新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ストレンジャー・シングス シーズン2 第3話感想

f:id:shoindy:20171029105937j:image

 

第3話「未知なる生物」

 

  ダスティンはゴミ箱で見つけた謎の生物を水槽に入れる。出てきたのは四足のある深海生物のような奇妙な生き物だった。ダスティンは小さな生物にダルタニアンと名付ける。

 

  時は戻って少し前、マイクの家に居られなくなったエルにこっそり食べ物を与えてくれて居たのはジムだった。それを知ったことで、ジムとエルの奇妙な生活が始まったのだ。ジムはエルを祖父の住んで居た家に連れて行き、家として提供した。そしてその生活は今も続いている。2人の間にあるルール①カーテンを開けない。②秘密のノック③勝手に外出しない…しかし今、エルはひとり外出してしまった。目指す先は、学校だ。

 

  一方スティーブとナンシーの関係もギクシャクしていた。ナンシーはパーティの夜を覚えておらず、スティーブが送ってくれたと思ってくれたのだ。スティーブは未だ、ナンシーのパーティでの失言に怒りを露わにしていた。ナンシーはジョナサンに事実確認をした後何かに閃き、ジョナサンを誘う。

 

  ダスティンに収集をかけられた悪ガキ+マックス。ダスティンは皆にダルタニアン…ダートを紹介する。しかしダートはウィルの不安をかきたてた。ダートの声は、姿は裏側を思い出すきっかけになった。ウィルはマイクに相談し、ダートを始末すべきだという結論になる。もちろん反対するのはダスティンだ。巻き起こる口論の中、4人はいつの間にか大きくなっていたダートを逃してしまう。

 

  ジムはカボチャ事件の被害範囲から、中心地がホーキンス研究所である事を突き止めていた。しかしホーキンス研究所の職員は取り合ってくれない。一応検査してくれることになったが、カボチャ畑にいるジムの元に"超能力を使う少女"の目撃情報が飛び込んでくる。

 

  一方ジョイスは、"ウィルがハロウィンで虐められていた"という話を聞きマイクに渡していたビデオカメラのカセットを再生する。確かにそこにはウィルを"ゾンビ小僧"と嘲る姿があった。しかしそれよりも奇妙なものがそこには映っていた。粗く乱れるビデオの映像、その嵐の部分は、間違いなく触手のようにうねっていた。ウィルが描いた裏側世界の絵のように…

 

  ナンシーはジョナサンを連れて自宅へ帰っていた。そしてバーバラの母に電話をかけ、真実を話す事を伝える。しかしホーキンス研究所はその声をも盗聴していた。

 

  子どもたちが校舎内でダートを探しているその時、エルもまた校舎にたどり着いていた。マイクが校舎内を探し回っていると、マックスと出くわす。マックスを嫌うマイクに対し、マックスは認めてもらおうとスケボーを披露する。しかしちょうどその時、エルもまたマイクを見つけていた。"知らない少女とマイクが一緒にいる"思わず力でマックスを転ばすエル。マイクはエルの気配に気づくも、そこには姿はなかった。

  ダートを見つけたのはウィルだった。しかしウィルは再び裏側に囚われてしまう。思わずその場を逃げ出すウィル。その間にダスティンがダートを見つけ出し、ダートを隠してしまう。一方裏側のウィルはボブの助言に従って巨大な生き物に立ち向かった"消え去れ!消え去れ!"叫ぶウィルの体は、どんどんと巨大な生き物の放つ霧に包まれて行く…

 

 

 マイクとエル…邂逅ならず!うーん焦らす焦らす。ベタな勘違いなのにねぇ。そして新キャラクターダート。いやーやばい、どんどんデカくなってるし放っておいたら大変なことになるのは目に見えています。また、ウィルの裏側ですが、作中では今までウィルはフラッシュバックを見ているという扱いだったものの、今回でフラッシュバックではなく裏側の現在を見ているのではという十中八九正解の仮説が登場しました。多分ジョイスもビデオで気づいた。