新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

現実が歪み、虚構が剥がれおち、真実が露わになる

f:id:shoindy:20170522160813j:image

「クリニカル」(原題:CLINICAL) 主演 ヴァネッサ・ショウ

 

  主人公は精神科医である女性ジェーン・マシス医師。元患者の少女ノラとの間にあったある一件がトラウマになり、リタイヤしていましたが、数年ぶりに現場に復帰しました。そんな彼女の患者の一人にアレックスという男性が現れます。傷つき、顔が醜く歪んでしまったアレックスの心の傷を癒すため、治療を始めるマシス。

  ある夜、マシスは物音で目を覚まします。なんとマシスの家には睡眠薬の影響で無意識に侵入したアレックスが居ました。意識朦朧のアレックスを無理やり気付、警察に通報するマシス、彼女はアレックスにもう治療は出来ないと伝えます。しかし問題はここからでした、アレックスのとの治療は次第にマシスとノラとの記憶を呼び覚ますきっかけになってしまったのでした。さらに、マシスに依存してしまっているアレックスを憐れみ治療を再開してしまったマシス。彼女に待ち受ける運命とは、そして、ノラと何があったのか…

 

 Netflixオリジナルのサスペンススリラー作品である「クリニカル」ホラーっぽい雰囲気でありながら霊障や殺人鬼の無差別殺人などではなく、マシス、アレックス、過去など様々な要素が絡まり合う綿密なストーリーが魅力となっております。またオリジナル作品恒例の写すところはグロくてもしっかり写すものとなっています。

  この作品の魅力、それは何と言っても視聴者すらも混乱させる現実と虚構の混同!これ、どういう事かと言いますと結構な勢いで視聴者の予想を裏切ってくるんです!サスペンス映画で良くあるじゃないですか、悪夢を見たり幻覚を見たりするシチュエーション。今作でもあるんですよ、割と頻繁に。マシスにとっての恐怖がノラとの過去って事もあるので当然っちゃ当然ですね。でもそういうシーンって見てて分かるじゃないですか?取り返しのつかない事だったり唐突過ぎる異変とか起きると「あーこれ夢か」みたいな。でも今作はそれが罠なんですよ、そんな取り返しのつかない出来事とかが平気で現実だったりするんです。そうなってくると今度はどんな出来事でも現実なんじゃないかって疑い始めちゃうんですよ。でもそしたら今度は夢だったりするんですよ!もう超混乱、だから面白い。

  登場人物が少ない事もあって犯人とかは割と予想がついてしまうんですが、逆に良い面として登場人物が少ないからこそ無駄のない作りになっています!