新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ミルドレッドの魔女学校 第9話感想

f:id:shoindy:20170801184915j:image

 

第9話「魔法薬調合試合」

 

  カックル先生が生徒たちを集めてある発表を行いました。

 

  「ご存知の通り、我が校は魔法薬調合試合の現チャンピオンです。そして明日、我が校を舞台にペンタングル魔法学校との決勝戦が行われます。本校のうち2名が試合に臨むのです。」

 

  共学の魔法学校であるペンタングル魔法学校との試合、出場選手は例年名前順で決められています。前回の試合はGから始まる選手、今年はHです。選ばれたのはHがイニシャルの生徒はエセル・ハロウとミルドレッド・バブルでした。

 

  魔法が苦手なためイーニッドとモードと練習しようと考える、そこに現れたのはハードブルーム先生。いつになく燃え上がっているハードブルーム先生はエセルとミルドレッドに言い渡します。

「これからは休みも遊びもなし!特訓を始めます!!」

 こうして、エセルとミルドレッドの特訓が始まりました。

 

  一方学校には来訪者が。全身真っピンクのローブに身を包んだ魔女ピッパはペンタングルの先生。彼女は対戦相手のサファイアとザックを連れてきました。エセルは同学年の男子を前に珍しくドギマギしています。

  

  ミルドレッドはというと修行のためにトラを没収され落ち込み気味。トラを解放させるには猫としてしっかりネズミを退治させないといけません。イーニッドとモードはミルドレッドの悩みを解決するためトラに魔法をかけることにします。

  そんなことはつゆ知らず部屋で勉強するミルドレッドそこにピッパがやってきます。ハードブルームとの過去を語って聞かせるピッパ。彼女はトラを少しの間だけミルドレッドに返してあげて消えます。

 

  そして…魔法薬調合試合が開始しますー

 

エセルに任せて邪魔をしないよう言い含められるミルドレッド。エセルからも厳しく言われ、手出しができません。

  ラウンドが進む中、魔法に失敗したイーニッドとモードは試合も見ずに調理室でトラに変わりネズミを退治しようとしています。

    試合はやがて最終ラウンドに。男の子を気を取られたエセルの集中力がきれかけています。

  最終ラウンド開始前の休憩時間。またもやピッパがミルドレッドに話しかけにきます。魔法使いの家系じゃないことを知ったピッパは落ち飲むミルドレッドに甘い言葉を囁き、ペンタングルへ誘い込もうとしています。ピッパにベタ褒めされミルドレッドは喜びます。

 

  そしてついに始まる最終ラウンド。ペンタングルとカックルの両校は3vs3の同点です。最終ラウンド開始直前、ピッパがカックル先生に言いだします。

「カックル先生、ルールをお忘れでは?第6ラウンドに出た生徒は最終ラウンドには出られないのですよ。」

 

そのルールは正式なものでした。そのルールが意味するもの…それはミルドレッドの参戦です。もうもはや他人事レベルに達していたミルドレッドは驚きつつも試合を開始します。最終ラウンドのテーマは天気の魔法。ミルドレッドには無理だとエセルは落ち込みます。しかし、ミルドレッドは見ていました。夜、部屋でピッパがやってきたあの時。部屋で一人勉強していたあの時。偶然開いた本にトラがいた事で何気なく目を通したあの時。その時の魔法こそ…天気の魔法でした。

 

  少し頼りなさげでありながらも着実に魔法薬を調合するミルドレッド。そしてミルドレッドが手元の完成ランプを光らせます。

  その完成の早さにはカックルでさえ驚きました。恐る恐る魔法薬を口にするエセル。そしてミルドレッドが魔法を唱えます。

 

  シーン…ミルドレッドの呪文が虚しく響きます。皆が魔法の失敗を実感します。しかしその時…エセルの頭上に黒い雲が。やがて雲は膨れ上がれ、雷雲が立ちこめます。

  拍手が巻き起こる試合会場。エセルは嬉しいような悔しいような気持ちでいっぱいです。

 

  教室に戻ると友だちがミルドレッドの活躍を讃えてくれました。そこにやってきたバット先生の指示で、ミルドレッドはハードブルームを呼んでくることに。

 

  ハードブルームはピッパと一緒にいました。昔は仲の良かった2人。どうやらカックル先生の気遣いで話し合いの場を設けてくれたようです。元々親友だった2人が離れ離れになったのはハードブルームが人気者のピッパを気遣ったせいでした。互いの本音をさらけ出し、2人は抱き合います。

  そんな2人を見ちゃったのはミルドレッド。ミルドレッドはピッパの転校の話や奨学金の話を蹴って友情を取ることにします。

 

  もう1番ビリの魔女じゃない!調子に乗ったミルドレッドは魔法薬調合試合のトロフィーを棚に戻そうとして…割ってしまいます。エセルがずっと欲しかったトロフィー、きっとミルドレッドはまた1つ彼女に恨まれるのでしょう。

 

 

 ハードブルームの新たな一面を見る事が出来た今回のストーリー。ごめんなさい、正直ピッパはすげー悪どい女キャラだと思っていました。めっちゃいい人でしたね。そして何気初登場の"男の子"。ミルドレッド以外耐性が異常に低くドギマギキャーキャーしてたのが面白かったです。もっとイケメンで誰かが惚れちゃう展開ってのも面白そうですが思ったより子どもな感じの魔法使いでしたね。そして影も薄い。二、三個くらいしかセリフなかったですね。