新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

2つの文化が交差する

f:id:shoindy:20170714115956j:image

「浮世絵ヒーローズ」(英題 Ukiyo-e heroes) 監督 時川徹

 

 日本を代表するカナダ人浮世絵職人とアメリカ人デザイナーがコラボ。日本のビデオゲームキャラクターから新しい浮世絵作品が誕生する過程に密着

Netflixより引用

 

  浮世絵ヒーローズ。皆さんはこの作品群を見たことがあるでしょうか?上記説明文をみてお分かりの通りゲームを題材とした浮世絵作品群の事なのですが、イメージして貰うより実際に見た方が良いでしょうからまず初めにその画像を見ていただきましょう。  

f:id:shoindy:20170714123533j:image

f:id:shoindy:20170714123547j:image

f:id:shoindy:20170714123606j:image 

 

   いかがでしょうか?一目でどの作品をデザインしたか分かるのに関わらずしっかりと浮世絵をしていますね。これらの作品は浮世絵"風"アートなどではなく、正真正銘の浮世絵そのものです。これを手がけているのがカナダ人浮世絵職人のデイビット・ブルとアメリカ人イラストレーターのジェド・ヘンリーの2人組。なんとゲームも浮世絵も日本の文化であるのに関わらず日本人の関与していない作品なのです。さらに言ってしまえば、デイビットは未だにゲーム機を触ったことがなく、ジェドもまた、浮世絵に触れ始めてから日が経っていません。しかしながら、反対にデイビット反対に浮世絵を愛し、過去の浮世絵職人の作品を尊敬し、長きに渡り浮世絵を学び続けおり、ジェドもまた幼い頃から日本のビデオゲームのデザインを愛し続けていました。1つのことを愛し続けた2人が交差したからこそ生まれた作品なのですね。

  そもそもですが、皆さんは浮世絵についてどこまでご存知でしょうか?正直僕はほとんど知らなかったです。そして、今作で浮世絵にのめり込むジェドと浮世絵に関わる色々な分野の職人の姿を見て知らなかったことを恥じました。しかし一方で恥じれて良かったとも感じます。この恥が文化に触れるきっかけになればそれは素晴らしい事だからです。さて、話は少し戻りますが浮世絵とは、主に江戸時代に発達した風俗画の事を指します。都市の歓楽境=浮世を題材にした事から浮世絵と呼ばれています。大量生産目的であったため版画であることも特徴です。版画である以上、何枚もの板を掘り重ねることで1つの絵が完成されます。そしてそんな技術で和紙に刷り込まれた浮世絵は200年以上経過した今でもしなやかな強さで現存し続けています。デイビットもまた、200年先の未来に残る作品を作ろうと奮起しています。

 

  大衆文化と伝統文化を融合させ、浮世絵の新時代を築いた2人に密着した本作。日本文化でありながらそれを築きたあげたのが日本人ではないことで、浮世絵のなんたるかを知るだけではなく、我々日本人が日本文化を守ろうと考えるきっかけにもなり得る作品であると感じました。