新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ブラックライトニング 第5話感想

f:id:shoindy:20180221175413j:image

 

第5話「悪魔の流行病:グリーンライト」

 

  グリーンライトが当たらな力、飛行能力を使ってパトロールをしていると異常な様子の青年に出くわした。青年は間違いなくグリーンライトの影響を受けていた。町の汚染は進む一方だ。

  ギャンビの店にはトビアスがやってきていた。トビアスとギャンビはかつてら何らかの取引をしたようで、ギャンビはトビアスの来店を快く思っていないようだ。トビアスはギャンビとブラックライトニングの関わりを知らないようで、単純に情報収集能力の高さを買ってブラックライトニングの正体を聞きにきたようだ。ギャンビは知らないと貫き通すだけだが。

 

  アニッサは自室で特殊能力について調べていた。行き着いたのはある男の暴露動画だった。男が言うには、昔、フリーランド新聞の取り上げたワクチンの特集記事が編集長のポーによって中止されたことがあったらしい。そのワクチンが特殊能力を引き出す可能性があったからだ。そしてその記事を書いた男の名前は…アルヴィン・ピアースといった…アニッサの祖父だった。そしてアルヴィンはその出来事の一週間後に原因不明の死を遂げていた。

 

  ブラックライトニングはある倉庫に訪れていた。グリーンライトの薬品が保管されている場所だった。そこにいる男を問いただすと、依頼者の名前はジョーイ・トレドということが分かった。ジョーイ・トレド…ピアースはこの名前をよく知っていた。何せ父を殺した男、トビアスの手下なのだから。ピアースはジョーイの存在から、トビアスが再び暗躍している事を察する。しかし行動に移ろうとしたその時、ピアースは倒れてしまった。

 

  脳卒中などの症状ではない。しかしピアースの身体は間違いなく何かに侵食されていた。程なくして目覚めることは出来たが、リンに原因がわかるまでの間の活動を止めるように言われてしまう。そのため、ピアースは正体を隠し、警察にヒントを与え、ジョーイを代わりに探させる。

   

  アニッサは独自に調査を進めていた。しかし父も、ポーもワクチンの話になると途端に口をつぐんだ。それでも諦めなかったアニッサはポーに付きまとい、遂にしヒントを手に入れた。アルヴィンの残した資料だ。ポーに真実を知ることの危険性を知らされながらも、アニッサの歩みは止まらない。

  アニッサは資料の中にあったアンヴィル保管施設へ潜入を開始する。

 

  トビアスと姉のトーリはある男の元へ訪れていた。男の名前はエルドリッジ…2人の父親だ。幼く病弱で、アルビノのトビアスに軟弱だと罵っていた父に、トビアスは復讐を完了した。

 

  ブラックライトニングはトレドを見つけ出す。即座にパンチと電撃をお見舞いする。しかし再び発作が起きてしまい、思うように体が動かない。

 

 ブララ、 最新話です。アニッサ編がかなり面白くなってきました。アニッサが真実を知ろうとすれば消そうとするものが現れると言いますがどうなんでしょう、普通にトビアスなのか、トビアスに指示を出しているマダム・イブなのか…ちなみに、アンヴィルの潜入を始めたところからアニッサはヒーローコスになっています。まだ、黄色いアレではなく

f:id:shoindy:20180221192946j:image

そこらの店で買ったヒーローっぽい服ですけどね。あんなの売ってねーよ

 

 

また、ピアースの父を殺したのもトビアスと判明、つまりピアースの父がピアースの代わりに死んだから、ブラックライトニングは死んだと思われていたって事ですかね?