新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

熱い想いをペン先に込めて

f:id:shoindy:20161227131110j:image

バクマン。」主演 佐藤健 神木隆之介

 

  少年ジャンプで漫画を描くことを夢見た真城最高(サイコー)と高木秋人(シュージン)の高校生2人の努力を描いた作品。漫画家としてデビューするまでの苦労だけでなくしてからの苦労も描かれています。

 

  原作は少年ジャンプで連載されていた「バクマン。」という作品。「DEATH NOTE」と同じ大場つぐみ小畑健のタッグによる作品で、2008年から2012年まで連載されていました。僕も友人に借りて途中までは読んでいました。

 

  映画化するに当たって物語を上手くシンプルに纏め上げた印象を受けた本作。コミックスの大ファンは気に入らないかも知れませんがまぁ映画化する上で逃せないことですからね。そんなに悪い簡略化ではないと思います。あ、でも見吉(シュージンの恋人)が出なかったのと新妻エイジの悪役感が強かったのがちょっとショック。見吉がいないので男臭いのなんの。逆にサイコーとシュージンを高校生に留めておいたのは良い判断だったと思います。高校生のままストーリーがすすんだ後だからこそ時々登場する亜豆(漫画家になれたら結婚する約束をした相手)にどぎまぎするサイコーが高校生らしくて良いです。

 

  映画の内容としては正に山あり谷あり、そしてジャンプといえばの「友情・努力・勝利」がしっかりと描かれており非常に面白いです。漫画家を目指すという性質上漫画を描くシーンが多いのですが、普通に漫画を描くだけでなく、漫画のコマを背景に巨大なペンを振り回す表現を利用したりしてるので退屈にはなりません。どんな表現かはPVを見てみていただけると分かるかと思います。

  そしてサイコーやシュージンに訪れる苦悩や苦難がかなりリアル!いや、まぁ週刊連載したことないので本当にリアルかは分かんないですけどね。それでも、寝れない生活だったり毎週訪れる〆切の苦しみがしっかりと伝わってきます。終わり方もご都合主義過ぎなくて素晴らしいです。作ろうと思えば続編も作れそうな終わり方ですがこのまま終わりにして欲しいですね。綺麗なので。

  また、最後のスタッフロールまで楽しむことができるのも見所でしょうか。スタッフ一人一人の名前をジャンプコミックスの背表紙にして表しているのですが、今までジャンプに触れた機会が多ければ多い人ほど見入ってしまいますよ!こうやって見ると、背表紙だけでなんの漫画か分かるのって凄いですねえ…