読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

人生は短い、楽しまないなんてウソだ!

名作 青春映画 Netflix 映画レビュー とにかく笑える映画

f:id:shoindy:20170208214641j:image

「フェリスはある朝突然に」(原題 Ferris Bueller's Day off) 主演 マシュー・ブロデリック

 

  こんなに気持ちのいい日に学校に行くなんてありえない!とフェリスは仮病をして学校を休みます。そんなフェリスは1日をかけて街をエンジョイ!フェリスを留年させようと躍起になる校長や1人うまく出し抜くフェリスを目の敵にする妹のジェニファーなどを出しぬきつつもフェリス、友達のキャメロン、彼女のミアはシカゴ中を遊びまわります。

 

  邦タイトルは非常に有名なものの、見たことがなかった本作。アメリカでは今もなお根強い人気を集めている作品のようです。下品な笑いを一切排除しつつもかなり笑って楽しめる映画であり、まさに家族向け映画!って感じがします。というか、本作を見るまで知らなかったんですが、以前紹介したキャメロン・ダラスの「退学処分」はこの作品とよく似ていたんですね、主人公がこっちに向かって話しかけてくるところまでそっくりです。そんでもって「デッドプール」のエンドロールの後もこの作品のパロディだったんですね、順序逆になったもののびっくりしました! 

f:id:shoindy:20170208221933p:image

 

  映画の本編は楽しいのひとこと!教訓だなんだなんて一切無しのフェリスの独壇場なのです!キャメロンの親父の超大事なフェラーリを勝手に乗り回したり、出席日数をちょろまかしたり(というかアメリカの悪ガキは出席日数ちょろまかしスキルが必須なんですかね?大体ちょろまかし係がいる気が笑)、身分を偽ってレストランに入ったり恋人ミアを早退させたりとやりたい放題しますがまっったくと言っていいほどフェリスにダメージが行くことはありません!それどころかフェリス同情されまくりだったりするんです。凄いのは両親すらフェリスの潔白を信じて疑ってないことですよね。疑っているのはルーニー校長と妹ジェニファーだけという。そのため、本ブログのタイトルにも記しているフェリスのセリフ「人生は短い、楽しまないなんてウソだ」という考え方がブレることがなく、最後まで一貫されています。

  撮影がシカゴの有名観光スポットを利用しているらしく、シカゴ美術館や野球場「リグレーフィールド」などを遊び倒していることもあり、フェリスの遊びがリアルかつ楽しさが伝わるのも良いです!