読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

"希望"

f:id:shoindy:20161216113659j:image

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(原題 Rogue One: A Star Wars Story) 主演 フェリシティ・ジョーンズ

 

  去年の大盛り上がりは何だったのかと思えるほどの静けさの中本日12月16日より公開が開始されたスター・ウォーズシリーズの外伝作品です。僕も「あれ!?もう公開!?」とびっくりしました。時系列的に超都合がいいためアニメ作品「スター・ウォーズ 反乱者たち」やゲーム「スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド」を始めとしたスピンオフ作品群で舞台となりがちな「スター・ウォーズ:エピソード3 シスの復讐」(Ep3)と「スター・ウォーズ:エピソード4 新たなる希望」(Ep4)の間。本作もEp3とEp4の間を舞台としています。

 

  説明は不用かと思いますがそもそも、スター・ウォーズシリーズの第1作目であるEp4は反乱軍(味方)が帝国軍(敵)の兵器であるデス・スターと呼ばれる星と同じサイズの要塞の設計図を盗むことに成功した後から始まります。反乱軍のレイア姫が帝国軍の魔の手から設計図を守るため、ドロイドR2-D2に設計図を託し逃したところ、そのR2-D2を主人公ルークが拾い…という展開です。一方6作目であるEp3はというと、何故ダース・ベイダーが生まれたのかを描く1-3シリーズの完結編なのです。そう、正式ナンバリング作品群には設計図の奪取に至るまでのストーリーが描かれていなかったのです。ローグ・ワンが描いたのはそこ。

  元帝国軍の科学者ゲイレンの娘ジン・アーソが反乱軍のキャシアン・アンドー、その相棒ドロイドK-2SO、フォースを信じる盲目の戦士チアルート・イムウェ、チアルートの友人ベイズ・マルバス、帝国の脱走パイロットボーディ・ルックと共に設計図を奪い取るまでを描いているのです。

 

  とりあえず、ローグ・ワンの感想でまず始めに言っておきたいことが1つ。最高でした

  実は、僕は去年公開された「スター・ウォーズ:エピソード7 フォースの覚醒」(Ep7)はそこまで心に刺さらなかったんです。面白いけど、期待を超えなかった感じ。ファンの事を考えてかEp4を踏襲しまくっててちょっとガッカリ。もっと冒険してくれてもいいのになぁ…と思いました。一方でローグ・ワンはEp7ほどの期待を持たないで見に行ったという全くの逆パターン。

  そもそも、なぜローグ・ワンにはそこまで期待を持たずに行ったのか。みなさん、よく見てください、上記のキャラクター達、知ってます?実はローグ・ワンのメインキャラクター達は皆新キャラなのです。しかも2年連続で公開ですよ?「んー…数出せば良いってもんじゃ…」そう思ってしまうのも当然じゃないですか?

  さらに、いざ映画が始まるとお馴染みの「long time ago in a galaxy far away」の後にスクロールも流れず、タイトルが出るときにはアレンジを加えたテーマソング(外伝だからでしょうかね?)不安が募ってゆきます。

  しかし!しかしですよ!いざ物語が始まるとぐいぐい引き寄せられるのなんの!まず、戦闘シーンが見ててすごい楽しい。今作ではライトセーバーが活躍しない事もあり、トルーパー達が強めです。その時点で面白いのですがヒーロー勢それぞれがそれぞれの長所をしっかりと活かした戦いを展開するので見ていて飽きないのです。特に、僕のお気に入りはチアルート

f:id:shoindy:20161216152154j:image

僧兵ということもありサムライチックな彼の巧みな棒術はめちゃくちゃカッコいいです!チアルートのような戦い方は歴代シリーズではあまり見られなかったので新鮮でした。

  そしてもう1つ、これが凄いんですけど、実は、物語の時系列的に、ローグ・ワンの結末って見る前から決まってるんです。戦争中だし、ナンバリングタイトルの流れを考えるとほとんどの人が結末が分かるのです。なので結末に至るまでが非常に重要。しかし、ローグ・ワンはそのスキマをバッチリ描いたのです。それどころか、元々のデス・スターの設定に深い意味を持たせてくれました。もうこのデス・スターの設定の肉付けがすごい!かなり上手いです!

 

  2016年最後に最高の映画を残してくれた「ローグ・ワン」めちゃくちゃおすすめです!