新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

最後が来るその前に出逢えたということ

f:id:shoindy:20170610114425j:image

 「エンド・オブ・ザ・ワールド」(原題 SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD) 主演 スティーブ・カレル

 

  「地球は後3週間で滅亡します。」ラジオから流れる冷たい音声、迫り来る小惑星の破壊に失敗した世界に残された道はただただ滅びを待つのみでした。男の名前はドッジ、保険会社に勤めていたごく普通の男です。妻は世界滅亡を知ると同時に何処かへ去り、孤独になったドッジは何をするわけでも無く今まで通りの生活を続けていました。ある日、ドッジの家の前で大泣きする女性がいました。彼女の名前はペニー、近所に住む女性です。なんでも、家族に会うために乗りたかった飛行機に乗り逃したとの事でした。

  翌日、ペニーはドッジにある手紙を渡します。それは家が近くだということもあり間違えてペニーの家に届いていたドッジ宛の手紙です。その手紙の中にはドッジがかつて愛した…そして今も思い続けている女性オリヴィエからのものも入っていました。世界が滅亡するその前にオリヴィエにまた会おうと、ドッジの、そして成り行きでついていくことになったペニーの旅が始まります。

 

  滅びゆく世界を舞台に繰り広げられる愛を描いた作品です。真面目なドッジはオリヴィエに会うため、自由奔放なペニーはドッジの知り合いの飛行機で家族の元へ連れていってもらうためというそれぞれの目的のために始まるこの旅の中で2人がどんどん親密になってゆきます。

 

  さて、ベッタベタな内容で話していきますよ。皆さんは、世界が滅亡すると知ったらどうしますか?もちろん、ノストラダムスのようなものでは無く小惑星のような確実性の高い滅亡ですよ。何割かは平静を保つために必死に今まで通りの生活を送るかもしれないですね。でもほとんどの人はやりたかった事を始めたりするんじゃないでしょうか?暴挙にでる人もいるかもしれないですよね…でもこれ書いてて思うんですけど、なんで滅亡が近づかないとやりたかった事をやらないんでしょうね?意味がわからん。映画だと3週間というタイムリミットがありましたけどもしかしたら1日もないかもしれないじゃないですか。なんなら、世界がその事を隠していたり、把握していなかったりして明日突然滅ぶ可能性もありますよね。そう考えると、めちゃくちゃ焦りますよね。でも、絶対焦った方が良いと思うんですよ。世界が滅ばないまでも明日死ぬかもしれないですしね。

  今作はそんな事を考えさせてくれます。僕も、今の仕事をずっと続ける気は無いですがなあなあで続けてもう2年目に突入しました。毎日"今日が最後かもしれない"と思って行動しないと本当、いつか後悔しそうです。