読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

この優しくない世界で

Netflix Netflixオリジナル 映画レビュー

f:id:shoindy:20170227223343j:image

「この世に私の居場所なんてない」(原題 I don't feel at home in this world anymore) 主演 メラニー・リンスキー

 

  気弱な看護師助手ルースは精神的にも弱く、世間は私に優しくないと思っている女性。ある日ルースが帰宅すると、彼女の家は泥棒に入られ、荒らされていました。盗まれたのは抗うつ剤などの薬、PC、そして祖母の形見の銀食器。ルースはすぐさま警察に連絡するも警察は防犯意識の低さも問題だと深く捜査はしてくれません。痺れを切らしたルースは自ら犯人探しを開始、協力してくれるのは近所に住んでいた変人トニー、捜査を進めていくうちに2人の前に惨劇が立ちはだかります…

 

  割と配信されたてのNetflixオリジナル映画。安定の配信ならではの冒険している感が出ている作品です。

  この作品の冒険箇所はズバリ主人公の主人公らしくなさ、主人公が主人公っぽくないというのは珍しくないかもしれないですが、そういうことではなく、もはやモブ並みの扱いなのです。とにかく巻き込まれ系であることから始めり警察に適当にあしらわれたり、自分から犯人探しを始めたら警察に説教されたり…なんなら説教されるシーンでは「銀食器より大変な目にあってる人もいるんですよ…自分が宇宙の中心だと思わないでください」なんていわれちゃいます。ルースが見つけた証拠も証拠として扱って貰えないです。しかしなんと物語後半からは地味な事件が豹変、キック・アスも真っ青のグログロ惨劇シーンに突入、しかもキック・アスキングスマンと違って暗い、ひたすらに暗い。いや、まぁ、明るい惨劇が特殊なんですけどね…あまりにも普通の惨劇なので事件感が尋常じゃないです。あ、ちなみに惨劇が起きてる最中ルースはひたすらゲロ吐いてます。流石モブ代表。と、ここまで書くとルースは何しとんじゃって感じなのですが、ルースはルースで成長しているシーンも見受けることができます。だんだん負けん気が強くなって言いたいことはハッキリ言うようになってます。この成長が意外とミソで、前半のイジイジうじうじしているころのルースの考える「世間は優しくない」はもうなんというか周りに「あなたにだって問題がある」と言われてもしょうがないだろ…って感じなんですけど、成長につれ世間の「クソッタレさ」に納得がいくようになっていくようになるのです!

 

  Netflixオリジナルの不思議な作品、面白かったです!