新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

パニッシャー 第12話感想

f:id:shoindy:20171206174658j:image

 

第12話「家」

 

  カメラの前でマダニの質問に答えるフランク、マイクロ。フランクはケルベロス作戦について語る。今まで語られていなかった部分を含め、全て。拷問シーンで引き金を引いたのが誰であるのかも含めて語った。引き金を引いたのは自分だと、語った。

 

 

  波止場で何かを待つフランクとマイクロ。やがて2人の元に車が近づいてくる。車からはザックとサラ、そして何人かの兵士がいた。マイクロの姿を見て驚くサラとザックに兵士がガソリンを振りまく。

 フランクの携帯が鳴り響く。ビリーからだ。離れたところからフランクを狙っているビリーがフランクとマイクロに車に乗るよう指示を出す。どうやら2人の小細工が効いたお陰でビリーは2人を殺せないようだ。

  自らとサラ、ザックを交換し、2人が車に乗ろうとしたその時、マダニら保証省が雪崩れ込んできた。銃撃戦の最中、マダニはザックとサラを保護した。しかしフランクは車に乗せられ、マイクロは…銃弾が彼を貫いていた。泣き叫ぶサラ、ビリーはマイクロを諦め、彼を放置してその場を去る。

 

  「なぜマダニがいた?」

 目を覚ますとそこはマイクロの拠点だった。ビリーはマダニとの繋がりを話さないフランクにパソコンのログイン方法…小細工を回避する方法を聞き出そうとする。そう、2人の小細工とは、かつてマイクロがフランクに行った行動。カンダハールの一件を、マイクロのパソコンから流出させるというものだ。だからビリーはここにフランクを連れてきた。また、ここでマイクロが撃たれたことも聞かされた。

  「お前が娘や妻、息子を殺したのか?」

フランクが尋ねる。しかしそれはビリーでは無かった。ビリーは当時、フランクの家族を殺す作戦を断ったのだ…しかしそういった作戦があったことは知っていた。

  やがて、ログインパスワードを話さないフランクの前にオレンジ…ウィリアムが現れる。

  ウィリアムの拷問が始まる…

 

  死体袋に詰められていたマイクロが目を覚ました。服の下には防弾チョッキと血のり…全てはマイクロの作戦だったのだ。マイクロはマダニに案内され、家族に再開する。リーバーマン家の欠けたピースが揃った。

  そこにマダニがやってくる。実は、本来ならば、フランクが体につけた発信機でマダラらも後を追う作戦だった、しかしフランクとマイクロはそれを欺いたのだ。

 

  拷問を受け息も絶え絶えのフランク。フランクはパソコンのログインには自分の網膜と右手が必要だと白状した。パソコンの前に座り、網膜を読ませるフランク。しかし、フランクはまだ諦めていなかった。机の下に忍ばせていたガラスの破片でウィリアムの胸を突き刺す。

    取り押さえられたフランクはより酷くウィリアムから拷問を受けることになった。フランクの網膜を読むことで発動した処理もビリーの部下に止められる。

  しかし、まだ負けでは無かった。マイクロは家族が眠っている隙にマダニの元へ向かう。マイクロがマダニのパソコンを操作し、拠点の監視カメラを起動させる。何故場所がわかるのか、解除するには拠点に行くしか無いからだ。

  さらに敵陣も不穏な空気が漂い始める。あまりにしつこくフランクを痛めつけるウィリアムを、ビリーが止めたのだ。楽に殺すという約束 を破りはしない。しかしウィリアムはビリーを手先と、道具と揶揄し、ビリーを馬鹿にした。ビリーはウィリアムの目を盗み、フランクの拘束を解いた。

  ウィリアムはまだまだ痛めつけようと、フランクにアドレナリンを注射し、フランクを再度目覚めさせる。そして近づいてきたウィリアムに、渾身の一撃を放った。自らに突き刺されたナイフを抜き取り、ウィリアムの喉を突き刺す。フランクの怒りの前に、ウィリアムは死亡した。

  その場に倒れこむフランク、ビリーは逃げおおせたのか?そうはいかない。タイミングを見計らっていた保証省が突入したのだ。マイクロが虫の息のフランクに駆け寄る。

 

 

  次回最終回!!最終話目前に更新を止めてしまい申し訳無い…最終回はしっかり明日更新しますよ!これやってアメコミ記事書いたら当分は普通の映画記事に戻るかなー

っと、今回の感想ですね。ぐろい!ウィリアム戦やっばい、目ん玉プッシュヤバイ。

  そしてリーバーマン関係は色々素晴らしい。やっと家族が揃っただけでなく、マイクロとフランクの関係が素晴らしい。

  次回はビリー戦なのかエピローグなのか、ビリーはここでは終わらなそうですけどジグソウになるのかしら。