読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

私立探偵ダークジェントリー 第6話感想

f:id:shoindy:20161219230937j:image

 

またまたオープニングのテレビの話。あれ、毎話映像違うみたいです(それだけ)

 

第6話「全てを元通りに」

  物語は1886年からスタート、場所はザッカライアの研究室です。ザッカライアは装置(トッドとダークが掘り出したもの)の研究中。小鳥、猫と実験するものの失敗。次に犬で実験した時に何と装置が消失…やがて見た目が随分汚れて帰って来ます。帰って来た装置には手紙が…文面には「努力したけどダメでした ダーク・ジェントリー」の文字。

  場面は戻りエステベツ。ジマーフィールドが死んだのにも関わらず動かない上司に怒りをぶつけ、上司をスキンヘッド達のグルだと言いクビになります。しかし本当にグルっぽいです。

  一方帰って来たトッドとダーク、ダークはトッド対してアマンダに病の告白をするよう言います。アマンダのところへ向かう途中ファラに現状報告をし、彼女からメリケンサックを貰います。その後アマンダと合流したトッドは病の嘘を告白、しかしアマンダは現実を受け入れません。

シーンは回想に、どこかのライブ会場での兄弟の思い出、今の場面で2人は扉越しに背中合わせに話し合います。

  車でファラと共に移動中のダーク、ファラとの会話からテンションが上がって「僕はダーク・ジェントリーだ!」と叫びまくります。するとボンネットに飛び乗ったのはバート、彼女はダークに発泡します。逃げるダーク、全体論同士だからなのか命中しない銃弾に困惑しながらも追うバート、ケンはファラを妨害します。追い詰められるダーク

「やめてくれ!僕が何をした?」

「お前は私に殺されるべきだ! すべてが私をお前へと導いた!」

万物は関係している!

同調する2人の台詞に呆気にとられる2人

「君もなのか?」「僕と同じだ」「僕とは違う」「同じじゃない」

次々と同調する2人の言葉、しかしその時ファラがバートを攻撃し、撃退します。

  怪我をしたことに驚きを抱き苦しむバート。ケンとバートはホテルへ逃げます。バートは絶対安全を破られたことに諦めようとしますがケンはバートがやられた理由が「バートが殺したいと思わなかったから」「宇宙の流れに身を任せなかったから」だと言います。バートも違和感を感じたが殺さなければと思い動いたようです。事実バートが今まで流れに身を任せて殺した人間は何かしらの罪人でした。

ファラは1人では守りきれないとFBI(偽)へと連絡します。(ファラはFBIの男を怪しみつつも偽とは知りません)

  場面は変わりエステベツ、自分の推理…仮説を聞いてほしいと前置きしたあと横を向いて一言「君はリディアか?」……横にいるのはコーギーでした。「リディアなら2回吠えろ」「リディアなら3回吠えて回れ」コーギーは全て正確にこなします。「こうしたのはゴードンか?」「お前を逃したのはダーク?」エステベツの推理に合っていると言うかのようにコーギーは吠えます。次にエステベツが向かったのはトッドの家、トッドがアマンダと背中合わせに話し合っている最中でした。エステベツとトッドが事件について話していると、アマンダが発病、空気を水と幻痛し呼吸困難に、エステベツと共にアパートの外にアマンダを運び出します。しかしそこに襲いかかるのはスキンヘッドタトゥー、吸血鬼もやって来ます。

  吸血鬼はスキンヘッドタトゥーを蹴散らしアマンダからエネルギーを吸い出します。目覚めたアマンダは「もう顔も見たくない」とトッドを突き放し吸血鬼と共にバンへ、アマンダを呼ぶトッドにはスキンヘッドタトゥーが襲いかかり、トッドは気絶させられます。(エステベツはコーギーと共に退避)

  シーンは再び助けを待つダークとファラに、ファラが装置を弄ると装置に日付が表示されます。日付はそれぞれスプリング氏が殺された日付、スプリング氏の奥さんが殺された日付を表していました。そこに姿を表すFBI(偽)、彼は装置を見るとファラを気絶させ、ダークを脅して一緒に来るよう言います。

 場所は変わりゴードンとエステベツの元上司、上司の男はゴードンがレイニーを裏切ったと非難します。ゴードン曰くレイニーという人物は祭壇を支配するため祭壇を1つしか作らずゴードンや上司の男を閉じ込めていたらしいです。また、ゴードンはパトリックの装置を今晩祭壇に運ぶからと上司の男に仲間を集めさせます。

   スキンヘッドタトゥーに連れられてトッドとダークはゴードンの前に。実は何も分からなくてやきもきしていたのはゴードンもなのでゴードンは2人に質問責めします。その時、ゴードンの「お前(トッド)はスプリングの現場に俺のコートを着ていただろ!」という言葉にダークは全てを理解したと喜びます。隙をついてトッドはメリケンサックでゴードンを攻撃、コートを奪ってダークとトッドは祭壇へ、祭壇で装置を起動するダーク…そして…

 

タイトル的にも出るかと思いましたがタイムマシン、出ましたね!しかも気づいてなかったのですが、掘り出した装置とボディスワップ装置は同じものだったようです、よく見ておけば…

ボディスワップはタイムマシンの副次的な機能のようですが、どういう理由なのかは名言されるのでしょうか?

そしてついに出会った全体論同士!やはり面識は無いようでした!2人は「同じじゃない」の後何と言おうとしたのでしょうか…気になりますねぇ!というかバートはメインの事件に全く絡んで無いですが大丈夫なんすかね笑

 

謎まとめですが、新情報を赤字、次の話数の記事では、黒字は全話の赤と元々の黒をあわせた文章にまとめています。また緑は以前から出ていたけどスルーしてたor見逃していた事です。

 

①パトリック・スプリング:ホテルで真っ二つで死亡、ホテルの部屋は・遺体はネコとボディスワップしたサメの歯で噛み砕かれた。また、スキンヘッドタトゥーの遺体もあり。監視カメラではゴリラのマスクを被った人物が映る。ゴードン曰く他にもキリンがいるらしい。ゴリラのマスクは1話終盤でダークが持っている。スプリング氏はリディアが連れ去られる事や自分の死を、ダークとトッドの存在を予期しており、2人にリディアの命運を託し、逝った模様

 

②リディア・スプリング:スプリング氏の娘。失踪扱い。リディア本人から母の死やエドガーについて知るためにゴードンに接触し、ラプンツェル(おそらくコーギー)とボディスワップされた。コーギー(リディア)はリディア捜査中の刑事エステベツが保護中。→エステベツがコーギーの正体に気づく。

③バート:ダークを殺そうとしている女殺し屋。見た目からして狂ってる血まみれ女。ダークと間違えて殺そうとした黒人青年ケンと共にダークを探している。研究生物?死なない(死ねない能力)。長いこと研究されていた?→ダークに挑むも敗北、諦めかけるもケンに支えられ、宇宙の流れに身をまかせてダークを殺すことに。

 

④吸血鬼:インキュバス計画、気絶したダークや発病中のアマンダからエネルギーを吸い出していた。ファラと知り合いらしい。FBI→CIAは「3」人と言っていたが実際いるのは「4」人。→アマンダも同行

 

⑤トッドとアマンダ:アマンダは錯覚痛幻覚症、遺伝性でドラムスティックが刃物に見えたりし、痛みを感じパニックになる。トッドは罪悪感からアマンダの薬代を稼いでる。2人は同棲中。アマンダは吸血鬼からエネルギーを吸われた際フラッシュバックを見る。フラッシュバックには地下迷路のテレビもあり、そのほかのフラッシュバックも鍵となりそう。トッドは金欲しさに病を訴えていたが、アマンダ発病時に治ったことにしていた。インキュバスたちがアマンダの心の支えになりそう(幻覚ごと吸ってくれるから)→アマンダはトッドの病の真実を知り兄を見捨て吸血鬼と同行することに。

 

⑥ダークの保護官:FBI→CIA…らしい…1人死亡、研究生物であるダークを見張っている。ダークに接触。ダーク曰く、彼に嘘を付いていた?スコットは研究対象に近すぎると判断されている、事実、戦闘を避け説得しようとしている。フリードキンを始めとするFBI達との意見のズレが

 

⑦スキンヘッドタトゥー:ゴードンの部下。ファラを監禁したりスプリング氏の死にも関係している。彼らの一員にはボディスワップされたFBI(偽)もいる、他のスキンヘッドタトゥーもボディスワップされているのか?

 

⑧ホテルで見かけたトッドそっくりな男:タイムマシンがどうのこうの言っていた。登場時着ていたコートはゴードンが着ているもの?下に着ていたタンクトップは既にトッドが着ている。

 

⑨ファラ:パトリック・スプリングの護衛で、スキンヘッドタトゥーに脅されたリディアに呼び出され、捕まった。解放後はトッド達と共にいる。過去に何かある様子、また吸血鬼と知り合い、ついにリディアを発見。→FBI(偽)に襲われそのあとは不明

 

⑩ロトくじ:スプリング氏の殺人現場前でトッドが拾った、当たった。1万ドル。トッドが事件に関わるきっかけになった。ロトくじはトッド宅のバンド時代の写真たての裏へ→やり直そうとトッドがアマンダに差し出すもアマンダに破り捨てられる。紙片はトッドが拾った

 

11ダーク・ジェントリー:スブラッド、研究生物、イカロス計画、能力は直感が働くこと、自分には使えないらしく、探偵を目指したのも他人に使えるから。

 

12ブラックウィング計画:他の人より能力に幅がある者を見つける計画。

13ゴードン:60年代に見つけたボディスワップ装置を使い続けている。以前は歌手のロバート(ラックス)の中身。目的はスプリング氏の装置。そのためにはダーク、トッド、ファラ、アマンダは不可欠。

 

14ザッカライア・ウェブ:発明家、スプリング氏邸を建てた(スプリング氏のためではなく自分のため、後にスプリング氏が買った)発明家なだけあり、家には隠し扉などがある。タイムマシン?の開発者?

 

15エドガー・スプリング:スプリング氏の父→電気に詳しく、配電網の設置や生体電気に反応する電球(永遠の電球)を残している、生死不明。
 

16レイニー:元々のボディスワップを行なっていた人物?ゴードンや上司の男は原始の魂に立ち会ったとかなんとか…