新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

「13の理由」第5話感想

f:id:shoindy:20170423101550j:image

 

第5話「カセット3:A面」

 

   ハンナが次に話題にしたのはコートニーでした。誰にでも優しく名前も見た目も可愛いコートニー、それは本当?いいえ、違うわ。それがハンナの切り出しでした。クレイはこっそりコートニーの行方を追います。また、タイラーはクレイが流出させた裸の写真を皆にからかわれ苦しみます。また、ジャスティンがクレイに「深追いするな」と釘をさします。

  コートニーが学校の事務所に行くとそこにクレイの母がいました。また、事務所の別の部屋ではタイラーがポーター先生に呼び出されていました。被害者でありながら呼び出されたタイラーは怒り「自殺に追い込んだやつを懲らしめるべきだ」と言い残します。その後タイラーは食堂へ、そこではコートニー、ジェシカ、マーカスなど"事情を知り、クレイの行動力に危機感を抱いている物"が集まり、クレイをどうにかしなければと計画しています。タイラーも加わりたがりますが皆に拒否されます。

 

  場面は過去へ。ハンナとコートニーの関係が壊れた後もハンナは彼女と仲直りする事を望んでいました。ハンナはきっかけを得る為、コートニー達仲良し3人組と共にダンスパーティに参加する事に決めます。ちなみに、ダンスパーティにはクレイも(罰ゲームで)参加しています。また、ベイカー家はハンナのダンスパーティの成功のために新車を買いました。すごい。ダンスパーティ会場ではジェシカ、アレックス、ハンナが偶然出会いました。気まずくなり離れるハンナ、リストの事を謝るアレックス、ジェシカは冷たい態度を取ります。ハンナがコートニーの仲良し3人組に追いつくと男子生徒からキスの写真についてからかわれます「誰かすぐに分かったぞ」ハンナはその場を離れます。そんなハンナをダンスに誘ったのはクレイでした。罰ゲームとはいえハンナに声をかけることに成功したクレイ、2人は楽しい時間を過ごします。一方またもやキスの写真をからかわれるコートニー。彼女は嫌気がさし男子生徒に何か耳打ちします。 コートニーはハンナが"尻軽女の痴女である"とデタラメを言ったのでした。即座にその話をハンナに言う男子生徒、ハンナはコートニーを責めます。ハンナはその後、酔ったジェシカを介抱するため彼女を車へ連れて行きます。しかし車は動きません。それを助けてくれたのはトニーでした。トニーはハンナにクレイと踊った曲から始まるカセットをプレゼントします。

 

 

  現代ではクレイがコートニーを呼び出し、ハンナの墓へ連れて行きます。暮石もないハンナの墓。その前でクレイはコートニーを責めます。泣いてその場を去るコートニー。するとトニーが現れます。トニーはクレイが帰れるように自転車を持ってきてくれていました。当時ハンナにプレゼントしたカセットと同じものをクレイにあげるトニー。「誰かが報いを受けるべきだ」というクレイの意見にトニーは「お前がか?」と返します。
クレイが自転車で家へ帰る途中、ジャスティンやアレックスが車で現れます。クレイの自転車を奪い車にクレイを乗せるジャスティン達。車を異常な速度で走らせ「余計なことはするな」とクレイを脅します。

  脅しに屈し、帰宅したクレイ。彼がトニーのカセットを聞いていると母親が現れ"学校でいじめが起きているか""ハンナはいじめられていたのか"など聞いてきます。なんと学校はベイカー家と裁判で戦うため、弁護士としてクレイの母親を雇ったのでした。彼女が学校にいたのもそのためです。

 

  何気トニーとハンナが絡んでいるシーンは今回が初めてな気がします。そんでもってクレイがどんどん行動的かつ目をつけられるように…

でもこれいつかはクレイも話題にあがるんですよね?その時クレイはどうするんでしょうか…