新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

財布は空でも、彼らは満ち足りていた

f:id:shoindy:20171006181943j:image

「殿、利息でござる!」主演 阿部サダヲ

 

 時は1766年、仙台藩の宿場町吉岡宿。この町はひどく困窮していた。理由は吉岡宿に課せられた役目"伝馬役"だった。

  伝馬役は宿場町間の物資の伝達を行う役目、それだけでは大したことが無いように思えるが、この役目にかかる費用は全て吉岡宿の住人が担っていたのだ。

  そんな痩せ細った吉岡宿をなんとかしたい、そう心から思う人物が吉岡宿にいた。彼の名前は穀田屋十三郎、酒造屋の主であった。しかし穀田屋にはなんのアイデアも無かった、彼に出来ることはただ馬鹿正直に代官に訴えることだけだった。

  そんな穀田屋の訴えを止めた者がいた。ただ訴えても殺されるだけだ、と。彼の名前は菅原屋篤平次、茶師の彼は吉岡宿きってのアイデアマンでもあった。穀田屋は菅原屋に助けを求めた。菅原屋はそこで奇想天外なアイデアを言い放った。お上に金を貸し、利息を得ようと。

  もちろん菅原屋は本気で言ったわけでは無かった、しかし穀田屋は本気にした、穀田屋は仲間と共に一千両集めようと奮起しだしたのだ。家財を売り、銭を集める。やがて、穀田屋の案に乗っかるものが現れ始める。初めは名誉や大きな顔をするために集まった者たちだが、彼らもやがて町のためにと行動を起こすようになる、果たして町の運命は…

 

 

   去年公開した歴史映画「殿、利息でござる!」タイトルから分かる通り、血生臭いシーンなどはなく、割とコミカルで観やすい作品です。しかも史実を元にしているらしいですよ。実は、去年の僕は松竹のMOVIXを利用する機会が多く(最近はTOHOばっかりですが)、それ故ちょいちょい予告で目にしていた作品だったりします。

  作中で吉岡宿の人々が目指した千両とは現在ではなんと3億円、吉岡宿の人々は3億円をお上に貸し出すことによって毎年1割…3千万円を利息として受け取り、それを吉岡宿の人々に振り分けることで町の救済を図りました。この作戦で手に入る利息は全て町の人々に振り分けられるため、利益が度外視なんてもんじゃ無いレベルで存在しません。それでも、穀田屋十三郎を初めとする数人の人間たちが自らの財産を…時には自身の店を潰してまで出資したというのが凄い。というか彼らの懐の深さと温かさが凄いです。普通出来ますか?自分にはなんの得にもならないんですよ?自分の全てを失うほどの大金を払っても何にもならないんですよ?しかも、しかもです、彼らの中には取り決めがあって"自分が出資していることを口外する事を禁じている"のです。それどころか態度に出すことも許されていないんです。だから本当に想いだけが彼らを動かしていたんですよ!

  なんか、直接的では無くても自分たちの先祖にそんな想いで行動した人がいたって凄いですよね。自分の先祖とは(多分)なんにも関係が無いでしょうが、それでも誇らしい気持ちになれます。