新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

今と未来を守るため、過去を変える

f:id:shoindy:20170702112401j:image

「ジャンプ」(原題 STASIS) 主演 アンナ・ハー

 

  2067年ー最後の世界大戦を機に約70億もの人類が死滅した世界ーそんな世界で生き残った数少ない人類は世界を変えるため"ジャンプ"という手段を取っていました。主人公は新たに"ジャンプ"を試みる反逆軍エージェント・シアトルという女性。シアトルは恋人のエージェント・ランサーも共にジャンプを行います。"ジャンプ"は意識だけを過去に飛ばし、過去に存在する死亡した人物の意識を乗っ取るというもの。シアトルは2017年に存在したエヴァという不良少女の意識を奪います。新たなエヴァとなるシアトル。一方で自らの死に気づかない元々のエヴァは霊体だけの存在となりシアトル…自分に付きまといます。

  しかし、2067年では陰謀団と呼ばれる軍も動き出していました。彼女達が過去に戻るのは陰謀団が力をつける前の時代で陰謀団を叩き、未来を変えるためでした。果たしてシアトルは未来を…彼女の"今"を変えられるのでしょうか。

 

 本国でも割と公開されて間もないのに関わらずNetflixで視聴可能なSF映画最新作。 北斗の拳な未来を変えるために2017年で奮闘する反逆軍を描きます。

  作品自体は重厚なSFというより、ティーン向け、女子向けのラブロマンスメインのSFという感じ。正直、普段からSFを見ている人からすれば満足は出来ないんじゃないでしょうか?というか、僕が満足出来なかったです。普段は映画のグッドポイントメインで感想を書かせていただいているんですが、今回ばかりはちょっと…気になるところが多すぎる!!

  まずそもそも、なぜ転送先が2017年なのか、2017年で反逆軍は何がしたいのか、よーわかりません。しかもラスト全然解決してないですしね、倒した敵もボスどころか幹部ですらない。しかも1人。その1人に2017年の反逆軍壊滅状態ですからね。状況が悪すぎる。しかも状況解決しない。これ続編やるんでしょうか?ある意味で続編が気になります。