新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

彼らの命を狙うのは…ビーバー!?

f:id:shoindy:20170920195119j:image

「ゾンビーバー」(原題 ZOMBEAVERS) 主演コートニー・パーム

 

  全ては些細な出来事から始まった

医療廃棄物を運ぶトラック、ドライバー2人はくだらない話に夢中になっている。小さな油断、本当に些細な油断だった。しかし、トラックは正面にいるシカに激突してしまった。しかし問題はシカとの衝突事故じゃなかった。衝突事故によって川に落ちた医療廃棄物、これこそが悲劇を招く事になるのだ…

  若い娘3人組のメアリー、ジェン、ゾーイは田舎の湖畔にやってきている。メアリーのいとこの別荘で休日を過ごすためだ、やがてそれぞれのボーイフレンドのサム、トミー、バックもやってくる。

  そしてその夜、異変は始まった。まるで狂犬病にかかったような姿のビーバーが別荘に現れたのだ。幸い、ビーバーはバットで滅多打ちにされたおかげで誰も傷つかなかった。しかしそれは始まりに過ぎなかった。

 翌朝、湖で遊んでいると、バックがビーバーに襲われ、足を失った。狂犬病にかかったようなビーバーは大量に現れ、複数で若者隊に襲いかかる。はたして、彼らの運命は… 

 

  タイトルから醸し出されているB級感とバカ映画臭、ええ、その通りですとも。

  凶暴化したビーバー達に襲われる本作。ムダにエロくてグロい映画です。脅威がビーバーのせいでイマイチ危機感を感じにくく、さらにB級映画ならではの低予算感満載のゾンビーバー達は思わず笑っちゃう雑さですが、実は主人公達の危機レベルは結構高めだったりします。雑な部分は本当に雑で、ビーバーの習性を解説するシーンがあってもそれが活かされるシーンがなかったり、ビーバーに襲われているシーンも言ってしまえばアレですからね、ヨシヒコのコレ

f:id:shoindy:20170920212529p:image

の予算すごいバージョンですからね。雑やわぁ。

 

  一方で登場人物の危機レベル、これは上気した通り非常に高い。登場人物の命の軽さが尋常じゃないです。主人公補正の少なさよ。全部で6人のメンバーですが、どんどん退場してゆくのです。ここまでばんばんリタイアしていくと、誰が最後に生還するのか、非常に気になってしまいます。まあ、オチに関してはある意味超衝撃、ある意味"ヤラレタ!"って感じなんですけどね。