読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アベンジャーズ:ラスト・ホワイト・イベント感想

アメコミ マーベル

f:id:shoindy:20170131231759j:image

 

以前紹介した「アベンジャーズ:アベンジャーズ・ワールド」の続編である今作。前作ラストに名前が判明したナイトマスクの存在により「ニューユニバース」との繋がりが明かされました。

 

  そもそも「ニューユニバース」ってのはなんなんだという話なのですが、正直な話僕も全く知りませんでした。しかしアメコミの邦訳誌にはありがたいことに解説書が同封されています。その解説書によると「ニューユニバース」は1986年にマーベル25周年企画で立ち上げられたレーベルだそうです。リアルな世界観を重視した「ニューユニバース」は「ホワイト・イベント」と呼ばれる現象をきっかけに誕生した超人類たちを主人公にした作品なんだとか。しかし企画はコケて黒歴史っぽいポジションにいたみたいです。今作ではそんなニューユニバースからスターブランドなるキャラクターが登場します。

 

  そして今作でも暗躍するエクス・ニヒロ!前作で地球に射出された創生爆弾(オリジン・ボム)の影響で"地球に"意識を宿らせようとするエクス・ニヒロ。爆弾はそれぞれ「自意識」「摂食行動」「自己修復」「意思疎通」「進化」「自己防衛」という生命体が当然持つ機能を持っておりそれぞれ意識体が誕生したり子どもが誕生したりします。アベンジャーズの面々はそんな存在にそれぞれ潜入や教育など四苦八苦します。

 

  読んでて楽しいのはシビル・ウォー周辺のようにドロドロしていないところでしょうか?話自体はビルダーズやホワイト・イベントとややこしいですが、ヒーロー間の関係は良好なのが良いです。また、周囲にバレていないもののスパイダーマンがすでにドクオクだったり、キャロルがキャプテン・マーベルだっだりするのも近年のコミックス感があって素晴らしいです。残る「インフィニティ」の発売が楽しみです!