読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

小さな小さな新聞の広告、それが始まりだった

f:id:shoindy:20170203210019j:image

「彼女はパートタイムトラベラー」(原題 Safety Not Guaranteed) 主演 オーブリー・プラザ

 

  雑誌社にインターンシップとして入社したダリアス、彼女はある日新聞に載っていた小さな記事の調査をすることになります。記事の内容は「私と一緒に過去へタイムトラベルしてくれる人募集!武器は持参、安全は保証しない」というもの。調査に向かったのは社員のジェフ、同じくインターンシップ生のアーナウ。調査は始め順調に進み、依頼主もすぐに判明。依頼主はケネスという超変人でジェフはすぐに追い出されてしまいます。しかしダリアスだけはケネスに認められ、ケネスの特訓を受けることになります。特訓をしているうちにケネスとダリアスの距離はどんどん近づいていきますがそこに疑惑が浮かび…

 

   ケネスの変人っぷりが尋常じゃないうえに、別にイケメンというわけでもないため、まさか恋愛要素に繋がるとは思ってもみなかった今作。

 

f:id:shoindy:20170203214113j:image

上左がヒロインで下がケネス。ラブロマンスっぽくない

 

いや、Netflixのジャンルはラブロマンスになってたんですけどね。1つ前に紹介した「2人のトマ、旅に出る」のジャンルがコメディだったりもするので微妙に信頼できないというかなんというか…また、ラブロマンスとしても結構異色で、なかなか見ないタイプです。というのも、ダリアスがケネスの記事を書くために近づくという形態な上、ニコニコ笑って近づいてくるようなやつをケネスが嫌うため、ダリアスとケネスの関係性が不思議な感じ。「第一印象サイアク」でも「一目見たときから恋に落ちてた」でも「友達だと思ってたのに」でもないです。さらに恋に落ちる明確な描写もないので、気づいたら恋愛モノになっています。ちなみにケネスの変人度合いは本当にヤバめです。なんか1人で射撃訓練をしてたり普通のおじいさんを追手と思って銃を向けたり、そんな感じです。そんな変人との恋愛…

  また驚きなのがタイムトラベル要素の少なさですかね。まぁ、原題はタイムトラベルなんて全く書いてないんで「タイトルにタイムトラベラーって書いてるのにっ」とか突っ込むことは出来ないんですけど(そもそも邦題に関してはタイムトラベラーなのは「彼」じゃねーのかって気もしますしね)それでもタイムトラベルモノとは思えないレベルのタイムトラベルしなさです。なのでタイムパラドックスがウンタラカンタラとかそういう話は皆無です、皆無。タイムトラベル要素は「過去に戻ったらなにをする?」とかの話があるくらいですかね笑