新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ヒーローとして、愛される隣人として

f:id:shoindy:20170811143817j:image

 「スパイダーマン ホームカミング」(原題 Spider-Man: Homecoming) 主演 トム・ホランド

 

  華々しい活躍の裏には、破壊が伴うものだ。

  ニューヨーク。瓦礫に埋もれたスタークタワー周辺。そこに男たちが集まって街の復興に臨んでいる。少し前、人はエイリアンという超常的な存在を理解した、少し前、地球は自らに迫る危機を理解した……しかしエイリアンの侵略に抗った者たちがいた。彼らの名は"アベンジャーズ"、後にニューヨークの戦いと呼ばれるその争いは人々に勝利をもたらしたものの、同時に甚大な被害ももたらした。

  そんな街の復興に挑む男たちのボスの名前はエイドリアン・トゥームス。彼は人を雇い、トラックを買い、街の復興に力を注ぐことで収入源を手にした。しかし彼らの前に別の集団が現れ、トゥームス達にクビを言い渡した。彼らの名は"ダメージコントロール"、よりによって街を破壊した張本人の1人であるトニー・スタークが発足したチームにより、トゥームス達の収入源は絶たれたのだ。

  職を奪われたエイドリアンとその部下達、しかしエイドリアンには新たなアイデアがあった。エイリアン達のもたらした物質で武器を作り密売しよう…と。

 

  それから8年、クイーンズに住む少年の新たな旅立ちが始まろうとしていた。少年の名前はピーター・パーカー。スパイダーマンとしてシビル・ウォーに参加した後は憧れの"スタークさん"の呼び出しがかかるのを待ちながら街の平和を守る日々。ある日、いつものように人助けをしていると、ピーターはエイドリアンらの武器が使われた犯罪に出くわした。以来、エイドリアン…ヴァルチャーらを追い詰めようと奮闘するピーター、時に失敗し、時に落ち込み、それでも前を向き続け、ヒーローも青春も全力で挑むスパイダーマンの成長の旅が始まるのだ!

 

 MCU最新作大好きだぜスパイダーマン!です。トム・ホランド君がピーターを演じる3回目のスパイダーマンリブート作品、何度か語っている気もしますがオリジンやらなんやらを取っ払った作りになっています。

  今回のリブートでは結構思い切っており、上記オリジンの撤去だけじゃない目新しい要素がかなり詰まっています。例えば友人のネッドやミシェル。

f:id:shoindy:20170811162834j:image

 f:id:shoindy:20170811162844j:image

 

ネッドは実はコミックスにもいるらしいですし、ミシェルは実は◯◯なのでオリジナルキャラクターって訳ではないのですが、ピーターの友人がハリー・オズボーンじゃないのはやはり映画としては新鮮ですよね。ちなみにいじめっ子代表フラッシュ・トンプソンももちろん登場しますが今までの金髪でスポーツマンなイメージとは大きく異なります。

f:id:shoindy:20170811163424p:image

ちなみにスパイダーマンファンでも無くなってます。

  そして敵はヴァルチャーとショッカー、ヴァルチャーはMCUお得意のメカメカ大変身、ショッカーは…まぁちょい強い雑魚ポジです。ちなみに、マック・ガーガンの名前も出てきます。コミックスではスコーピオンですね。映画では敵Aみたいな。

 

  やっぱりこの世代

もしかしたら以前お伝えしたかもしれないし、していないかもしれないのですが、僕はティーンヒーローが大好きです。ヤング・アベンジャーズ、チャンピオンズ、ランナウェイズ、カマラ、ノヴァ(サム)…僕が好きになるヒーローやヒーローチームはティーンである事が多いです。突如身につけた能力に戸惑ったり、能力を過信したり。憧れのヒーローを目指しながら成長する一方で憧れのヒーローにちょっと失望したり…そんなティーン達の活躍を見るのが大好きなんです。そして本作はまさにそんな感じ!ヒーローとして頑張ってるけど時にから回って…でも学校も大切で…こんなに忙しいのに中々認めて貰えなくて…もう最高っすよ!スタークから貰ったスーツのせいでさらに調子に乗っちゃってる感じがまた良いです。

 

  大人を感じる作品でもある

   本作を通して強く感じたのは大人を大人らしく感じるというところ。具体手にはトゥームスとスタークなんですけれど、物語の写し方が上手いのか、ホランド君の子どもっぽさが良いのか、とにかく相手が"大人"で、こちらは守られる子どもであることを強く感じます。具体的にはスタークの説教シーンですね。

  一方でトゥームスから感じる大人っぽさは全体的な行動から感じます。いやー今回ヴァルチャーかっこいいんですよ、敵なのに。悔しいけど。なんていうんですかねー…例えば

 

工場跡地のような場所で対峙する場面。もうトゥームスの仲間は引き払ってトゥームス1人です。そんなトゥームスの元にピーターが現れるんですよ。そして動けないように片手を蜘蛛糸で捕まえる。

 

というシーンがあるんですけど、蜘蛛糸で片手を抑えられたトゥームスは外そうとするでもなし、脅したピーターに怒りを露わにするでもなしに、本当に、本当にめんどくさそうにピーターの相手をするんですよ。もううんざりって感じで。その演技がまた凄くて、わざとらしさが全く無いんです。マジで相手をするのがめんどくさそう。流石は元バットマン。演技すごい。

  トゥームスは油断も過信もしないキャラクターとして描かれており(ピーターに見られるまではFBIやアベンジャーズにもエイリアン武器の密売はバレてなかった)ピーターとの対比としても良かったですね。

 

  ちなみにトゥームスの正体が分かった時は妙に納得してしまいますよ。流石は僕らの不幸マグネットスパイダーマン!悩める姿はいつでも健在です。