新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アンという名の少女 第6話感想

f:id:shoindy:20170528203154j:image

 

第6話「後悔は人生の毒」

 

  夜の森を駆け抜けるダイアナ、彼女はアンの家へ駆け込み彼女に助けを求めます。ダイアナの妹のミニー・メイが病気になったと涙で目を腫らすダイアナ。マリラもダイアナの両親も街に出ているようです。ダイアナのおばさんであるジョセフィンも原因が分からず、ダイアナはアンのところへ駆け込んだのでした。アンはマシューを起こし、医者を呼んでもらい、自らはダイアナと共にミニー・メイの元へ急ぎます。

  アンはミニー・メイの看病をします。ミニー・メイがかかったクループという病気の対処法をアンは知っていました。ひたすらアンの看病に文句をつけるジョセフィンを流しながらテキパキと行動した結果、ミニー・メイの容態は安定しました。その後、疲れ果てて眠っているアンを見ながら、ジョセフィンと医者は彼女の的確で冷静な看病を褒め称えました。そしてその後、アンの家にダイアナの母親、バリー夫人が来ました…感謝の言葉を伝えるために。

  眠ってダイアナの母に会えなかったアン。目覚めた後、マリラに嬉々として自分の活躍とダイアナと過ごせた最高の時間、別れの辛さを伝えます。そんなアンにマリラはバリー夫人の言葉を伝えます。アンは喜びすぐに学校へ出かけます。

 

  ギルバートの父親の容態が悪化し、そして間も無く亡くなりました。葬儀も終わり、墓地から去ってゆく人々、アンやクラスメイト姿もあります。最後まで墓地の前に佇んでいたのはギルバートでした。

  葬儀の参列者はギルバートの家へ、マリラはそこにあったシルクハットを見て過去を思い出します。マリラとギルバートの父は若い頃甘い関係にあったようです。また、マリラが1話でアンに贈ったリボン、それをマリラに贈ったのが若きギルバートの父でした。

  外に佇むギルバートに話しかけに行ったのはアンでした。ギルバートの父の式の厳かさを褒めたり、同じく孤児になったギルバートを慰めようとしましたが、「君は何故自分の境遇と比べて僕の運がいいなんて言うんだ?」と怒らせてしまいます。

  「助けてやろうと思ったのに!もう完全無視よ!」そう怒るアン。そんな彼女の独り言を聞いていたのはジョセフィンおばさんでした。ジョセフィンおばさんは未婚であり、自立していました。彼女の古臭くない考え方にアンは刺激を受けます。

  夜、ジョセフィンおばさんの素晴らしさを語り、「私の物語に男の子や恋なんていらない、マリラとジョセフィンおばさんは私のお手本よ」と言うアン。その言葉を聞いたマリラは自室に戻り、若きギルバートの父…ジョンからのラブレターを読み、涙を流します。

 

  場面は変わりアン、ルビー、ダイアナはパイを作っています。すると上階からジョセフィンおばさんがうるさいと不機嫌そうにやってきます。しかしおばさんは親友を亡くしたばかりで沈んでいます。アンはおばさんの悲しみを感じ、涙を流します。

  ギルバートにパイを届けようとするルビーとダイアナ、アンもしぶしぶついて行きます。3人はパイを渡しますが、アンはすぐに逃げてしまいます。

 

    「マリラは結婚したかった?」帰って来たアンはマリラにそう聞きました。「昔はしたかったけどできなかった」そう答えるマリラ。兄の死をきっかけに母が沈んでしまい、マリラが母の代わりをしなければならなくなり、結婚を諦めたとのことでした。

  

  街へ出ていたマシュー、彼はそこで自分の出荷した積荷の乗った船が沈んだ事を知ります。積荷には保険がかけられていないとのことでした。

  ギルバートがアンを馬鹿にするクラスメイトの男の子と喧嘩した後家へ帰ると、家の前にある墓標でマリラに合います。マリラはギルバートにジョンとの思い出を語ります。

 

  アンはギルバートに謝罪の手紙を書こうとしています。しかし筆が乗らず、ジョセフィンおばさんに教えを請うことにします。「結婚をしていないジョセフィンは私と同じだから」そう言うアンに対して、ジョセフィンはこう言います「私も私なりの結婚をしたのよ、彼女との人生は素晴らしかった。後悔しないように生きなさい」

  その言葉を聞いたアンはジョセフィンに感謝し、すぐにギルバートの家へ向かいました。しかし既にギルバートの家はもぬけの殻になっていました…

 

   やっぱりさっさと解決する問題。あっさりとダイアナとの親友復活。今回は死がテーマになっていました。そしてジョセフィンおばさんとの出会い。ジョセフィンおばさんはこれからもアンを勇気付ける存在になるのでしょうか?そして今話のタイトル、これすごい好きです。素敵じゃないですか?「後悔は人生の毒」すごくプラスになれる言葉ですね!