新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ミルドレッドの魔女学校 第2話感想

f:id:shoindy:20170724140341j:image

 

第2話「猫のトラ」

 

  仮入学ながらミルドレッドの魔女生活が始まりました。携帯が禁止だったり、なんと学年代表となったモード(成績が1番マシだった)と別の寮になってしまうなど上手くいかないこともある中、ミルドレッド達新入生には使い魔の仔猫が与えられる事になります。順番に使い魔を選んでゆきます。仮入学のミルドレッドは最後の1人でした。そこに居たのはトラ猫、みんな黒猫なのに自分だけトラ猫ということに落ち込みながらも、ミルドレッドはトラと名付け、可愛がることにします。一方エセルは魔女学校一の秀才の姉エスメラルダにライバル心を燃やし、妹と仲良くしたいエスメラルダとは上手くいっていない様子です。

 

  最初の授業が始まりました。はじめに習うのは使い魔との箒での飛行です。しかしトラが箒に乗ることを嫌がることもありミルドレッドは上手くいかず、玉突き事故を起こしてしまいます。ミルドレッドは週末の実技テストのため練習をすることにします。ミルドレッドはトラにヤミグロ(モードの猫)が綺麗に箒に乗っているのを見せてなんとか箒に乗せようとしますが上手くいきません。

 そんな時、ミルドレッドのへやになんとエセルが入ってきました。「入学して1週間で退学者を出したくない」そう言ってエセルはミルドレッドの箒にイワシの油を塗りました。魔女の知恵だそうです。

 

  翌朝、テストが始まりました。ミルドレッドは上手く飛ぶことができ、ギリギリ合格できました。次はモードの番、しかしモードの飛行中ヤミグロが暴れ、モードは落下してしまいます。怪しんだハードブルーム、彼女が解呪の魔法をかけると、ヤミグロがトラに、トラがヤミグロに変わりました。ミルドレッドが犯人と疑われ、インチキをした事に失望したカックル先生はミルドレッドに退学を言い渡します。

 

  夜、ミルドレッドは荷物をまとめています。最後にモードのところへ行き「魔女になるよりモードと友だちでいたい」と伝えました。見た目を変える呪文の難易度が高いこともあり犯人がミルドレッドじゃないと信じていたモード、彼女はエセルを疑います。そしてモードとミルドレッドはエセルの部屋に忍び込んで証拠を見つけ出す事にします。ミルドレッドはイワシの油が怪しいと睨みました。イワシの缶詰をモードの部屋に持ち帰りモードと一緒に油を舐めます。するとどうでしょう、ミルドレッドとモードが入れ替わりました。その時、タイミング悪くハードブルームがやってきました。

 

「ミルドレッド!貴方は外出禁止のはずでは?」

 

 ハードブルームはそう言ってミルドレッドの姿のモードをミルドレッドの部屋へ瞬間移動、さらに朝まで束縛魔法をかけてしまいます。

 

  一方トラはエセルの部屋で見つけたメモ帳をカックルの元へ届けていました。

 

 翌朝、ミルドレッド(モード)の元へやってくるハードブルーム。ミルドレッド(モード)を学校なら追い出そうとします。そこに現れたカックルがメモ帳を見てミルドレッド(モード)を助けてくれます。そしてカックルとハードブルームはメモ帳の筆記がエセルのものだと断定しました。

 

  校長室に呼び出されたエセル、ミルドレッド、モード。エスメラルダもやってきます。エセルは正直に罪を認め「ミルドレッドのためにやった」と証言しました。エスメラルダとミルドレッドの弁明によりエセルの退学は無しにされ、ミルドレッドの退学も取り消されました。

 

  改めて飛行テストを受ける事になったミルドレッド、彼女の姿をみて先生口々に呟きます。

 

「優雅…ではないわね」「でも確かに猫と飛んでる…」「ハードブルーム先生、認めましょう、ミルドレッドは賢いわ…」

 

唖然とする先生達の視線の先にはリュックを背負って大空を舞うミルドレッドとリュックから頭を出すトラの姿がありました。

 

  ミルドレッドの魔女学校第2話、ついに始まりました魔女としての生活。いきなりちょっかいをかけてくるエセル、彼女の「ミルドレッドのため」と言うのは真実かそれとも…

  そして箒の飛行訓練開始です。下に落ちてる箒に「飛べ!」と言うシーンはどうしてもポッター感が出てしまいますね。ついでに前回敵だったアガサが絵画に閉じ込められているのですが、それもまたポッター感でした。

  これから先魔法界のアイテムも次々出てくるのでしょう!楽しみですねぇ!お菓子早く!