新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アイアン・フィスト 第7話感想

f:id:shoindy:20170325195755p:image

 

 第7話「巨悪の巣窟」

 

  ハロルドがカプセルのようなものの中で眠っているとヤミノテが彼を引きずりだします。ヤミノテはハロルドがダニーの正体をヤミノテに伝えなかった事の責任を取らせるつもりでした。シラを切るハロルド、しかしそこにダニーがやって来てしまったため、ハロルドは仕方なくやって来たヤミノテを殺害します。

  ダニーがやって来たのはダニーの父ウェンデルとガオの関係を調べるためでした。しかしハロルドは何も知りません。そしてハロルドはヤミノテ達がハロルドにしっかり責任を取らせたと思わせるため、自ら指を詰めます。

  ダニーがチカラ道場でコリーンに治療を受ける一方ウォードは

ハロルドに呼ばれハロルドの部屋へ。ハロルドはヤミノテの顔をめちゃくちゃに潰している最中でした。ハロルドがウォードを読んだ理由はヤミノテの死体を処理させるためでした。

  翌日ダニーが会社に来てウェンデルの資料を集めようとしているとダニーの元にジョイがやって来ます。ジョイはダニーに「謝罪動画」への声明を読むよう説得します。しかしそんな時ダニーの書斎にガオが入ってきます。ガオはダニーに「街に戻ってきたのはアイアン・フィストの使命ではなくダニー・ランドとして生きたかったからでしょう?」といい普通の人生を送るよう取引します。ビルを降りて行くガオ、ダニーはそれを追いかけます。ガオが辿り着いたのはランド社の13階でした。ガオが麻薬を作っているのを聞き耳したダニーはガオが去った後秘書の女に近づきます。彼女が脅されていると知ったダニーは彼女を逃がさせます。  

  一方チカラ道場ではコリーンの元にバクトと呼ばれるコリーンの旧友(?)の男が登場します。バクトはダニーの事も知っているようでした。

  ダニーがオフィスに戻るとダニーの机にはウェンデルの所有物がありました。ウェンデルの所有物はIDタグ1つだけ、ダニーは自分の秘書に尋ねます「ウチはいい会社か?」秘書の母は工場のある島に住んでいました。ダニーは癌との関連性が分かるまで工場の閉鎖をすることを決めます。職員の解雇もせず給料も払うとの事です。呆れる役員達は彼の提案を全否定します。しかしダニーは既にマスコミにこの事を流していました。 その後ダニーは脅されたガオの秘書の情報を持ってハロルドの元へ、ブルックリンの倉庫から麻薬が流れており、そしてラドバンがいることを知ります。そこでダニーはコリーンと共にヤン家を訪れ、共にガオのヘロインビジネスを潰そうと持ちかけます。

  一方ウォードは薬により心がボロボロになっていたため、ジョイのアドバイスで休養をもらうことになっていました。しかしウォードの貯金残高はハロルドによって0ドルにされてしまいます。さらにランド社では緊急取締役員会議が開かれ、ダニー、ウォード、ジョイの解雇が決定されます。 

  

  ダニー、コリーン、ヤン家によるブルックリンの襲撃が始まります。ダニーとコリーンはラドバンを見つけだし、ラドバンにガオの居場所を聞きます。ラドバンは朦朧とした意識の中、「ガオにヘロインの製造法を伝えたこと」「ガオはアンジョウにいること」を伝えられます。アンジョウは中国の町の名前で、飛行機の墜落が無ければランド家が訪れる予定の場所でした。

  口座の預金が無くなったことでハロルドの元へ詰め寄るウォード。ウォードの預金は会社から横領したもので、ハロルドには前からバレていたものでした。「お前は俺に従っていればいいんだ」ハロルドがウォードに言います。そんなハロルドに対し、操られる我慢の限界が来ていたウォードはハロルドを刺殺します。

  

 

  どうも、土曜プレミアムのグルーの予約し忘れました!辛い。

 

 

さて、アイアンフィスト第7話。今話はコリーンとダニーがいちゃついたりで話進まねーなとか思っていたら後半は話の進みまくりで超注目回でした。ハロルドは敵か味方かよく分からんやつでしたが敵か味方かよく分からんやつのまま死亡。ウォード、ジョイ、ダニー全員が会社を追われます。そして謎の新キャラバクト登場!これからどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。