読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アベンジャーズ・プライム 感想

アメコミ マーベル

 

f:id:shoindy:20170312193040j:image

 

  マーベル・マスト・リードの最新翻訳「アベンジャーズ・プライム」が届いたので読みました!

  今、マーベルの邦訳本を買おうと思ったら十中八九の人がスタート地点にする「ニュー・アベンジャーズ:ブレイクアウト」。ブレイクアウトから始まる物語は「シージ」を持って完結します。しかし、それまでにアベンジャーズ…ひいてはマーベル・ユニバースの面々には様々な試練が立ち塞がります。ミュータントの総人口が減少したり、シビル・ウォーの果てにキャプテン・アメリカが死亡したり、スクラルの静かなる侵攻「シークレット・インベージョン」の果てに始まったダーク・アベンジャーズの台頭…それはまさしくヒーローたちにとっては暗黒の時代でした。そして実は、これらのストーリーでアベンジャーズの大黒柱である3人キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソーが共に手を取り合ったのは最後の最後、シージの時のみでした。それほどまでにニュー・アベンジャーズのシリーズはヒーローたちが物理的、心理的にバラバラな作品だったのです。そしてシージで遂に手を取り合った3人は、ダーク・アベンジャーズのリーダーであるアイアン・パトリオットことノーマン・オズボーンを倒し、アスガルドの落下の犠牲と共に世界に平和を取り戻しました。

  今作で描かれるのはそんなシージの終結キャプテン・アメリカがヒーローチームを再編成するまでの間の出来事。コミックスとしての「シージ」では終結の次のページから直ぐにチームの再編成、ヒーローの和解が描かれていますが実はそう簡単じゃなかったっていう部分の出来事です。簡単に言えば

f:id:shoindy:20170312200034j:image

 これが

f:id:shoindy:20170312200044j:image

こうなって

f:id:shoindy:20170312200103j:image

こうなるまでのストーリー。

 

   ストーリーとしてはオクラホマで浮いてたアスガルドが落下、瓦礫の撤去中にヨトゥンヘイムにぶっ飛ばされた3人がそれぞれ仲間の元に集まり、黄泉の剣「エターナル・ソード」を手にした死の女神ヘラと戦うというもの。なので本当にヒーローはこの3人だけです。さらに言ってしまえばキャップはこの時点で「キャプテン・アメリカ」ではなく「スティーブ・ロジャース」ですし、アイアンマンはシージ直後のため古いアーマーかつぶっ飛ばされた直後に機能停止、リパルサーレイが撃てる程度の機能しかありません。なので2人ともそこらの剣とか盾で戦います。だから本作は本当にヒーローの物語というよりは、スティーブと、トニーと、ソーの物語なのです。でもやっぱりこの3人がいると何かいいんですよね。グッとくるというか。

 

また後半にはニューアベンジャーズから始まるシリーズに欠かせない人物セントリーの葬儀を描いたストーリーも収録しており、真に「マーベル・ナウ!」へ入る準備が出来たと感じる事が出来る構成になっているのも嬉しいです。