新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

神が与えてくれた、大人になるための時間

f:id:shoindy:20170813103214j:image

「ネイキッド」(原題 NAKED) 主演 マーロン・ウェイアンズ

 

  高校の臨時教師ロブ、彼は生徒からも好かれ、正規雇用も持ちかけられる有能な先生である一方で縛られない人生を求める適当な男。そんなロブは超名医のガールフレンドメーガンとの結婚を前日に控えています。臨時教師と名医との格差により周囲には反対する人もいるけれど、そんなの愛しあう2人には関係のない事。そして結婚式の前夜祭、ロブは当日のために早く寝ることよりも酒を飲むことを選びます。

  翌朝、ロブが目を覚ますと…全裸でした。しかも知らないホテルのエレベーターに閉じ込められています。結婚式はもう始まっている時間。焦ったロブはなんとか結婚式会場を目指しますが道中逮捕されてしまいます。しかしその時!ロブの耳に鐘の音が鳴り響きます。

  目を覚ましたロブがいたのは…エレベーター。そして全裸。やがてロブは気がつきます。ループしている。そして何度も結婚式に挑むうちに痛感します。自分は足りないものだらけだったことに。ロブの結婚式はどうなるのか!?

 

 

  タイムリープモノでありながらコメディ映画というなかなかに珍しい気もする作品。毎回裸でスタート地点に戻るというおバカすぎるタイムリープでありながら、ストーリーは次第に引き込まれてゆく内容になっており、ラストの達成感と感動はじんわりと幸せな気持ちになります。

今作は何度も同じ日を繰り返す中で"結婚式に向かう"→"服を用意する"→"誓いの言葉を考える"といったように目的がシフトしてゆき、本来当日までに完璧にしておくべき準備を順番に達成してゆくというもの。これを見ているとロブの準備不足に…というか結婚という大切な儀式を如何に軽んじていたかがよく分かります。

  これ、今作の面白いところなんですけど、ロブもは上記の目標に愚直に挑むんじゃないんですよ。つまりどういう事かというと、ロブは何度も寄り道するのです。上記した"結婚を軽んじている"ってのを本人も感じたんでしょうね、途中"結婚とはなんなのか?""夫婦になるってどういう事なのか?"を知るためにそのタイムラインの結婚式を蹴って色々な人に話を聞くのです。…このタイムラインで確定したら大問題ですね笑

  しかしこの遠回りがあったからこそ、ロブは成長出来たのでしょう。その遠回りがあったからこそ、最後の成功に繋がっているのがよく分かるのです。人間関係も含めてね。

  

  そしてこの成長、これは今作の重要な要素でもあります。この作品はゆっくりとした成長を描くのが本当に上手い!ロブの顔だちや考え方が徐々に大人びてゆくのかすごく分かりやすく描かれています。だからこそ一緒に成長している気分になり、だからこそラストシーンが気持ちいいのです。Netflixオリジナルな変な作品が多いですが、王道なので見やすいですよ!