新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

X-MEN:スキズム 感想

f:id:shoindy:20170512000619j:image

 

  今月のマーベル・マスト・リードシリーズはX-MEN:スキズムです。

 X-MEN版シビル・ウォーといっても過言ではない今作。セカンド・カミングとAvXの間の話であり、今作を機にX-MENウルヴァリン率いる「ジーン・グレイ学園」とサイクロップス率いる「ユートピア」に完全に別れる事になります。

  物語の発端はキッド・オメガというミュータントのテロと第8代インナーサークルという幼い子どものヴィランチームです。キッド・オメガが世界の要人の会合の場で彼の協力なテレキネシスを使い要人達の心の闇を暴露させた事で、世界中がセンチネルを動かし始めます。しかしセンチネル達は長年埃被っていた事もあり暴走。ユートピアのミュータント達は人間が自分たち殺そうと取り出した兵器から人間を守るため、センチネルの破壊に勤しみます。

  そんな時に開館したミュータント歴史博物館。オープン初日には取材陣も集まっていたため、ミュータント達は中でも強力なミュータントのエマ、マグニートーアイスマン、コロッサス、ネイモアらを平和大使として開館日に来館させます。そこに襲撃してきたのが第8代インナーサークルが率いるヘルファイア・クラブ。彼らは子どもながら正確にミュータントの弱点を突いた攻撃でミュータントらを制圧します。さらに、超巨大なセンチネルをユートピアに向けて発進させます。

  平和大使はやられ、他のミュータント達も世界各地のセンチネルの対処に当たっていたため、ほぼ無防備ユートピアサイクロップスユートピアに残っていた新米ミュータント達と共に向かってくるセンチネルを倒そうとします。それに反対したのはウルヴァリン。彼は常に子どもたちに戦闘をさせる事に反対であったためでした。対立するサイクロップスウルヴァリン、そして2人は戦闘にもつれ込みます…

 

   ミュータントである以上、子どもでも戦うべきと考えるサイクロップスとミュータントでも子どもは子どもらしくあるべきというある意味理想的すぎる考えをもつウルヴァリンが決定的に対立する今作。今までもこの考え方の違いは何度も描かれていましたが、今作をきっかけに2人は完全に分裂していまいます。

  しかしそんな仲違いの作品でありながら、その2人の魅力がたっぷり詰まっているのが本作の身どころ。もちろん、2人の戦いも熱いのですが

f:id:shoindy:20170512003408j:image

 

それだけでなくサイクロップスの巨大オプティック・ブラストなど読んでて思わず「おおっ」と唸ってしまうアツさがありました。目からビームの本領発揮です。

f:id:shoindy:20170512003535j:image

 

 それにしても、やっぱXは面白いんですよねー!本当はもっと読みたいのですが、邦訳はアベンジャーズ周りが優秀な一方Xは少なく、インヒューマンズに至っては…なのでなかなか読むことができないのです。アンリミはありますけど何処から手を出すか分からず辞めちゃったりね。はあ、もっと読みたい…