新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

確定した死を前に、歴史を背負った男が足掻く

f:id:shoindy:20170306123525j:image

 

「映画 信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO」主演 小栗旬

 

  未来から戦国時代にやってきた若者サブロー、サブローは自分とそっくりな織田信長に出会った事で、信長と入れ替わることを提案され、信長として活躍します。「平和な世の中」を作ることを目的とした信長(サブロー)は家臣や妻である帰蝶の信頼を得てどんどんと織田家を大きくしてゆきます。しかし信長(サブロー)の周りには「明智光秀」として信長(サブロー)の元へ近づいてきた織田信長本人や強い野心を秘めた男羽柴秀吉、同じく未来からやってきたヤクザ松永久秀など様々な影が揺れ動きます。「織田信長の死」という近づきつつある歴史が語る事実を前に、サブローはどう生き、どのような運命を迎えるのでしょうか。

 

  原作は「ゲッサン」で連載中の同タイトルの漫画で、アニメ化もドラマ化も果たした人気コンテンツです。今作はそのドラマの続編(完結編)として本能寺の変の事件を描いています。正直、ドラマは観ていなかったのですが「観ていなくても楽しめるから」という母の猛プッシュを受け、視聴に至りました。日本のドラマって、「面白い」って噂を聞いた時点でもう中盤まで進んでいて結局見てないってパターンが多いんですよね「逃げ恥」も同じ理由で見てないです。後は見たいと思っていても1話見逃してそのまま見なくなっちゃうパターン。これは「たられば娘」。

 

  さて、本作ですが、戦乱の世の残酷さとサブローの持ち合わせる緩い現代の雰囲気が見事に混ざり合って、歴史モノでありながら誰にでも取っつきやすく楽しめる作風に仕上がっています。もうこれだけで「ドラマ見ればよかった!」と思えるくらいです。また、明智光秀の正体が信長だったり、松永久秀やウィリアム・アダムスをもタイムスリップしてきた人物という自由な発想が非常に面白く、新鮮です。

 

  内容で印象的だったことはやっぱり何と言ってもサブローのキャラにあります。ドラマを見ていないので、なんとも言えないのですが、サブローってどこまで歴史を知らないんでしょうか?流石に本能寺で明智光秀に殺されることくらい知ってるだろ…と思ってしまうほどの知識の無さ、もうびっくりです。あと、戦で人を切る事への葛藤とかはドラマで描いたんですかね?あまりに自然に戦ってるから描いてなきゃ違和感ですよね。そして一番言いたいのはサブロー…そして松永久秀までもが驚くほど無視するタイムスリップのルール。いや、あるやん?自分がタイムスリップしたことを言っちゃだめとか、未来に起きることを知られてはならないとか、パラドックスとかなんとかかんとか。でもそんなの全く気にしてないです。ネタバレに含まないところだとポロっと地動説唱えたりとか。サブローは(もう使えないんでしょうけど)スマホ持ってたりとか、松永に至っては歴史の教科書持ってますからね。それあかんやつ。

f:id:shoindy:20170306133230p:image

 

  しかし一方で明智光秀織田信長が同じ顔というシチュエーション、新たな視点の2人の関係だから描けるストーリーの面白さ、そして「歴史は変えられない」というルールが2人の関係をより面白くしており、とても楽しめる作品になっています。