新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

名作ゲームをNetflixで!「悪魔城ドラキュラーキャッスルヴァニアー」感想後編

f:id:shoindy:20170709095953j:image

 

第3話「魔物の迷宮」

第4話「石棺」

 

  トレバーは行方不明となった語り部を探してグレシットの地下墓地に足を踏み入れます。しかし床が崩れ落ち、地下深くまで落下してしまいます。そこにあったのは語り部の彫像。そして背後から石化光線を放つサイクロプスが現れます。なんとかサイクロプスを倒すと語り部の石化が溶けます。なんと行方不明の語り部は女性でした。彼女の名前はサイファ、トレバーはサイファを語り部達の元へ連れて行きます。

  トレバーは語り部に頼まれ、約束どおり彼らが街を出て行くまで語り部の近くにいる事にします。しかし1人で街を歩いていると武装した教会の人間に囲まれ、主教の元まで連行されます。主教はトレバーに日暮れまでに出て行くよう言いつけました。グレシットの主教は未だにリサ殺しを罪と感じておらず、悪魔が蔓延るのは語り部と、破門されたベルモンド家がいるからだと考えていました。語り部達は誤解されたままでは街を離れられないと約束を守ろうとしません。

  そして日が暮れました。教会の扇動により怒れる民衆となった市民が語り部の隠れ家に押し寄せます。隠れ家の中から出てきたのは…トレバーでした。トレバーは既に語り部達を地下墓地の奥深く、サイクロプスと出会った場所に連れて行きました。語り部の場所を聞き出そうとする教会の人間達。しかしトレバーは戦う覚悟をしていました。トレバーはベルモンドの紋章を背負い、教会の人間達を出しぬき街を走り抜けます。

 

  教会の演説台に1人たたずむ主教。彼の周りに集まるのはドラキュラが呼び寄せた悪魔達です。神の家である教会に悪魔が入った事に驚愕する主教。悪魔達は惨劇の原因が主教だと責めます。恐怖する主教、悪魔は慈悲もなく彼を喰らいます。

  一方トレバーもまた、民衆に取り囲まれていました。ジリジリと迫り来る民衆。しかし突如としてトレバーの周りに炎が舞い上がります。サイファでした。彼女は語り部であり、魔術師でもありました。トレバーは民衆の中から1人、教会の人間で民衆を煽り、罪なき市民に殺しを命じていた司祭を指名し、決闘を申し込みます。腰が引けてかかってこない司祭。トレバーの言葉で民は司祭の嘘を知り、司祭に襲い掛かります。

  トレバーは目を覚ました民衆に命じ、悪魔と戦う準備をします。彼は民衆にやってきた魔物たちの対処法を実践で教えます。しかし突如崩れる足場、トレバーとサイファが落ちてきたのは、サイクロプスの地下墓地よりさらに深い所でした。床はどんどんと崩れ、やがて小綺麗な部屋に辿り着きます。眼前には棺桶。2人が近寄ると、床の隠しスイッチが起動し、棺桶が開きます。棺桶の中から金髪長髪の男が目を覚まします。伝説の戦士の目覚めに喜ぶサイファ。しかしトレバーはそいつの正体を知っていました。そいつは…吸血鬼でした。この吸血鬼こそが全ての根源だと思っているトレバーと吸血鬼の戦いが始まります。勝負はほぼ相打ちでした、どちらかが動けばどちらも死ぬ…そんな状況の中、サイファは魔術で男を狙います。サイファが魔術師と知った男は「駒が揃った」と呟き、戦闘態勢を崩し、名乗ります。男の名はアドリアン・ツェペシュ、通称アルカード…ドラキュラの息子でした。彼は一年前、父ドラキュラを倒そうとして失敗し、眠りに就いていたのでした。伝説の戦士の伝説には全貌がありました。「伝説の戦士はハンターと魔術師とともに目覚める」こうして、3人はドラキュラの討伐に向かいます…

 

 

え?終わり?

 もうある意味超びっくりの「俺たちの戦いはこれからだぜ!」エンド、あまりにもあまりになので調べてみたらシーズン2が決定しているようで一安心。シーズン2は全8話構成だそうです。シーズン2の構想があったからこそシーズン1はドラキュラ退治まで至るまでのパーティ集めと動機付けに徹したんですね。その影響かシーズン1はガチ戦闘は少なめでしたね。サイクロプス戦とアルカード戦の2つかな?その他は戦闘力の低い一般人戦でしたからね。しかし人間が悪すぎる今作、シーズン2でドラキュラを倒すのであればそれはそれでモヤっとしますね。そこはどのように持っていくのでしょうか?

  そういえば、昨日前編の紹介後にYouTubeで「悪魔城ドラキュラ」のプレイ動画を見ました。しかしよく調べてみたら今作の元ネタは「悪魔城伝説」って作品なんですね、また見てみます。

 

  これにてシーズン1は終了ですが、今からシーズン2が非常に楽しみな出来栄えでした。公開はいつになるのでしょうか!忘れないうちに早く!