読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ストレンジャー・シングス最終章感想

最終章です!あらすじはほとんど書いていますがオチのオチは書かないでおきました!

f:id:shoindy:20160808004149j:image

 最終章「裏側の世界」

 

結局潜入したジョイスとジムは捕まってしまっていました。それぞれ別々に知っていることを問いただされる2人。

ジムは拷問を受けながらもある取引をします。それは「ジムとジョイスを裏側の世界へ行かせること、少年達に危害を加えないこと、守るのであればイレブンの居場所を教えるし、ホーキンス研究所でのことは他言しない」というものでした。ブレンナーはこれを引き受けます。そしてジム、ジョイスは裏側の世界へ入って行きます。

一方ジョナサンとナンシーはジョナサンの家へ、そこで武器を作り、罠をはり、自ら手を切って顔のない生命体をおびき寄せようとします。するとそこに現れたのはスティーブ、ジョナサンとナンシーに謝ろうとして訪ねてきたスティーブでしたが、ナンシーが手を切っているのを見てジョナサンの仕業と勘違い、ジョナサンの家に入ってきます。

スティーブを追い出そうとするナンシーとジョナサン、すると部屋中の電気が点滅しだします。「奴が来る…」

すると天井から現れる生命体!2人は銃で生命体を迎え撃ち、ジョナサンの部屋に避難しますが致命打を与えられません。再び静まり返る室内、この間にスティーブを追い返します。すると再び部屋中が点滅、今度は背後から襲いかかってくる生命体、ジョナサンが掴まれてしまうものの、スティーブが助けに戻ってきます。そしてついに生命体を罠にかけ、燃やすことに成功、しかし殺すことはできず、逃げられてしまいます。

裏側の世界を探索するジムとジョイスは歩き回った末ウィルを発見、ウィルは既に捕まっており、意識不明の状態です。なんとかウィルを引っ張り出し、人工呼吸を行う2人、必死の活動の末、ウィルは意識を取り戻します。

ジムの命令で体育館に避難し続けていたマイク、ダスティン、ルーカス、エルの4人ですが、ホーキンス研究所の面々がエルを捕まえに来たため、逃げ出します。しかし出入口の限られている体育館、4人はすぐに囲まれてしまいます。ですが銃を持った大人達は目から血を流していました。そして倒れ行く大人達、エルがパワーを使って彼らを殺害したのです。第7章でのプールのこともありパワーを使いすぎ倒れるエル、そこに後から来たブレンナーが駆け寄ります。マイク達3人も後から来た大人達に捕獲されます。

「エルを離せ!」叫び続ける3人、すると体育館中の電気が点滅し始めます。そう、ジョナサンとナンシーから逃げた生命体はより血の匂いがする体育館へ向かってきていたのです。応戦する大人達、隙をみてエルを助け出し、なんとか教室に逃げ込みます。しかし今度は大人達を倒した生命体が入ってきます。3人は持っているスリングショットで抵抗するものの全く通用せず、確実に勝ち目はありませんでした。しかし唐突に吹き飛ばされる生命体、後ろを見るとフラフラな状態で立ち上がるエル。「エル!ダメだ!」しかしエルはマイクを後ろに飛ばし1人生命体を攻撃します…

 

 

 

ついに最終章を迎えたストレンジャー・シングス。

全8話という短さが活かされたムダなく楽しめるドラマでした。最終章のみに関して言えば、全員が裏側の世界へ入ったりすることがなく、メインのマイク達が体育館で待機というフィクションでありながらのリアルさが良かったと思います。最後までマイク達は中学生の枠から出ないというのが非常に好印象でした。

来るのか分かりませんが、シーズン2がとても楽しみです!やはり舞台も人も変わるのですかね?何人かシーズン1からも出てくれると燃えますよね!