新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

最後は一味違うのだ

f:id:shoindy:20170427222714j:image

 「ハングオーバー!!!最後の反省会」(原題 The Hangover PartⅢ) 主演 ブラッドリー・クーパー

 

  あの男たちが帰ってきた。バンコクでの大騒動から2年。ついに我慢の限界を迎えたアランの家族たちの懇願によりアランは精神治療を受けることになります。しかし病院へ向かう途中ギャングのマーシャル一味の襲撃にあいダグが人質に。マーシャルの要求、それは「チャウを連れてこい」というもの。ダグの命を救うため、アラン、フィル、ステュは再びあの地へ…

 

  スーパー泥酔お下劣ブラックコメディ「ハングオーバー」シリーズの最終章である今作。しかし今までの恒例であった「朝起きたら…なんじゃあこりゃ!???」の展開にならず、なんならハングオーバー(二日酔い)しないのです。つまり普通のコメディ!まぁ、普通のコメディっていっても結構センスやぶっ飛び具合はなんにも変わらないので「スーパー泥酔お下劣ブラックコメディ」が「スーパーお下劣ブラックコメディ」になっただけなんですけどね。なので今回はストーリーも前2作よりしっかりしていますし、ステュの体も無事です。最後には今作で初めから言われている「アランの成長」がしっかりと現れていますしね。しかし先ほど述べた通りぶっ飛び具合は変わっていないのでそこは安心。冒頭でチャウが「刑務所のリタ・ヘイワース」ならぬ「刑務所のよくわからんニャンコ」な感じに脱獄したかと思ったら次のシーンは高速道路でキリンを車に乗せて疾走するアランが登場、そして直後に首が吹っ飛ぶキリンというイカれっぷり(褒めてる)。キリンて。

  とまぁここまで「しっかりした」「ステュが無事だった」「前2作のパターンを捨てた」と言って来ましたがなんと最後の最後でこれが覆されるというびっくりな事態。この映画にストーリーを求めて見ている人なんてほぼ皆無だと思うので遠慮なしにネタバレしますが、"いつもの"最悪の目覚めはエンドロール中に描かれるのです。今回は豊胸したステュ。やっぱり無事ではいられなかったかステュ…しかも「君と一緒にいると僕がダメになる」とまで言って別れたチャウも普通に登場、全裸で、ノーモザイクで。1作目の時はあった気がするんですけどね、モザイク。しかしこの気になりすぎる夜は明かされることなく幕は閉じられるのです。まぁ、「こいつらは変わんねーな」って思わせる為だけのシーンなんでしょうねぇ