新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

ミルドレッドの魔女学校 シーズン2 第9話感想

f:id:shoindy:20180822130732j:image

 

2-9「ソフトブルーム先生」

 

 異常な早さで起こされる生徒たち。なんでも、今日は不在のカックルに代わってハードブルームが校長代理らしい。そのため、ハードブルーム的時間割なのだ。

 ミルドレッドはカックル不在の真相を突き止めるため、職員会議に聞き耳をたてる。

  扉の奥から聞こえてきたのは、カックルが長老に聞き取り訊問で呼び出されたという事だった。最悪校長を辞めさせられるかもしれない。聞き取り審問と同時進行で校内の調査が行われるという事らしいが、残念ながらミルドレッドが聞き取れたのはカックル不在の理由だけだった。視察には"学校を破壊するもの"ドゥームストンが来るらしい。

 

  ミルドレッドはすぐに解決の為、訊問へ向かおうと決意した。バット先生が眠った隙にイーニッド、モードと共に学校を抜け出す。

  ハードブルームは慌てふためいていた。魔法薬の授業を任せたバット先生は消えてしまった。とりあえず、ドゥームストンには優秀なエセルを見せてやり過ごしたいが、他がどうにもならない。思わず失敗を重ねてしまったシビルにもキツく当たってしまう。

  「HBはちょっと厳しすぎだよ…」

見兼ねたビーとクラリスは"性格向上の魔法薬"を作り始める。変色の薬(課題薬)のフリをして性格向上の薬を飲ませる。

 

  「火事、校舎の倒壊、生徒の1人が魔力を失った…」

 カックルの尋問が始まる。近くではこっそりと3人も覗いている。

  ハロウ夫人の手には、保護者の80%がサインしたというカックル辞任の嘆願書があった。

 カックルは事態を受け入れ…学校の閉鎖だけは辞めてくれと、懇願した。

 

  ドリル先生とエセルがハードブルームの元へ向かうと…ハードブルームは陽気な性格になっていた。仕事なんてどうでもいいって具合だ。ドゥームストンも来たというのにこれはまずい…

  エセルがドゥームストンの気をそらしている間に、魔法解除をしなければ。

 

 「待って!」

  ミルドレッド、モード、イーニッドが尋問会へ押し入った。

「校長先生の行ってきたことは、全て生徒たちのためを思ってのことです。私も受け入れてくれた。危険を冒すこともありますが、それは生徒を守るため、自らを危険に冒すのです」

  

  エセルはもう限界だった。

いつまでも校内に入らないことにドゥームストンはイライラし始め、やがて魔法薬室に押し入った。

  そこには完成したばかりの解除薬を飲ませようとする新入生とドリル先生の姿があった。

「何をしているのですか!」

尋ねるドゥームストン

「授業を…楽しんでいますわ!」

ハードブルームは未だに浮かれている。

怒ったドゥームストンはその足でハードブルームに近づいた…が、魔法薬を作っている最中にシビルが零したカエル粘液を踏み、滑ってカエル粘液の鍋に頭を突っ込んでしまった。

怒りをあらわにするドゥームストン。声を荒げ、こう言った。

「この学校は…閉鎖ですっ!」

 

  尋問会は終了した。一応、ミルドレッドの話も聞き入れてもらえた。さて、結果は…

 

 

  「まだ見せたいものが!」

「私の成績を見てください!」

先生方やエセルがなんとかドゥームストンを引き止めようとしている。ドゥームストンは喉にカエルが詰まったようで苦しそうにしている。背中を叩きドゥームストンを助けるエセル。カエルは出てきたものの、まだ咳き込んでいるドゥームストンに浮かれたハードブルームが一言

「はい、これ飲んで」

水と思ってドゥームストンが飲んだものは…残った性格向上薬だった。

  そして自分も解除薬を一口。

 

  以降の視察はトントン拍子だった。なんせドゥームストンがご機嫌だったのだ。学校も存続して良いと報告したようだ。エセルは自分が学校を救ったと浮かれている。

 

 

  生徒たちが集められた。カックルが入ってくる。尋問の結果が出たようだ。

「どうやったのかは知りませんが、尋問官から素晴らしい評価を得ました。素晴らしいことです。」

褒めるカックル。しかし表情は暗い。

「しかし私は…もう校長ではいられません。ハードブルーム先生が校長代理を務めた後、正式な校長がやってくるでしょう」

その言葉には、流石のハードブルームも驚きを隠せないようだ。

 

 

  

  さて、転換の回です。カックルの辞任が決定しました。結局ミルドレッドの努力は意味なかったのでしょうかね。まだなんかありそうですよね。署名とかね、嘘くさいし。

  そして新校長はいつくるのか、次回?わりと残り話数が少ないので早く来そうですけどね!

なんにせよ、盛り上がってきました!