新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

「13の理由」第6話感想

f:id:shoindy:20170425103239j:image

 

第6話「カセット3:B面」

 

  荒れるアレックス、自分を轢きそうになった学生(前話でコートニーとハンナをからかったモンゴメリーという生徒)と喧嘩になります。しかし一方的にやられるアレックス、喧嘩を止めたのはポーター先生でした。さらにジャスティンがどさくさに紛れ喧嘩を見ていたクレイに「大人しくしろ」と圧力をかけます。ジャスティンはまだクレイの自転車を返していないようです。その後学校の外にいたクレイに話しかけてきたのはシェリという女子生徒。以前にもちょろっと出てきたチア部の生徒です。クレイはシェリの宿題を手伝うことにします。

  一方カセットはバレンタインの相性テストの話題に。皆が書いた性格診断を元に運命の相手がわかるというものです。回想では性格診断の結果を匿名で載せようとする男子生徒に「良くないと思う」と意見するトニーの姿が。クレイはクレイで当時勉強を教えていたジェフという生徒にオタク丸出しの回答を見られ書き換えられます。そしてハンナはというと…彼女のマッチング1位はなぜかブライス、そして続いてアレックスでした。気落ちするハンナ、そんな時にマーカス(ジャスティンとつるんでるやつ)から電話がかかってきます。というのもマーカスの結果にハンナの名前が載ったからです。デートに誘うマーカス、そんな彼にマーカスに少なからず好意を抱いていたハンナ。そう今回のテープはマーカスが主役です。

 

  そんなマーカスは現在コートニー、クレイらと共に臨時の倫理委員会を開いています。理由はモンゴメリーとアレックスの喧嘩について。意見が飛び交う倫理委員会。"誰が悪いのか"叫び合う中クレイが呟きます「みんな悪い」。そしてモンゴメリーは3日間の出席停止、アレックスには警告が。アレックスは「偽善者め」と呟きその場を後にします。倫理委員会が終わるとクレイに近づくマーカス、彼もまた、クレイに大人しくて欲しい1人であるため、クレイを説得しようとします。

  

  映画館ではクレイとハンナが相性テストについて話しています。クレイは参加しなかったと嘘を付きますがその後デートで映画館に来たジェフにバラされます。気まずくなる2人、ハンナはマーカスとデートすることに決めます。クレイの診断結果とは…

  ハンナはデートで呼ばれた場所でマーカスを待ち続けていました、なかなか来ないマーカス。

 

  モネでシェリの勉強を手伝っているクレイ、その日のカウンターはスカイでした。スカイはクレイに「チアリーダーは似合わな、あんたの方がシェリよりクールだった」と言います。注文が終わるとクレイはシェリに一年前のバレンタイン診断の話を切り出します。しかしシェリはマーカス・ハンナの診断結果を深くは覚えていませんでした。そしてそこにまたもや現れるトニー。彼はブラッドという青年と一緒にいました。トニーから離れるため、彼に「尾行するな」とダメ押しし店を出るクレイ。その後クレイとシェリはクレイの部屋で勉強することにします。家に帰ると偶然にも仕事を持ち帰っていた母親がいました。ちょっといい感じになりながらも2人の勉強は続き、やがてキスを…。反対にジャスティンの部屋ではジャスティンとジェシカがすれ違い始めていました。家から出る時、ジェシカは酒らしきものを拝借します。

 

  1時間も遅れて現れたマーカスは友人とやって来ました。しかしそんかマーカスを許したハンナ。しかし対称に楽しげに話す2人を遠目に見るマーカスの取り巻きはハンナを侮辱していました。そしてハンナに迫るマーカス、しかし彼の目配せは取り巻きに。マーカスは"尻軽女"のハンナの体目当てだと勘づいたハンナはマーカスを押しのけます。取り巻きと共に出ていくマーカス。

 

  クレイとシェリが行為に及ぶ寸前、クレイの脳裏にハンナがいたことを見透かされ、2人の自体は急転します。「私をいい人だと思う?」そう問いかけるシェリに「思う、本当だ」と答えるクレイ。しかしシェリはその言葉を聞いて泣き始めます。「私もあのテープに載っているの」シェリはそう告白します。また、クレイがまだ自分のパートまで達していない事を知ると「あなたには聴いてほしくない」とクレイに言います。それを聴いたクレイはショックを受けシェリを追い出します。  シェリを追い出し、辛そうにしているクレイの元にやって来たのは母親。「この裁判で貴方が傷つくなら弁護士を降りるわ」そういう母親にクレイは「どうせ助けられない」と冷たく当たります。

 

  マーカスを追い出した後泣いているハンナの元にやって来たのは取り巻きの1人でした。

 

 

  クレイの相性診断には本当にハンナの名前が載っていたのか、最後にハンナの元へ来た取り巻きの意味とは、そしてハンナの墓の前にいるトニーとその時のナレーション「私の墓碑銘はどうなるのかな?」とありながらも映らないハンナの墓など今回はすっきりと終わらせなかった回でした。また、シェリがバスケ部ではなくチア部だったり、モネで働いているのがアンジーではなくスカイだったり(誰だっけスカイ)色々僕のミスも判明する回でした。

  それにしてもずっと思ってましたけどクレイ…いや、クレイさん割と勝ち組ですよね。