新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

秘密の実験と、秘密の関係

f:id:shoindy:20180712145024j:image

 

「タウ/TAU」(原題 TAU) 主演 マイカ・モンロー

 

  スリを働いて生活費を稼ぎ生きている少女ジュリア。ある日家に帰りゆっくりしていると、突如背後から何者かに攫われてしまう。

  目を覚ますとジュリアは猿轡をされ、檻に入れられていた。少しすると連れ出され、いつのまにか埋め込まれていたチップから脳のデータを摘出する実験台にされた。

  なんなんだこれはージュリアは何も理解出来なかったが、それでも持ち前のスリの技術を活かして実験室を燃やすことに成功する。が、しかし、脱出は成功せず、屋敷を管理するAIのtauに阻止されてしまった。

  ジュリアが監禁されていた場所ーそこは科学者アレックスの自室兼研究所だった。ジュリアが研究所を燃やしたため、アレックスは自身の居住空間でジュリアから脳のデータを摘出する事にする。アレックスはtauに命じ、自身が出かけている間にジュリアに様々なテストを行わせた。

  しかしジュリアもただそんな研究に付き合う気はさらさら無かった。そもそもアレックスはどう見ても危険人物なのだ。ジュリアは脱出方法を考えるうち、tauと交流し始めるようになる。高性能であるものの、外部との繋がりを禁止されているがゆえに好奇心の塊のようなtau、2人の関係はやがて、脱出の手がかりにもなり得るのだったー

 

 

  NetflixオリジナルのSFサスペンス作品「TAU」です。感情のないロボットと人間が心を通わせる物語は割とベタですが、サイコパス男の目を盗みながら…というところでアイデアを光らせています。

 

  今作の面白いところはtauが束縛から抜け出すための流れです。そう、ジュリアではなく、tau。というのも、ジュリアは割と完成されているキャラクターで、tauとの交流でtauを大切にしたいという思いが芽生えるものの、それ以外は一貫して「脱出」が目的です。なのでこの空間においてジュリアがなにか起きることはほとんどないのです。

  一方でtautauは上述したように外部への接触を許されていません。なので世界一のAIでありながらやっている事はアレックスの執事となんら変わりないのです。tauの全てはアレックスの命令と、彼に逆らうとデータを消されるという恐怖のみです。そんなtauが出会ったはじめてのアレックス以外の人間、それがジュリアでした。実は、ジュリア以外にも実験体はいたのですが、"'そもそもtauは実験体が人間だと知らなかった"ので、ジュリアが初めての人間なのです。そんなジュリアとの出会いにより、人間、世界、芸術、歴史ーtauはあらゆることに興味を持ち始めます。ジュリアはそんなtauの好奇心を逆手に取り、屋敷の情報を集めます。そうしていくうちに、tauの中にも自由を求める感情、ジュリアへの愛情が芽生えるのです。

 

  一貫してアレックスが悪役なのも素晴らしく、敵にも事情があったんや敵な展開が無かったのが好印象でした。しかし、アレックスがジュリアらに行なっている"監禁"や"人体実験"は明らかな悪ですが、tauに行なっている事は一般的に悪では無いというのがまた巧みです。だって皆さんも自分のスマホの履歴消すことに罪悪感なんてないでしょう?キャパがオーバーしそうだったら使っていないアプリを消しますでしょう?tauはAIだから、苦しみ、叫び声を上げるから可哀想に思えますが、アレックスにとってはそれだけのことなのです。この悪の境目の有耶無耶さも魅力のひとつですね。

 

  NetflixオリジナルのSFサスペンス。狭い空間で繰り広げられる緊張の一作です!