読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス

f:id:shoindy:20161027230140j:image

 

  2006年に休刊になって以来、ちょくちょくのスポット登場しかなかったヤング・アベンジャーズが2012年から始まったマーベル・ナウ!をきっかけに復活したのが今作の「ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス」。前回紹介した「ヒーローズ・フォー・ハイヤー:シビル・ウォー」

 

 

ほどではありませんが、日本ではあまり知名度が無いヤング・アベンジャーズの面々とシージでの死亡から復活したキッド・ロキの活躍が描かれています。

  元々オリジナルのアベンジャーズに寄せた見た目や能力を持って登場したヤング・アベンジャーズですか、今作ではメンバーも少し変更し、スカーレット・ウィッチとヴィジョンの子どもの魂が転生した「ウィッカン」、スクラルとクリーのキャプテン・マーベルとの間の子どもである「ハルクリング」、ホークアイ(クリント)に憧れる少女、今では2代目「ホークアイ(ケイト・ビショップ)」、並行世界のクリー人のヒーローでゴキブリの遺伝子を持つ「マーベル・ボーイ(ノォ=ヴァア)、異次元世界の出身で怪力と飛行能力で戦う「ミス・アメリカ」というメンバーになりました。

  ナチスと戦うキャプテン・アメリカや9.11テロ発生にDr.ドゥームが涙したように、常に時代を写してきたアメリカン・コミックス。マーベル・コミックスは特に移りゆく時代に柔軟に対応しており、黒人ヒーローの登場やヒスパニック系アメリカ人マイルズ・モラレスのアルティメット・スパイダーマンとしての活躍など固定観念にとらわれない成長を果たして来ました。

  そしてその柔軟性は今作のヤング・アベンジャーズでも存分に発揮されております。それは何かと言うと同性愛。ウィッカンとハルクリングは両想いで付き合っている仲として描かれているのです。

  そんはヤング・アベンジャーズが戦う相手が親というのがまた素晴らしいです。親といってもウィッカンが呼び寄せてしまった宇宙の寄生生物らしいのですが、それでも若造達の戦う相手が親というのは青臭さが出ていてとても素敵でした。

 

  しかしそれよりなにより僕が本誌で気に入ったのはヴァリアントカバー!表紙も楽しそうですが、その他にも

プリクラ撮ったり

f:id:shoindy:20161027233150j:image

ちょっとカートゥーン風だったり

f:id:shoindy:20161027233219j:image

僕が大好きなスコッティ・ヤングの絵もあったり

f:id:shoindy:20161027233249j:image

 

と見ていてすごくいい印象を受けるヴァリアントでした!ヤング・アベンジャーズ、ストーリーご面白いのはもちろんですが、ヴァリアントも良くて2500円程度なので、まだ買っていない方、オススメですっ!