新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

愛は無敵なのよ

f:id:shoindy:20170625170009j:image

「ラスト・ウィーク・オブ・サマー」(原題 YOU GET ME) 主演ベラ・ソーン

 

  高校3年生のタイラーは人生最高の時を過ごしていました。カリフォルニアから転校してきたばかりの少女アリソンと相思相愛になり、割のいいバイトを見つけ、毎日が最高に楽しい日々でした。

  しかしあるパーティの夜のこと、タイラーは会場に来ていたアリソンの旧友から、カリフォルニアにいた頃のアリソンが遊び人だった事を聞かされます。嫉妬したタイラー、彼はついアリソンに強く当たってしまい、2人は破局してしまいます。そんな時パーティ会場で出会ったのはホリーという少女。タイラーはホリーと1日限りの関係を結びます。その後、タイラーはアリソンに真摯に謝りました。2人は喧嘩を乗り越えて、より親密になります。

  夏が明け、学校が始まりました。そこに現れたのはホリー。地元に帰る予定が留まることになり、転入してきたのでした。心がざわつくタイラー。ホリーによりが戻ったこと、夏の出来事を話して欲しくない事などを伝えます。しかしホリーは自分と本気では無かったことに怒り、「後悔させてやる」と呟きます。さらに都合の悪いことに、ホリーはどんどんアリソンと仲良くなってゆきます。はたして、ホリーの復讐の行き着く先は…

 

  Netflixオリジナル最新映画です。どう見ても高校生に見えない高校生が展開する男の浮気症から生まれた女の異常愛の物語です。なんとなーくこういう異常愛なんてのは日本の方が得意な印象があります。病み+デレの"ヤンデレ"なんて言葉もあるくらいですからね。そんなのも愛せる日本人すごい。英語版のヤンデレがあるのかは知りませんが。

 

  今作の見どころはやはりホリーの異常性。いや、正直、初めはタイラーにも非があると思ってたんですよ。別れてたとはいえ別れたその日にホリーと寝ておいてアリソンとヨリを戻せたから無かったことにだなんて都合が良いですしね。「許さない」なんて思うホリーの気持ちも分かるってもんです。でも、途中からホリーの心情は「許さない」じゃないんですよ、途中からは完全に「タイラーは私を愛しているのにアリソンが邪魔をしている」なんですよ。もう完全にホリーさんがアウトなんですよね。そしてそんなホリーさん。邪魔をする者への容赦のなさが尋常じゃないです。初めはまだ可愛らしいんですよ。「昔の恋人」と称してタイラーの体の写真をアリソンに見せたりね。しかしどんどんエスカレートしてゆくホリー。元々アリソンと仲の良かった少女リディアはあらゆるSNSにホリーの痕跡がない事を訝しみます。そんなリディアはホリーに渡されたドリンクでアレルギーを発症して入院することになります。ホリーは周囲から追い詰めるためタイラーの家に勝手に浸入します。そして最終的には…アリソンを縛り上げるまでになります。アリソンを盾に取って初めて出会った夜を再現させるところなんてマジで狂気です。