新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アイアン・フィスト シーズン2 第5話 感想

 

f:id:shoindy:20180914153124j:image

 

2-5「龍の心臓」

 

 拳を輝かせた男が叫ぶ。アイアン・フィストのマスクを外すと、そこにいたのはダヴォスだった。

 ふと、近くで助けを求め声が聞こえた。ダヴォスは男を襲っていたタイガースを懲らしめる。男が尋ねる。

「あんた…名前は?」

「不滅のアイアン・フィストだ」

 

 家ではコリーンとミスティがダニーを心配していた。手がかりは電話から聞こえてきた"メアリー"という言葉のみだ。コリーンはメアリーに関する資料をミスティに渡し、ダニーの行方を追うためウォードの元に向かう。

 

 探されているダニーは再びウォーカーに連れられ、何処か外に連れ出されていた。何やら薬を打ち込み無理矢理覚醒させられると、ウォーカーは消えていった。

  消えたウォーカーの行き先はジョイの元だった。ボロボロのダニーを無理矢理覚醒させた動画を彼女に見せる、任務完了報告としてだ。自分が依頼した事とはいえ、ショックを受けるジョイ。ウォーカーは去り際、思いやりからダヴォスを警戒するよう注意して去っていった。

 

  身体が自由に動かないダニー、不良少年達が彼の元に集まる。彼らは中華料理店の一件に絡んでいた不良だ。つまりタイガースと対立している事を知っている。少年たちはダニーをタイガースに引き渡して金にしようと目論む。

  ダニーは少年の1人(BB?)にコリーンに連絡するよう頼む。金でもなんでも用意するから、と。

 

  ダヴォスはあるクラブに来ていた。助けた男から聞かされたタイガースの溜まり場だ。ダヴォスは力を見せつけ、ひとりの男と埠頭で会う約束をする。この男からこの街の犯罪者の情報を聞き出すのだ。

 

  かつて、ダニーとダヴォスの師はダヴォスの母でもあった。彼女はダヴォスの敗北に失望した。今もその表情が脳内にこびりついている。

 

 ウォードからの情報を待つ間手がかりを探すミスティとコリーン。そこに警察無線が入る。コード616…能力者による犯行だ。  

  2人が訪れたのはクラブだった。証言によると、手が赤く光る男の犯行だそうだ。"赤く"光る…?ダニーでは無い。では無い。そこに、不良から電話がかかってくる…ダニーが見つかった。

 

  ダヴォスは埠頭に行く前にジョイにあっていた。アイアン・フィストの座を奪い、ダニーに喪失感を与えた今、もう2人の計画は終わりだ。ジョイは2人の関係も終わりにするつもりだった。

  しかしダヴォスの計画は始まったばかりだ。ダニーを超えなければ意味がない。犯罪を止める以上の事だ。ダヴォスにはまだジョイの協力が必要だった。ジョイは考える時間をもらう。

 

  不良達は混乱していた。どうやらタイガースのホーという男が殺された事で、タイガース側も混乱しており近づけないらしい。殺したのは"光る拳"を持つ男だそうだ。

  "光る拳"だと…?近くで話を聞いていたダニーが話に入ろうとするも、不良どもは逆上し、ダニーに襲いかかる。

  間一髪…そこにミスティとコリーンがやってきた。不良どもからダニーを連れ戻す。

  病院より真相を突き止めたがるダニー。クレアは実家に帰ってしまい助けを求められない。ダニーの指示でウォードの元へ行き、ベサニー…助長グループのリーダーでウォードの恋人?である彼女から治療を受ける。

 

  ウォードはメアリーの情報を手に入れていた。彼女はかつて特殊部隊にいたらしい。フリーになった後は転々としており、ランド社に雇われた事もあったそうだ。

  「メアリーもダヴォスに雇われたのかしら」

コリーンがそう推理した事で、ウォードがダヴォスの危険性を知ってしまった。すぐにジョイに伝えようとするも、コリーンに止められてしまう。

 

  そのジョイはウォーカーに再び依頼しようとしていた。ダヴォスから離れる手立てが見つかるまで、守ってくれと。

  ウォーカーは提案する。守るだけではその場しのぎにしかならない。本気のダヴォスには勝てないと。それならば、脅威を排除するしかない、と。

  その時、コリーンとミスティがやってきた。来ても事をあらだてるだけのウォードに変わってダヴォスの危険性を伝えに来たのだ。そこでミスティはもう1人の存在を感じ、無理矢理部屋に入り込む。隠れていたメアリーが襲いかかり、乱闘になる。

  コリーンとメアリーが争っている間にミスティが銃を突きつけ、見事メアリーを逮捕する。

 

  目を覚ましたダニーとウォードが心の内を話していると、メアリーとジョイを連れてミスティらが帰ってきた。ジョイはメアリーを雇ったのは自分だと白状した。ダヴォスの計画を知っていたと。ダニーを痛めつけるためだったとー

 

 

 

 アイアン・フィスト第5話です。ついにジョイがヴィランとしての正体を明かしました。

 ダヴォスはアイアン・フィストとしての能力を得たのではなく奪ったようで、ダニーは能力を失ってしまいました。果てさて、どうやって取り戻すのか。

  ダヴォスはダニーを超える事を目指しているので、"一応"ヒーロー活動をしていますが、やり過ぎているという感じですね。これがどう影響してゆくのでしょうか。

  ちなみに、ダニーとウォードの会話はなんか助長グループに行ってることの告白とか能力を失った感覚とかそんな話です。