新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アメコミカフェに突撃してみた

  実家への帰省途中少し寄り道して友人と高円寺に遊びに行きました。その目的は…「アメコミ専用漫画喫「ACBD」を訪ねるため!

 

  高円寺駅からそう離れていない場所に位置するアメコミカフェ「ACBD」。近くにはアメコミやアメトイを取り扱っている店もあり、まさにアメコミ好きにはたまらないエリアとなっておりました。

  そしていざ入店!そこにはアメコミとアメトイの宝の山がっ!荷物を預けてアメコミの世界にたっぷり浸って来ました!1時間ほどで出てしまったのですが、その魅力は充分に伝わりました。

 

  では実際行ってみてどうだったのか?結論から言うと友達と行くところでは無いです。絶対。HPにもあるのですが、あくまで漫画喫茶ですので、アメコミの話をするのでは無く、アメコミを読む場所。なので非常に静かな空間です。18:00以降は簡易バーに変わるらしいので、アメコミの話を楽しみたい方は夜行くのがベストかと思われます。僕が1時間で出た1番の理由がこれでした。久々に友人と会いましたしね、お話ししたい。

  また、場所自体が広いとは言えず、僕が来店した時点で既にほぼ満席だったのでそう行った理由からも複数人で訪れるのは避けた方がいいと思います。

  

  ではいいポイントはないのか?もちろんあります。むしろいいポイントだらけです!

  まず何と言ってもその蔵書数。普通に買えるものから昔翻訳されていたコミックス、マーベル・DC以外のコミックスが豊富に並んでおります。また、読めませんでしたが、超かわいいと有名なギャラクタちゃんの原書リーフなども置いてありました!初めて生で見ましたリーフギャラクタ。

  そしてお値段も1H600円、2H1000円とアメコミの値段を考えたら破格の安さ。年会パスなども充実していました。

  さらに漫画喫茶でありながら仕切りは無く、アメコミ好きがみんなで空間をシェアしている感じがすごく素敵で開放的でした。

  まさに初心者からファンまで、興味のある方はどんな方でも是非行くべきなアメコミカフェ「ACBD」、試してみるのも全然アリですよ!!