新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

鶏が先か、卵が先か。

f:id:shoindy:20180614133311j:image

 

「プリディスティネーション」(原題 PREDESTINATION) 主演 イーサン・ホーク

 

  1970年、フィズル・ボマーという謎の連続爆弾魔に怯えるニューヨーク。バーにいる男ジョンがバーテンダーと話している。物書きのジョンが、過去を語っている。

  ジョンはかつて、ジェーンという女性だった。孤児院で育ったジェーンは変人扱いを受けながらも、宇宙への憧れを抱き、知力も体力も持つ女性へと育った。しかしそこからが彼女の壮絶な人生の始まりだった。ジェーンは喧嘩が原因で、宇宙への道を閉ざされた。恋に落ちた事があったが、相手の男は忽然と姿を消した。やがて妊娠してしまい、エリートの道も閉ざされた。そして、しまいには娘を謎の男に誘拐され、とある事情により女性としても生きていけなくなった。

  

  そんなジェーンの過去を聞いて、バーテンダーがある提案をする。

"男を差し出してやろう。殺してもお咎めも無しだ。だが、任務が完了したら、俺を継いでもらう"

  バーテンダーの正体は航時局に属する、時間を超えて犯罪を阻止する集団の一員だったのだ。そうして、ジョンがジェーンであった頃に飛んだバーテンダーとジョン。2人の奇妙な人生の結末とは…

 

  時間を超えて犯罪を阻止する…というなんともチープなテーマの割にかなり重厚で考え抜かれたストーリーを描いている本作「プリディスティネーション」、予想通りの部分もあれば、全くの予想外の部分も存在し、伏線ものやサスペンスが好きな方には必見の作品となっています。僕が読めてしまった部分もあったので、もしかしたらタイムトラベルモノの好きな方々の中にも「あぁ、だろうね」ってなってしまう部分もあるかもしれませんが(ジェーンが恋に落ちた相手とか)、一方でタイムトラベル好きだからこそ、その固定観念を上手く駆使して騙してくる場面も存在します。

  正直、今回タイトル悩んだんですよね…考えられちゃうとネタバレになっちゃうんですよ。でもまぁ、この言葉も作中にも出てますし、4年前の作品なのでセーフってことで。

 

  うーん、それにしても、なんというか超絶不道徳というか、もはやジョン、ジェーン、バーテンダー人しての道を踏み外していますよね。男性器がチラッと映るシーンがあるからR15指定なのかなと思いつつも、そもそもこいつらがR指定なのかもとも思ったり思わなかったり…

 

  正直、爆弾魔の被害場面をもうちょっと見たかった気もしますが、ジェーンの過去の奇妙さ、不気味さがかなりオリジナリティ溢れており、かつ全体の完成度も高かったので大満足の一本です。