新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

私立探偵ダークジェントリー 第7話感想

f:id:shoindy:20161220182738j:image

 推理パートは大体時代分けしています。

 

第7話「武器となる魂」

  装置を起動したダークとトッド、1週間前の時点に到着します。場所は祭壇です。2人が隠れているとゴードンとスキンヘッドタトゥー達に連れられてリディアとコーギーが連れられて来ます。そして装置が起動しリディアとコーギーが入れ替わります。しかしそこに顔に模様を描いた女性がスキンヘッドタトゥーと共に押し入ります。女性の正体はレイニー、ゴードンの裏切りと言及するとゴードンはレイニーに計画を話します。ゴードンが欲しいのはスプリング氏のもつ無限エネルギー装置、ゴードンはリディアと交換条件に装置を手にしようとしていました。しかし装置は不要といいコーギーを奪うレイニー側、反対にゴードン側はボディスワップマシンを者質にします。そしてそのままゴードン側はボディスワップマシンを持ち去ります。そこに今度は奇妙なアーマーを身につけた人物が強襲(画像探したのですが良いのがこれしかなく…申し訳ないです)します。

f:id:shoindy:20161220184029j:image

アーマーはスキンヘッドタトゥーを次々と倒しレイニーの前へ。アーマーは女性の体の中にジェイク・レイニーがいると知ると女性を殺害、そしてダークとトッドへ襲いかかります。誰なんだ!?と叫ぶトッドにダークが一言「謎は解けた、彼は…パトリック・スプリングだ」

 

  そしてそこからダークの推理が始まります「パトリック、あなたの本名はザッカライア・ウェブだ、君は大きな間違いを犯した……君は1880年代にタイムマシンを作った、だがそれは不完全な物でエネルギー(魂も含む)しか未来へ飛ばせなかった。なんとか改善したが今度はタイムマシン自体を未来へ送ってしまった…直ぐに装置は戻ってきたが改造されていた…何かが起こったんだ(これが第6話の冒頭の解説)。問題を解決する方法は1つだけ…自分が未来へ飛ぶこと。」

 

1968年(ザッカライア邸)

「未来へ着くと、その時使った装置は研究室にあったが、始めに送ってしまった装置が無い…君が飛んだ未来は80年後で家はジェイク・レイニー率いるヒッピーが占拠し、レイニーは君の装置を持っていた。返すよう言うものの返してはくれず、多勢に無勢でもあったため君は退散した」

 

1981年(リッジリー…現トッド達が住むアパート)

「戦うためには資金と物資が必要だ、発明家である君はタイムマシンを改造し無限エネルギー装置を発明、エドガー・スプリングと名乗り財を成した。未来は魅力的で君は成功を楽しんだ、だがしわ寄せが来た。レイニーたちは魂の交換方法を発見していたのだ。レイニーは別人を使い、若さを保ちながら勢力を伸ばし、君の前に表れた。エネルギーを作る装置を求めるレイニーとそれを拒否する戦いが始まった」

 

1995年

「数十年孤独に戦い続けた君は敵を出し抜こうとした。レイニー一派はメン・オブ・マシーンと名乗り、戦争を仕掛けて来た。奴らは装置を諦めず、君もタイムマシンを取り戻そうと戦った。だが状況は厳しく、希望の無い日々が続いた…そんなある日予想外の事が起きた、恋に落ちたのだ。リディアが産まれ、父親になり、君は幸せだった」

 

2001年

「しかし悲劇が起きた。レイニー一派により妻が殺害されたのだ。君は限界だった。すべてを終わらせるため、未来へ飛び、奇襲を仕掛けることにした。」

 

「そして今ここにいる」

 

なぜ知っていると難しい顔をするザッカライアに全部当たってるの!?と驚くダーク本人。知っているのは魔法さ、と茶化します。さらに状況を説明すると「邪魔をするな」と言い残してザッカライアは去ります。動物転送センターを出るとトッドはアマンダとの関係を含め全部直せるとホテルへ急ぎます。ダークは止めようとするも渋々ついて行きます。

  一方ゴードンはスキンヘッドタトゥー達に「レッドが会う男の助けですべてを変えられる」と言います。また、スキンヘッドタトゥー達は何年も鳥や犬と入れ替えられていたせいで知能が弱くなった人間達だそうです。ゴードンはそんなスキンヘッドタトゥーの境遇やレイニーがスキンヘッドタトゥー達を人形扱いするのを許せなかったようです。

  ホテルへ急ぐトッドとダーク、動物園の監視カメラを欺くためトッドはキリンのマスクを被り車を奪います。なにか言いたげなダークはゴリラのマスクを被らず持ちポケットに。偶然の繋がりが意味を持ち始め興奮するトッド、それに対しドン引きのダーク。急ぎホテルに入ろうとするトッドにダークは作戦を立てさせようとします、しかしその時トッドが車の中にロトくじがあることに気づきます。それを考えさせないように今度はダークがトッドを急かしホテルへ。

  従業員用エレベーターはゴードン一味が使ってしまったため、ダーク達はマスクを被り荷物用エレベーターへ向かいます。マスターキーを手に入れるとすれ違いで過去のトッドが、それをやり過ごしているとアーマーザッカライアが荷物用エレベーターに乗ってしまったため、2人は階段で上へ。

  始めにザッカライア(非アーマー、正しい時間軸のザッカライア)の元へ辿り着いたのはゴードン一味でした。取引に応じないザッカライアはゴードンの制止を無視してダーク(正規時間軸、1話冒頭で電話を取っていたのはダークで相手はザッカライアだった)に電話をかけます。そこにやってくるのはアーマーザッカライア、マスクトッド、マスクダーク、混乱するゴードンを無視してザッカライアはマスクダーク、マスクトッドに「リディアを頼む、結末は同じだ」と言います。発泡するアーマーザッカライア、スキンヘッドタトゥーの肩に当たり彼の手にいた子猫からサメのエネルギーが放たれます。出来上がる1話の殺人現場。マスクの2人はアーマーザッカライアを連れて脱出します。

 階段で逃げる3人、ゴードンはリディア(犬)を連れて脱出、部屋の前にはロトくじが落ちていました。逃げていると3人の前にはダーク(正規時間軸)が、マスクダークは正体を明かし、ダーク(正規時間軸)に「トッドはリッジリーに住んでいる、3つの質問に1つの答え、ネコを拾え」そう伝え、さらにゴリラのマスクを渡します。

  一方時間がループしており、元々ダークは情報があったことに気づいたトッドはダークを問い詰めます。そしてその時横にトッド(正規時間軸)がおり、トッドは目撃されます。

  スキンヘッドタトゥーの元に戻ったゴードン、手にはボウガンが。このボウガンもスキンヘッドタトゥーが使う→トッドが奪う、パトリック氏死亡後捨てる→ゴードンが拾いスキンヘッドタトゥーに渡す…のループをしていました。

  逃げ切ったダーク、トッド、ザッカライアの3人のタイムトラベラー、ダークはザッカライアに自分は未来のザッカライアに雇われたこと、タイムマシンを掘り出したことなどを伝えます。リディアを救おうと言うトッド、ザッカライアはそれは2人の役目であること、1886年に帰ってきた装置にダークの名前があったことを伝え、もう一度リディアを救おうとしますが、トッドに説得され2001年に帰ります。(ここで帰ったから地下迷路の作成や自分の死を予言できる)。 

   2人にきりなるとトッドは知っているのに隠していたことに怒り、2人の間に亀裂が入ります。そして動物転送センターに戻る2人、トッドはリディアを救うため未来へ、ダークは全てを下から正すため過去へ飛ぼうと争います。後ろにはゴードン達が迫っています。

 

  場面は大きく戻りトッドとダークが初めて過去に飛ぶ5分前、車のトランクに詰められているのは気絶させられたファラ、実はゴードンに奇襲をし、コートを奪うことに繋がった銃声は謎の敵襲ではなくファラが出るために撃った銃でした。様子を見るよう頼まれたFBI(偽)が迫る中脱出し始めるファラ。一方外にはコーギー(リディア)とエステベツがおりゴードンを襲撃します。

そんな状況に帰ってくるダークとトッド、2人は未来へ飛んだのでした。遅いかかるスキンヘッドタトゥー…結末は…

 

 

すっげー書きづらかったです、あらすじ

時間軸入り乱れまくり

でも謎がかなり明かされましたね!しかしダークの直感力はタイムトラベルによるものだったためダークの能力がまたもや不明に、他にもバートが登場しなかった事など8話でもまだまだ一癖二癖ありそうです!

 

 

謎まとめ

 

謎まとめですが、新情報を赤字、次の話数の記事では、黒字は全話の赤と元々の黒をあわせた文章にまとめています。また緑は以前から出ていたけどスルーしてたor見逃していた事です。

①パトリック・スプリング:ホテルで真っ二つで死亡、ホテルの部屋は・遺体はネコとボディスワップしたサメの歯で噛み砕かれた。また、スキンヘッドタトゥーの遺体もあり。監視カメラではゴリラのマスクを被った人物ダーク(正規時間軸)がダーク(タイムトラベル)に渡されたマスクを被っており、それが映る。ゴードン曰く他にもキリン(トッド)がいるらしい。ゴリラのマスクは1話終盤でダークが持っている。スプリング氏はリディアが連れ去られる事や自分の死を、ダークとトッドの存在を予期しており、2人にリディアの命運を託し、逝った模様→ザッカライアであり、エドガーでもある。転送してしまったタイムマシンをゴードンらから取り戻すため未来へ来た。ダーク達と共に戦った後、2001年時点へ帰り、その後15年間ダークとトッドにリディアを託すため行動し続け、死亡した。死亡直前にはリディア(犬)を見て15年間が無駄だったと悲しみ、ダークとトッドに娘の命運を託した。

②リディア・スプリング:スプリング氏の娘。失踪扱い。リディア本人から母の死やエドガーについて知るためにゴードンに接触し、ラプンツェルとボディスワップされた。コーギー(リディア)はリディア捜査中の刑事エステベツがコーギーの正体に気づく。

 

③バート:ダークを殺そうとしている女殺し屋。見た目からして狂ってる血まみれ女。偶然であった青年ケンと行動中。死なない(死ねない能力)。長いこと研究されていた?ダークに挑むも敗北、諦めかけるもケンに支えられ、宇宙の流れに身をまかせてダークを殺すことに。

 

④吸血鬼:インキュバス計画、気絶したダークや発病中のアマンダからエネルギーを吸い出していた。ファラと知り合いらしい。CIAは「3」人と言っていたが実際いるのは「4」人。アマンダと行動中。

⑤トッドとアマンダ:アマンダは錯覚痛幻覚症、遺伝性でドラムスティックが刃物に見えたりし、痛みを感じパニックになる。トッドは罪悪感からアマンダの薬代を稼いでる。2人は同棲中。アマンダは吸血鬼からエネルギーを吸われた際フラッシュバックを見る。フラッシュバックには地下迷路のテレビもあり、そのほかのフラッシュバックも鍵となりそう。トッドは金欲しさに病を訴えていたが、アマンダ発病時に治ったことにしていた。アマンダはトッドの病の真実を知り兄を見捨て吸血鬼と同行することに。

 

⑥ダークの保護官:CIA、研究生物であるダークを見張っている。ダーク曰く、彼に嘘を付いていた?スコットは研究対象に近すぎると判断されている、事実、戦闘を避け説得しようとしている。フリードキンを始めとするFBI達との意見のズレが

 

⑦スキンヘッドタトゥー:ゴードンの部下。ファラを監禁したりスプリング氏の死にも関係している。彼らの一員にはボディスワップされたFBI(偽)もいる、他のスキンヘッドタトゥーもボディスワップされているのか?→長きに渡って動物に魂を閉じ込められていたため、知能が弱く、人形扱いを受けていた。ゴードン派とレイニー派がいるが、レイニー派は全滅

⑧ホテルで見かけたトッドそっくりな男:タイムマシンがどうのこうの言っていた。登場時着ていたコートはゴードンが着ているもの?下に着ていたタンクトップは既にトッドが着ている。→タイムトラベルしたトッド、ダークが元々色々知っていたことに怒り、問い詰めている時に見られた。

⑨ファラ:パトリック・スプリングの護衛で、スキンヘッドタトゥーに脅されたリディアに呼び出され、捕まった。解放後はトッド達と共にいる。過去に何かある様子、また吸血鬼と知り合い、ついにリディアを発見。FBI(偽)に襲われそのあとは不明→その後動物転送センター外の車に閉じ込められていた、遠巻きながらダーク達の危機脱出のきっかけになっていた。FBI(偽)を殺害

 

⑩ロトくじ:スプリング氏の殺人現場前でトッドが拾った、当たった。1万ドル。トッドが事件に関わるきっかけになった。ロトくじをトッドがアマンダに差し出すもアマンダに破り捨てられる。紙片はトッドが拾った→そもそもは動物園のスタッフの車の中にあった、車にあったのを気づいたのはトッドだし、ホテルの廊下に落としたのもトッド、ループしている

11ダーク・ジェントリー:スブラッド、研究生物、イカロス計画、能力は直感が働くこと、自分には使えないらしく、探偵を目指したのも他人に使えるから。→2016年時点でザッカライアに雇われ、ホテルに向かう途中ダーク(タイムトラベル)に出会い、ヒントを与えられていたため、色々知っていた。

 

12ブラックウィング計画:他の人より能力に幅がある者を見つける計画。

 

13ゴードン:60年代に見つけたボディスワップ装置を使い続けている。以前は歌手のロバート(ラックス)の中身。目的はスプリング氏の装置。そのためにはダーク、トッド、ファラ、アマンダは不可欠。

14ザッカライア・ウェブ:発明家、スプリング氏邸を建てた(スプリング氏のためではなく自分のため、後にスプリング氏が買った)発明家なだけあり、家には隠し扉などがある。タイムマシン?の開発者?→パトリック・スプリングであり、エドガー・スプリングでもあった。

 

15エドガー・スプリング:スプリング氏の父→電気に詳しく、配電網の設置や生体電気に反応する電球(永遠の電球)を残している、生死不明。→ザッカライア・ウェブであり、パトリック・スプリングだった。

16レイニー:元々のボディスワップを行なっていた人物?ゴードンや上司の男は原始の魂に立ち会ったとかなんとか…→ザッカライア邸を根城にしていたヒッピーのボス、ボディスワップを駆使して勢力を拡大、ザッカライアの無限エネルギー装置をも自らのものにしようと企てた。2016年、2001年からタイムトラベルしてきたザッカライアに襲撃され、死亡。