読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ワールド・オブ・スパイダーバース感想

スパイダーバース完結!

三ヶ月にわたり展開したスパイダーバース邦訳シリーズ、ついにその最終巻ワールド・オブ・スパイダーバースが発売されました。

例によって例の如くUSオリジナルカバー版を購入ました

f:id:shoindy:20160801111145j:image

 

しかし今回のスパイダーバース、表紙より注目すべきはここ!

f:id:shoindy:20160801111336j:image

分厚っ!重っ!

半端ないボリュームと重量感です笑

つまり読むのにものすごい時間がかかったわけです!昨日更新したかったんですけどね!無理でしたね!

 

さて、ワールド・オブ・スパイダーバースはエッジ〜があらゆるスパイダーがスパイダー軍団に所属するまでを描いたのに対して、本編の裏側を描いたものになっております。

スパイダーバース本編で度々「この続きはスパイダーバース#2で!」のような表示が出るのですがその「この続き」を集めた一冊ですね。なので我らがアース616スパイダーマンはメインストーリーにいたため今作ではほとんど出番がないのです。

 

そしてその裏側ストーリーには何があるのか、紹介していきます!

 

①クローンによるクローン防止作戦!

f:id:shoindy:20160801113531j:image

インヘリターズがクローン技術を用いているため、倒しても倒しても復活してしまう!

そこでクローン製造の本拠地を破壊するためスパイダー軍団のなかでもクローン生まれの3人が動き出す!

メンバー

・スカーレット・スパイダー(ケイン・パーカー、アース616)

スパイダーバース本編でも「アザー」として重要な役割を果たしたスパイダーマン、ピーターのクローン。

スパイダーマン(ベン・ライリー、アース94)

スカーレットと同じくピーターのクローン、クローン・サーガ時代に彼こそが本物でピーターがクローンと判明したが結局はピーターが本物と判明、アース616では戦死している。こちらは戦死していない世界線

・ブラック・ウィドウ(ジェシカ・ドリュー、アース1610)

元スパイダーウーマンでピーターの女性版クローン、マイルズ・モラレスと同じくアルティメットユニバース出身。

 

クローンストーリーはベンのカッコよすぎる姿や敵として立ちはだかるアイアンマン、ヒューマントーチなど見応えたっぷりでした!ウィドウがちょっと気になってしまったのでアルティメットユニバースに手を出しそうな予感がして恐ろしいです笑

 

②シルクちゃん逃走劇!

スパイダーバースでインヘリターズに重点的に追われていたシルクの逃走劇!

 

メンバー

・シルク(シンディ・ムーン、アース616)

スパイダーバースでは「ブライド」として重要なポジションにいた女性。ピーターと同じく蜘蛛に噛まれて能力を得た。

・スパイダーウーマン(ジェシカ・ドリュー、アース616)

スパイダーマンと直接のつながりは無いものの古くからいる女性ヒーロー、アベンジャーズにも在籍している一方ハイドラと関係があったりスクラルに入れ替わられたりしてる人

f:id:shoindy:20160801131151j:image

スパイダーウーマンがコスチュームチェンジするきっかけも収録されているストーリー、またインヘリターズの弱点である放射能を発見した経緯も描かれているなど重要な部分が多く描かれています!

 

③2099年で大暴れ!

スパイダーバース本編で倒したインヘリターズの1人、デイモスを調べてインヘリターズの弱点を調べようと2099年に来たスパイダー達、追ってくる新たなデイモスとの一騎打ち!

 

メンバー

・スパイダーマン2099(ミゲル・オハラ、アース928)

2099年の未来で活動するスパイダーマン、スパイダーバースからの登場ではなく以前からいたため、アース616のピーターとの繋がりもある

・シックスアームド・スパイダーマン(ピーター・パーカー、アース92100)

スパイダーパワーを消すための薬品の影響で逆に腕が6本になってしまったスパイダーマン

・レディ・スパイダー(メイ・ライリー、アース803)

メイ伯母さんが知識と才能によってスーパーパワーではなくアイアン・スパイダーのような腕と発明品で戦うスパイダー、インヘリターズからは偽物扱いされている。

 

f:id:shoindy:20160801133152j:image

 なぜ最後に再びレオパルドンが出てきたのかやレディ・スパイダーの悲しい最後など他2作品に霞まないほど濃く熱い展開です!

 

上記の3つのストーリーをメインにしながらも、他にも格ゲーの世界のスパイダーマンや新聞のマンガスパイダーマン、名前だけ登場の映画スパイダーマンや舞台版スパイダーマンなどなど、前2作に負けず劣らずのスパイダー尽くしでした! 

しかも!同封されていた広告によるとスーペリアスパイダーマンの邦訳も決定など、スパイダーマン絶好調です!!