新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アンという名の少女 第4話感想

f:id:shoindy:20170523101705j:image

 

第4話「宝物は私の中に」

 

  不登校が続くアン、心配するマシュー、マリラ、ジェリーをよそにてんとう虫に話しかけたり独り言を呟いたりと上の空で今までより一層想像の世界へ逃げ込むようになってしまいます。それは、マリラの「パイが焦げないように見ておいて」というレベル頼みごともまともにこなせなくなってしまうほどでした。

  そんなアンに対し、マリラは学校に行くように言いつけます。学校に行かせはしたものの、心配するマリラとマシュー。しかし帰ってきたアンは「思ったほど悪くなかったわ」というもので、2人は安心しました。しかし復帰2日目、マリラの元にダイアナとルビーという少女が、アンの教科書を届けるためやってきました。アンが来ないことに心配するダイアナとそうでも無さそうなルビー。マリラはアンの嘘を知ってしまいました。嘘がバレたとは思ってもみないアンは、森の中で家からこっそり持ってきた歴史の本を少し読み、想像の世界に浸っていました。帰ってきたアンは森で読んだ本を授業のように話しますが、机の上の教科書を見て嘘がバレたことを察しました。

 

  マリラの目を見て平気で嘘をつけることに心配を覚えたマリラとマシューは牧師の元へ連れて行きます。しかし牧師の考えは「女に教育は不要、牧師の元で結婚するまで家事をしろ」という頼りにならないものでした。しかし牧師の元から戻って以来、マリラは何かに思案するようになり始めました。

  その夜、警鐘が鳴り響きました。その警鐘が意味するのは"村で家事が起きた"という事でした。火事にあった家はギリス家、そこは前日アンの家を訪れたルビーの家でした。村人同士が集まり、協力し、消火に挑みます。ダイアナ曰く、ギリス家はみんな避難できたそうです。しかし、アンはギリス家の窓が開いている事で何かに気づき、家の中に飛び込みました。家に入り窓や扉を閉めて回るアン。火が弱まってゆきます。アンは火が酸素で強くなることを知っていたのでした。

  皆がアンに感謝しました。ギリス家が建て直されるまで、村人がギリス家の人々を迎え入れる事になりました。ルビーはカスバード家でした。しかしルビーはアンやマリラ、ダイアナの目の前で「アンの所だけは嫌」とハッキリ言いました。結局親にたしなめられ、カスバード家に行くことは変えられませんでした。そんなルビーに対しダイアナは「他人の目なんて関係ないわ、私はアンの勇敢さを讃えるわ」と褒め、アンは「友達同士に見えないから大丈夫よ」と大人の対応を見せました。

  消火作業は夜通し続いたため、眠る事になったアンとルビー。しかしルビーは啜り泣き、眠れません。そんなルビーに対しアンはいつも想像するコーデリア王女の話をしたり新築を想像させたりし、慰めます。アンの提案でスコーンを焼いて差し入れをする事になった2人。転んでしまったルビーを馬鹿にする男の子に勇敢に言い返したり、ギルバートがルビーを助け起こしてくれた事で、ルビーも元気を取り戻します。やがてルビー、アン、ダイアナは共に遊ぶようになりました。

  カスバード家での生活も最終日になりました。「これで何もかも元どおりね」アンはルビーにそう言います。ルビーは「アンがいないわ」と返しました。ルビーが眠り、アンはマリラの寝室へ。マリラもアンも、牧師の時代遅れの考え方に疑問を抱いていました。マリラはアンに、アンが如何に選択肢を持っているかを語って聞かせます。

  翌日、学校。ルビーは無事に復帰しました。そしてアンも登校しました。以前のようにひそひそ声は聞こえます。でも今回は違いました。ダイアナとルビーがアンを歓迎したのです。

 

  1話跨いだだけで優しい世界というのは変わらずですね。アンにやっと友達が増えました。これからギルバートやルビー、ダイアナとの絡みが増えて行くのでしょう!