読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

私立探偵ダークジェントリー 第3話感想

f:id:shoindy:20161215204823j:image

 

 ダークジェントリー、こんなに注目されていたのかと思うレベルでこの記事見てくださっている方が多くて非常に嬉しいです。ありがとうございます!

 

第3話「壁マニア」  ネタバレ有

 物語は15年前から始まります。どこかの家にはスキンヘッドタトゥー、男、レイニーと呼ばれる女性、縛られているゴードン。スキンヘッドタトゥーが人を殺す時もそうですが魂の解放やら至高の魂やら魂の話をよくしています。男にとって体は容れ物で、ゴードンに魂を移すつもりっぽいです。

  場面は変わり3日前、リディアがゴードンの元を訪れます。ゴードンがリディアに手紙を出したそうです。リディアはザッカライア・ウェブという人物、祖父に何が起きたのか、母を殺したのが誰なのかを知りたくてゴードンの元に来たようですゴードンはザッカライアは知らないようですが母の事は知っている様子でした。

  さらに場面は変わり現代、ファラ、トッド、ダークは燃えたゴードン邸へ(前回脱出時にローソクが倒れた)。ファラはダークの着信履歴からゴードンへ連絡、リディアを返すよう言いますが突っぱねられ、その後ダークと2人で銃や服を取りにスプリング邸へ戻ります。スプリング邸でザッカライア・ウェブの存在が示唆、ザッカライアは発明家で、スプリング邸を建てたそうです。そこにはスプリング氏の弁護士がいました。弁護士はスプリング氏の遺言によりファラに封筒を渡します。しかも「ダークの前で」という条件と共に。封筒には「3?1!(3クエスチョン1アンサー)」という字が。中には単純な地図があり、地図を辿るとザッカライアの作った隠し扉が、中には発電機のような機械と地図と手紙が、手紙はスプリング氏の手紙「ここに始まり ここに終わる 彼女を救え」

  FBIは死亡したメンバーの補充をしますが彼が脳筋だったため、ブラックウィング計画の内容の説明が入ります。ブラックウィング計画は「普通の人間より能力が高い者を探し出す」計画だそうです。

  全体論的殺し屋はというと移動中に謎の襲撃に合い。ケンと共に外で磔にされます。犯人はジェイク(2話でバートが殺した男)の仲間でした。しかしバートは彼らを一掃し、服を奪います。そしてダークを殺すため再び旅へ。

  一方コーギーは刑事に発見されます。ちなみに彼らはコーギーとファラの取引は知らず、スプリング氏殺人事件の時にホテルの映像で見たコーギーだから捕まえたようです。老齢の方の刑事はウェブ邸の謎というHPを閲覧していました。さらに、そこにトッドがやってきます。トッドはリディアの事を伝えに来たようですが、トッドが過去の犯罪歴を問いただされます。トッドはあらゆる事件に関わっているため、疑われているのです。そんな時アマンダが幻覚を発症しトッドに連絡。アマンダは苦しみ悶えますがその時例の4人組がアマンダの元へ来てまた靄を吸い出します。そして数々のフラッシュバックが流れ、アマンダは家へ帰されます。

  トッドがアマンダを連れて帰るとそこにはダークとファラが、アマンダが地図の示す場所が彼らのいるアパートだと気づきます。

  ダークが1人になると老齢のFBIが、彼はダークを「プロジェクトイカロス」「スブラッド」と呼び、戻ってくるように説得します。ダークは16年前解放されたようです。そして彼はやはり探偵ではないようでした。

  場面は変わり15年前の回想の場所、ゴードンが訪れるとスキンヘッドタトゥーの死体の山(15年前?から手付かず)。また、ゴードン邸からロバート・ウェイン・テリオ(15年前のゴードンの容れ物)という歌手の死体が見つかったと明かされます。

 

 

バートが殺人以外かなりピュアであんな成りなのにちょっと可愛く見えてきました。

1話でもそうでしたが、バート&ケンとダーク&トッドはよく対比されています。今話でも「こうなるって分かってた?」「なんとなく…予想はしていた」という対話が両サイドに描かれトッド(ケン)が全体論を認めるという流れも共通していました。ゴードンの中身が入れ替わったのが15年前、ダーク解放が16年前なので研究生物が解放されたのは同時期で、ゴードンの中身も研究生物なのでしょうか?アマンダのフラッシュバックといい過去がかなり重要になってきました。地下の装置はタイムマシンですかね?

 

あとそういえばなんですが、僕はダークがそこまで変人に見えなくて…なんでかなー?と考えてみたらダークを遥かに上回る変人が…おまえだシェルドン・クーパーッ!(ビックバン・セオリー)

 

 

 謎まとめ

 

謎まとめですが、新情報を赤字、次の話数の記事では、黒字は全話の赤と元々の黒をあわせた文章にまとめています。また緑は以前から出ていたけどスルーしてたor見逃していた事です。

 

①スプリング氏殺人事件:ホテルで発生、スプリング氏は真っ二つで部屋中に噛み砕かれた後。また、スキンヘッドタトゥーの遺体もあり。歯型はサメの歯型と一致。監視カメラではゴリラのマスクを被った人物が映る。ゴードン曰く他にもキリンがいるらしい。ゴリラのマスクは1話終盤でダークが持っている。→スプリング氏はリディアが連れ去られる事や自分の死を正確に予期していた模様。地下のタイムマシンを使って?

 

②リディア失踪事件:スプリング氏の娘リディアの失踪事件。監禁しているのはゴードン、スキンヘッドタトゥーと繋がりがある。リディアはラプンツェルと呼ばれ、犬のような挙動。思わせているというより中身を入れ替えてる?コーギーは単独行動中→リディア捜査中の刑事が保護、トッドには見せず。

 

全体論的殺し屋(バート):ダークを殺そうとしている女殺し屋。見た目からして狂ってる血まみれ女。ダークと間違えて殺そうとした黒人青年ケンを脅して共に行動中。恐らくダークと同じく研究生物。死ねない能力?→ケンが脅されてではなく仲間になったよ!

④ダークを追う4人組:気絶したダーク(アマンダ)から白いモヤみたいなのを吸い出してた。何故かアマンダの家の前で張り込み中。→幻覚発症したアマンダから何かを吸い出し、その後彼女を家まで届けた。その後姿は見せず。モヤは4人組の能力なのか、それともアマンダも研究生物なのか…

 

⑤トッドとアマンダ:共に錯覚痛幻覚症、遺伝性、水が火に、ドラムスティックが刃物に見えたりし、痛みを感じパニックになる。トッドは克服済みで、トッドはアマンダの薬代を稼いでる。トッドは妹の薬代のために渡した家賃を大家から盗んでいた。→トッドは盗難癖が前からあるようで、以前は所属していたバンドの機材を売っていた。アマンダが一緒に住むことに。アマンダとファラが邂逅。

⑥ダークの保護官:FBI…らしい…1人死亡、研究生物であるダークを見張っている。トッドを撃ったのはトッドがダークに近づいたから?→ダークに接触。ダークに嘘を付いていた?

 

⑦タトゥースキンヘッド:全くの謎、「お前は猫を見たか?」とか言ってた。1番ヤバめ。ファラを監禁したりスプリング氏の死にも関係している。ゴードンとの繋がりあり、トッドとダークの元にいる猫は多分この台詞のネコ。

⑧ホテルで見かけたトッドそっくりな男:タイムマシンがどうのこうの言っていた。

⑨ファラ:物語開始時スキンヘッドタトゥーに監禁されていたが、2話でダークとトッドに助けられる。ファラはパトリック・スプリングの護衛で、スキンヘッドタトゥーに脅されたリディアに呼び出され、捕まった。捕まる直前にトッドの部屋をノックしており、トッドは一方的にファラの顔を知っていた。→次回消します謎…ではなくなったので。

 

⑩ロトくじ:スプリング氏の殺人現場前でトッドが拾った、当たった。1万ドル。→次回消します、もう出なさそうなので。

11ダーク・ジェントリー:研究生物、能力は不明だけど持っている「不自然に多い情報」が怪しい、やたら他人と繋がりがあるのも違和感→以前はスブラッドという名前、プロジェクトイカロス。探偵ではない。

12研究生物(ブラックウィング計画):名前のまんま研究生物。ブラックウィング計画(BW計画)と呼ばれる計画で生まれた?→BW計画は研究生物を生み出すのではなく見つける計画。
 

13ゴードン:中身の魂を乗り移らせることで長寿を得ている、なんかこんな悪役いた気がしますね。以前は歌手のロバートの中身

 

14ザッカライア・ウェブ→発明家、スプリング氏邸を建てた(スプリング氏のためではなく自分のため、後にスプリング氏が買った)発明家なだけあり、家には隠し扉などがある。タイムマシン?の開発者?

 

15エドガー・スプリング:スプリング氏の父