読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

「13の理由」第12話感想

f:id:shoindy:20170508094828j:image

 

第12話「カセット6:B面」

 

  またもや警告文から始まった第12話。そしてクレイやコートニー、ザック、アレックス達の元へ民事裁判の召喚状が届きます。なんとかしようとするマーカスやコートニー、その仲間になりたいものの未だ入れてもらえず荒れるタイラー。一方ジャスティンはジェシカの部屋に勝手に入って謝ろうとしますがジェシカの心は完全に閉ざされています。

 

  そしてテープはハンナの最低最悪な日を語り始めます。店の家賃を払うため親から金を預かるハンナ、そのお金はハンナが両親を助けるため、自分用の学費の積立金を崩したものです。入金に行く前に荷物を車の上に置いて少しクレイに電話するハンナ、電話を切り、車を発進させます。お金を屋根に乗せたまま…

  銀行に行く前に行く前に映画館に立ち寄り、クレイから封筒を受け取るハンナ、ジェフの死やパーティの事もありクレイの態度は固いです。そしてその映画館でハンナはお金をの存在を思い出します。しかし既に屋根にはお金がありません。

 

  一方謹慎をくらった今のクレイは何か計画を進めている様子。ハンナの両親の家で青いマニキュアを買ったりトニーから何かを受け取ったりしています。また、シェリはポーター先生の事務室を訪れ召喚状の事を相談。タイラーはタイラーで怪しい取引(銃?)をしています。

  その後、クレイ、シェリ、ジャスティン、ジェシカ、ブライスを除いたリストの人物達はモネに集まり召喚状についての相談を開始、"ハンナは嘘つき"をベースとしたウソのストーリーを組み立て始めます。ついにタイラーも加わります。その様子を窓から見ているのはシェリ、しかし彼女はその輪に加わらず、自らの罪を警察に告白します。モネの集会は始め、ブライスを追い込む算段で話が進みますがアレックスが反対「ハンナの話は真実だ、真実を話そう」と訴えかけます。

  ハンナの両親のドラッグストアではオリヴィアがトニーに相談。相談内容はハンナのリストでした。テープの人物達に的確に召喚状が送られていたのはオリヴィアがこのリストを参考に送ったからでした。オリヴィアはリストの中に"トニー?"と書いてあったことから知ってる事を話すよう詰め寄ります。「知らない」と押し通すトニー。そんなトニーにオリヴィアは「じゃあ後は弁護士と話すのね」と冷たく当たります。その様子を窓から見ているのはコートニーです。

 

  お金を無くしたハンナは街中を探し回りましたが、結局見つからず。オリヴィアに強く責められます。だんだんと"私なんていなければ"と思うようになっていきます。その夜、ハンナは眠れず散歩することに。お金持ちが多い地区でパーティが開かれているのを見つけた彼女はそのパーティ会場へ足を踏み入れます。

  パーティ会場にはジェシカがいました。そのことに驚くハンナ。ジェシカに言われるがまま下着姿になり(水着を持ってきてなかったから)ジャグジープールに入るハンナ。しかし次第に時間が経ち友人達はプールを離れます(トイレに行ったりして)。1人になるハンナ、彼女の前に現れたのはブライスです。2人きりになり身の危険を感じたハンナはすぐ逃げようとしますがブライスに羽交い締めにされてしまい、レイプされてしまいます。

  家に帰ったハンナは限界を感じていました。彼女は死の前に跡を残そうと、リストを作り始めます。

 

  現代ではクレイがそのパーティ会場の家の主…ブライスの家へ訪ねています。「麻薬を分けて欲しくて…」そう言ってブライスの家に入るクレイ。「お前はハンナにレイプした!」ブライスの家に入ったクレイは彼にそう訴えます。「あの女が求めてきたんだ」そう言い張るブライスに思わず殴りかかるクレイ。ブライスはそんなクレイに反撃し、彼を滅多打ちにします。しかしそれでもクレイは逃げませんでした。起き上がって居座るクレイに「尊敬するよ」と賞賛するブライス。クレイに酒を渡します。クレイはもう一度聞きます「ハンナは直接言葉で求めてこなかった訳だけど、それはレイプなんじゃないのか?君は、ハンナにレイプをしたのか?」その問いにクレイは「レイプと呼びたければ呼べ」と認めます。それを聞いたクレイはブライスの家を後にし、歓喜します(ボイスレコーダーを持っているのでしょう)。

  ジャスティンが家に帰ると母と同居している男がジャスティンの召喚状を見て怒っていました。「俺の商売に保安官が来られると困るんだよ」そう言ってジャスティンの首を絞める男。ジャスティンの母は"隣の人に通報されるから"という理由で男を止めます。しかし、ジャスティンを気遣ってはくれませんでした。

   また、アレックスは父があらゆる事を隠ぺいするような人物であったため、裏から手を回し裁判に出なくて良くなります。そしてクレイもまた、ブライスの家以降帰ってきておらず両親が心配します。その時映し出される頭に弾痕がある救急車で運ばれているのがクレイなのでしょうか。

 

  なんかシーズン2が仄めかされており「これ以上何をやるんだよ」感が凄いです。蛇足でしかないような気が…

  そしてシーズン1はいよいよあと1話、どう終わらせるのか、見ものですね!