新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

パニッシャー 第2話感想

f:id:shoindy:20171118112014j:image

 

第2話「死んだはずの男が2人」

 

 フランクが小さな店で食事を摂っていると、電話が鳴り響いた。店員が言うにはフランクにかけてきているらしい。

「ありえない」

そう思いつつも電話に出ると、電話の相手は間違いなく"フランク・キャッスル"に電話をかけてきていた。"ピート・カスティリオーネ"ではなく、死んだはずのフランクに。

  マイクロと名乗った男はフランクの自宅にあるディスクを置いて行っていた、そのディスクは現在フランクの手元にある。

  フランクは明らかに危険な男マイクロを探すが、店が見える近隣の建物の屋上に既に人影はなく、代わりに鏡とライトが置いてあった。マイクロはフランクのいた店の屋上から鏡を使って見ていたのだ。そしてマイクロはからかうように姿を消した…

 

  マイクロの残したディスクには拷問され、殺害される男の映像が記録されていた。フランクはカーティスに相談を持ちかける事にした。

  マイクロはフランクに「答えを持っている」とメッセージを残していた。そしてフランクは彼が海兵隊のスクノーヴァを殺害した時に残した言葉

  「マリア(妻)と子どもたちが殺された背景にはカンダハールでした事と関係がある」

がマイクロの言う"答え"と何か関係があるのではと考えていた。何故なら映像に拷問をしていた男のうちの1人はフランクなのだから…

 

   マダニはビリーという男への接触を試みる、彼は元々フランクらと同じ部隊にいた。上司のウォルフにはニューヨークで訓練をするという事にして騙す事に成功する。訓練所へはウォルフが付いてきてしまったが、マダニはビリーと会う約束を取り付ける。

 

  記者のカレン・ペイジが歩いていると、物乞いが声をかけてきた。カレンは優しくも男に金を渡す。その場を立ち去ろうとすると男が一言

「ありがとう、カレン」

物乞いに扮していたのはフランクだった。フランクはかつて自身を調べていたカレンにマイクロ探しの手伝いを依頼する。

 

  カレンがマイクロの情報を集めている間、当のマイクロは自身の家族の映像を監視カメラを通して見ていた。彼もまた、フランクと同じゴースト…死んだ身なのだ、家族の元へは戻れ無い。

 

  カレンは見事にマイクロの正体を突き詰めた。デビッド・リーバーマン、既に射殺されているはずの男だ。実はマイクロは過去にカレンの新聞社にネタを持ち込んでいた。しかしそのネタは証拠がなく、また、ウォルフが掲載を取りやめるよう頼んできたため、ウォルフに恩を売るためにも掲載はされなかったネタだった。

  

  フランクはマイクロを調べるためにも彼の家族への接触を試みた。ワザと車にぶつかり、家へ招くよう誘導する。焦ったのはカメラを見ていたマイクロだ、すぐに家へ向かい、目を光らせる。しかしフランクが怪しい行動をする素振りは見せないので、マイクロは拠点に戻り、フランクの動きを再度見直す事にした。

 

  ある夜、ウォルフの家に覆面姿の男が現れ、襲撃した。男の目的はリーバーマン…マイクロの情報だ。男はウォルフを縛り上げていたが、やがて縄を解かれ、状況が逆転する。覆面の男はフランクだった。ウォルフはフランクに銃をつきつけながら真実の一部を語って聞かせた。「フランクを殺すため、注意を逸らすためにフランクの家族を殺した」

フランクは怒り、ウォルフを殺害する。

 

 フランクとマイクロの立場は完全に逆転した。素性を知られた今、フランクが圧倒的に有利だ。もう歩く癖を認識して見つけるシステムも効き目がない。やがてマイクロはマイクロの…デビッドの墓の前でカーティスに出会う。しかしフランクは現れない。これこそがフランクの作戦だった。フランクはマイクロの車に忍び込み、マイクロの拠点へと入り込む。

 

 

 第2話、カレン登場です。まぁ旧シリーズで出そうなのはカレンくらいですしね。そして展開がはっやい。もうウォルフ死んだよ。嘘だろおい。マイクロもあっさり正体&拠点がばれましたし。まぁフランクが有能だからでしょうが…あまりにも展開が早いので、最終的に誰が敵になるのかマジで分かんないですね。あ、あとついにフランクがヒゲモジャボサボサおじさんからボウズでいつものフランクになりました!キャップ、見習おう。