新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

正義の大怪盗ここにあり!

f:id:shoindy:20170814193552j:image

「ザ・セイント」(原題 The Saint) 主演アダム・レイナー

 

 スゴ腕の泥棒サイモン・テンプラー、聖人ー"ザ・セイント"と名乗る彼は正に義賊、盗んだ金品を世間のために寄付する大泥棒だ。彼はある日、銀行家の男ヴァルクロスに自身の娘の救出を依頼される。

  事の発端はこうだ。サウジアラビア大統領が市民の為に集めていた寄付金25億ドルがある男とヴァルクロスによって男の闇口座に送られた。しかしヴァルクロスはそれによって良心の呵責にさいなまれた。結果、ヴァルクロスは男を裏切り、男の金を奪った。怒った男はヴァルクロスの娘を誘拐し、ヴァルクロスに償わせようとしたのだ。

  こうして、テンプラーはヴァルクロスの娘を救い出すことになった。しかし彼の後ろには長年のライバルファーナック捜査官の影が…そして、最後に明かされる黒幕の男の正体に驚愕することに!

 

  テレビドラマ映画である本作、正義の泥棒テンプラーが美人の仕事仲間パトリシアと共に無実の少女の救出に挑みます…まあ、簡単に言ってしまうとぶっちゃけルパンです。

  義賊のストーリーというとルパンっぽくなってしまう物だから仕方がないのかなーと一瞬思ったんですが、これ制作サイド絶対ルパン好きだろってぐらいルパンなんですよね。ファーナックとテンプラーの関係性とか、ファーナックが目を離した隙にスタコラと逃げ去ってしまうテンプラーの姿とか…あとはあれですね、盗んだ後にカードを残していくってのも。ルパンを意識してんだろーなーって感じが溢れてます。まあ、テンプラーはイギリス紳士なのでプレイボーイって感じよりおしゃれでクールな感じですけどね。コミカルではないですし。

  

  泥棒が主人公の映画ではありますけどバレずに盗み去って警官ぐぬぬって展開は無く、アクションメインとなっています。まぁ仕方がないですね。ちなみにバレずに盗むのが成功するシーンはスリが町の女の子から盗んだ財布をスリ返して女の子に返した時くらいですね。後は大体見つかって乱闘になります。おい大泥棒。

  

  正直、この物語の見どころは敵の男の正体にあります。他は割と王道ですからね。この男の正体、かなーりギリギリまで明かされません。続編まで明かされないんじゃないかって思ってしまうくらいには明かされません。引っ張りまくりですよ。しかし明かされた時は、なるほどはは〜んって感じです。超衝撃!って感じではないですけど物語のほとんどをうまく詰め込んでいます!

 

  テレビドラマ映画とはいえ安っぽい作りなんかでは無く存分に楽しめる本作。雰囲気的には続編も作る気あるのかなって感じもします!