといってもカイル。彼はジョシュの友達でもなく、E.L.やルービンとも繋がりがありません。カイルが旅に参加した理由は彼が車を持っていたから、いわゆるいじめられっ子の典型な青年です。ちなみにカイル、挙動がやたらシェルドンに似ています、自信のないシェルドンって感じ。そんな彼が旅を経て"男"になる様は見ていて本当に気持ちがいいです。

 

  いや、それにしても良いですね!ロードトリップ!アメリカならではですよね!やって見たいなぁ…

この優しくない世界で

f:id:shoindy:20170227223343j:image

「この世に私の居場所なんてない」(原題 I don't feel at home in this world anymore) 主演 メラニー・リンスキー

 

  気弱な看護師助手ルースは精神的にも弱く、世間は私に優しくないと思っている女性。ある日ルースが帰宅すると、彼女の家は泥棒に入られ、荒らされていました。盗まれたのは抗うつ剤などの薬、PC、そして祖母の形見の銀食器。ルースはすぐさま警察に連絡するも警察は防犯意識の低さも問題だと深く捜査はしてくれません。痺れを切らしたルースは自ら犯人探しを開始、協力してくれるのは近所に住んでいた変人トニー、捜査を進めていくうちに2人の前に惨劇が立ちはだかります…

 

  割と配信されたてのNetflixオリジナル映画。安定の配信ならではの冒険している感が出ている作品です。

  この作品の冒険箇所はズバリ主人公の主人公らしくなさ、主人公が主人公っぽくないというのは珍しくないかもしれないですが、そういうことではなく、もはやモブ並みの扱いなのです。とにかく巻き込まれ系であることから始めり警察に適当にあしらわれたり、自分から犯人探しを始めたら警察に説教されたり…なんなら説教されるシーンでは「銀食器より大変な目にあってる人もいるんですよ…自分が宇宙の中心だと思わないでください」なんていわれちゃいます。ルースが見つけた証拠も証拠として扱って貰えないです。しかしなんと物語後半からは地味な事件が豹変、キック・アスも真っ青のグログロ惨劇シーンに突入、しかもキック・アスキングスマンと違って暗い、ひたすらに暗い。いや、まぁ、明るい惨劇が特殊なんですけどね…あまりにも普通の惨劇なので事件感が尋常じゃないです。あ、ちなみに惨劇が起きてる最中ルースはひたすらゲロ吐いてます。流石モブ代表。と、ここまで書くとルースは何しとんじゃって感じなのですが、ルースはルースで成長しているシーンも見受けることができます。だんだん負けん気が強くなって言いたいことはハッキリ言うようになってます。この成長が意外とミソで、前半のイジイジうじうじしているころのルースの考える「世間は優しくない」はもうなんというか周りに「あなたにだって問題がある」と言われてもしょうがないだろ…って感じなんですけど、成長につれ世間の「クソッタレさ」に納得がいくようになっていくようになるのです!

 

  Netflixオリジナルの不思議な作品、面白かったです!