読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ルーク・ケイジ第11話感想

マーベル アメコミ Netflix Netflixオリジナル

f:id:shoindy:20161009222556j:image

 

「袋小路」

ネタバレ有

  破壊し尽くされるクラブ、その真ん中でルークはミスティを庇いながら銃弾の雨を受け続けます。なんとかキッチンまで逃げ込むルーク、しかしクレアが捕まってしまいます。

  一方ユダの弾数が残り1発ということもあり逃げることを提案するシェイズ、しかしダイアモンドバックはここで決着をつけようとします。ダイアモンドバックは逃げられなかった市民を人質にとります。ダイアモンドバックは市民がルークの暴走と勘違いしている間にルークとミスティを始末しようと考えています。

  ダメージを負ったミスティ、ルークはキッチンの地下から脱出を試みます。傷つきながらもルークやウィリスの事を知ろうとするミスティに、ルークは自分とウィリスの関係を伝えます。

  強力な武器でキッチンを破壊するダイアモンドバック、しかし中にはルークがいません。警察の介入を恐れるシェイズとダイアモンドバックにはだんだんと軋轢が出来始めます。ダイアモンドバックはさらに人質の1人のブーン議員(マライアのライバル議員)を使って警察に「ルーク・ケイジに警察は入るなと言われた」と連絡させます。

  一方人質に取られたクレアは他の人質の治療をします。その人質はキャンディス、依然コットンマウス殺しをルークのせいだと証言した女性でした。治療中チンピラどもが「ルークがキッチンから消えた」という話を聞きます。それを聞いたクレアの姿を見てキャンディスはクレアとルークが友人同士と知ります。そして、キャンディスはクレアにコットンマウス殺しの証言はマライアの指示だったことを告白し、またクレアにキッチンの地下のことを教えます。クレアは罪滅ぼしをしたいならとキャンディスにある提案を持ちかけます。気絶したフリをしたキャンディス、クレアは彼女の薬を取りに行きたいとチンピラに頼み、チンピラと2人になっところでチンピラを撃退し、ルークの元へ向かいます。

  一方外ではミスティの事を考え突入を渋るリドリー警視正と、一刻も早く突入したいと考える突入部隊の対立が、そんな中リドリーの元に検事局のブレイクと名乗る男が現れます。ブレイクと突入部隊隊長は警察の武装強化が検討されているという話をリドリーに聞かせます。武装強化を推し進めるのはもちろんマライアです。さらにリドリーは上司から未認可の武器(ユダから生まれた武器)の使用を強制する旨の電話を受け、彼女の中で疑惑は広がります。すると再びブーン議員から電話が。またしてもルークからという体で人質の半分と引き換えに屋上にヘリを要求します。

  それを聞いて新しい武器を待つべきと意見するブレイク、リドリーはブレイクをさらに怪しみます。しかしブレイクのその意見も本心からではなく、ブレイク自身もマライアを信頼していない身でした。ブレイクも銃撃戦を避ける事を望んでいました。

  さらに人質の証言からルークが撃たれていたと知るリドリー、真実がだんだんと姿をあわらします。

  地下ではルークがミスティを治療しつつ、敵の元へ突入する事を決め始めます。ついにミスティはルークを完全に信用します。すると地下の壁から音が響きます。壁を叩いていたのはクレア、ルークは壁を破壊しクレアと出会います。その時、ミスティの容態が急変し、クレアがルークの治療を試みます。

  一方ダイアモンドバックはブーン議員に過去を話していました。ダイアモンドバックーウィリス・ストライカーは浮気相手の子で、父の愛はルークにのみ注がれていたという事を告白します。そこにシェイズが現れ、人質の解放について問い詰めます。ヘリが来ることは無いと分かっていながら人質の解放をするダイアモンドバックの事を理解出来ないシェイズ。さらにクレアが消えたことに気づきます。クレアの存在は計画とって邪魔になるため、その前にルークを始末しようとダイアモンドバックは人質の命と引き換えにルークを呼び出します。

  クレアがミスティを治療し、ルークが彼の元へ向かう間に、スピーカーをオンにしてブーン議員に過去を話すダイアモンドバック、最後にはルークのふりをした時に使った手袋でブーン議員を殺し、そしてその死体を外に投げ捨てます。 その死体を見てリドリーは突入を決心します。強化された武器をもって突入しようとする警察。

  一方ついに地下の存在に気づくシェイズ、クレアとミスティが見つかります。しかし2人でなんとかシェイズを撃退します。地上ではルークが人質を解放します。しかしキャンディスだけは既にダイアモンドバックの元におりました。対立するダイアモンドバックとルーク、警察の突入も迫ります。キャンディスが突き落とされ、キャンディスの元へ向かうルーク、ユダもなんとか避けます。逃げるダイアモンドバック、囲まれるルーク。ルークは確保され、またシェイズも捕まります。

 

 

  物語がどんどん進んで行きました!ユダにまた当たるとルークが回復にかなりの時間を要するのでなんとか避けられて良かったです。今回出番はなかったマライア関係のストーリーは次回ですかね?あと2話でどう転がっていくのか非常に楽しみです。

 

  てかシェイズ活躍してねぇ!なんか何してたっけ?って感じなんですけどシェイズさん…

ずっと冷静でいざという時の切り札っぽさをばりばりに醸し出してたのに今話から急に小物っぽくなったあげくクレアと傷を負ったミスティにあっさり負けるって…ダサい