新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

日本の夏!大学生の夏!

予想以上に面白かったです!最高でした!!

 

f:id:shoindy:20160829174820j:image

 「サマータイムマシンブルース」主演 瑛太

 

  久しぶりの邦画視聴。和製タイムトラベルストーリーの映画を見ました。

 

ところで皆さん、クーラーのリモコン壊れた時どうしてますか?

 

  電池を換える?ではリモコンに水がかかった故障の場合は?クーラーそのもののボタンで操作する?ではボタンがなかったら?

  今回の映画はそんな環境に陥った一昔前の貧乏学生感溢れるSF研とカメラクラブの面々を舞台とした作品です。

  先ほどの質問、彼らが導き出した答えは『偶然現れた25年先のSF研部員「田村」が乗ってきたタイムマシンで1日前からリモコンを取ってくる』というものでした。しかし1日前からリモコンを取ってくるということは1日前にリモコンが存在しなくなるということ…そうなると世界が消滅してしまうと知ったSF研の過去を元に戻す喜劇が幕を開けます!

 

 この映画、内容はいい意味でとてつもなくしょーもないのですが、しっかりタイムトラベル映画しているため、無理やり感や適当だなぁと思わせない完成度だったりします。さらに冒頭これでもかというくらい伏線や謎の情報を散りばめてくるため(その謎や伏線もしょうもなかったりしますが)ストーリーが進んでいくうちに謎が解き明かされていく快感もしっかりと作りこまれています。また映画内で時間軸の矛盾などの説明もしっかりされているため、タイムトラベル系の映画を見た事がない人でも非常に分かりやすいというのも素晴らしい点ではないでしょうか。

  調べてみると元は劇団ヨーロッパ企画というところの舞台作品だそうで、普段からコメディ作品を作っているらしいです。実は舞台作品というものにはあまり関わりがなかったのですが、今作がすごく面白かったので少し興味を持ちました。

  そして個人的にもう1つ嬉しかったのがこの映画のコメディの作り方。なんとなくイメージなのですが、邦画の笑いって沈黙から生み出す事が多いですよね?アレがなんとなく合わないというか、面白いんですけど笑にくいなぁって思っちゃうんですよね。でも今作はもっとがっつり笑いを取りに来てくれるので最高でした!特に先に「昨日」に行ったメンツと時間軸の崩壊を知ってる人間との掛け合いなど面白い上に上手いので必見です!

 

シリアスなシーンなどなくずーっと笑えるタイムトラベルコメディ!めちゃオススメです!