新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

クリスマスにみよう!その2

f:id:shoindy:20161204122347j:image

「エアポート・アドベンチャー クリスマス大作戦」原題 Unaccompanied Minors 主演 ルイス・ブラック

 

  クリスマス映画第2弾。といっても前回紹介した「フランク家のちょっと素敵なクリスマス」ほどクリスマスを全面に押し出しているわけではなく、大人vs子どもの戦いがメインで描かれるコメディ映画です。

  物語の舞台はクリスマス・イブの空港です。飛行機が猛吹雪により全便欠航してしまうところから始まります。父親の元に子どもだけで向かう予定だったスペンサーは妹キャサリンと保護者がいない乗客用のルームに連れていかれるものの、そこでキャサリンと分かれてしまったため、他の子どもたちと空港脱出を試みるストーリーです。

 

  上記でも述べましたがメインは大人vs子どもであるので、いわゆるホーム・アローン系のストーリー。しかしホーム・アローンと大きく違うところは子どもが超悪ガキということ。確かに大人サイドのボスであるポーターも、クリスマス嫌いだったり意地悪っぽかったりするのですが、正直子どもがめちゃくちゃやってるので、かわいそうな空港職員状態です笑 そもそも、キャサリンとスペンサーが分かれたのもスペンサーが勝手に子ども用部屋を抜け出して好き勝手したからですし。

  でもまぁそれでも、スペンサーは最初から最後までキャサリンのために行動してたので、非常に好感が持てますし、仲間になる子どもたち…ドナ、チャーリー、ビーフ、グレースみんなが個性的で魅力的なのですごく好きになれます。さらに、最初と最後で子どもたち全員の成長が感じられるのがすごくいいです。

  そしてもう1つ、なかなか素敵なのが、子どもたちが最後に考える計画。それまでは子供部屋から抜け出したり、忘れ物荷物保管庫を荒らし回った子どもたちは、最後にやさしく、クリスマスらしさに溢れた計画を実行します。もうこれだけで今までのイタズラの数々が許されてしまいそうになりますよ。

  そして個人的にイイのがクイン・シェファード演じるドナがいちいち可愛い!

f:id:shoindy:20161204135800j:image

見た目も可愛らしいのですが、それだけではなく、チャーリーとの関係が甘酸っぱくていいんですよ!クイン・シェファードは今の写真でも美人!そこまで多くの作品には出ていないようですが、監督や脚本の経験もある才能溢れた21歳です。

f:id:shoindy:20161204135925j:image

 

  クリスマスの奇跡…というより、クリスマスを寂しく過ごす人に送る笑いと希望に溢れた作品です。