新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

青春時代の使い方

f:id:shoindy:20170817100013j:image

「オタク・レボリューション」(原題 The Outcast) 主演 ヴィクトリア・ジャスティス

 

  高校の負け組、MITへの進学を控えているミンディと将来の決まっていないジョディ。卒業を直前に控えた2人は学校の上位カースト1位のウィットニーに自分たちとの遺恨を無くして卒業しようと持ちかけます。意外なことに快諾してくれたウィットニーは2人を自宅のパーティに招待します。

  しかしパーティ当日、悲劇は起きました。初めは楽しかったパーティ。しかしウィットニーはパーティにある仕掛けをしていました。ウィットニーの鶴の一声で静まり返る会場、彼女がモニターの電源を入れると…そこにはジョディの自室での私生活が映っていました。ぬいぐるみに話しかけたり、変な格好でギターを弾いていたり…ウィットニーはジョディのPCをハッキングしてその動画を作ったのでした。

  落ちこみ心が折れるジョディ、しかしそんな彼女にミンディが提案しました。見返してやろう、スクールカーストを覆すんだ。こうして、2人は活動を開始しました。初めは不思議ちゃんのクレアと過激な女シュガーだけが賛同者だった2人の活動。やがて仲間になった"元"色々なクラブのリーダーバージニアの持つ膨大な生徒情報を駆使し、スクールカースト下位のクラブのリーダー達を味方につけます。

  やがて学校は変わり始めました。オタク達がオタク達であったが故にそれぞれのこだわりし縛られ、孤立していた現状を脱却。それぞれが力を合わせ、団結し始めた事で力をつけました。スポーツの人気は無くなり、学校の上位カーストはオタク集団へと変わりました。果たして、学校は、2人はどうなるのか…

 

  スクールカースト…皆様はどのあたりに属していたでしょうか。日本の場合、スクールカーストはあるものの、"スクールカースト下位だから"いじめられるとかはあまり無いですが(と言ってもいじめられてしまう子はスクールカースト下位ですけど)アメリカの高校においてはスクールカーストは絶対のモノです。今作はそんなスクールカーストがまるっと入れ替わるストーリー。学校の上位キャラクターをぎゃふんと言わせる作品は数あれどカーストそのものが入れ替わるというのは中々無い気がしますね。まさに革命。

  

  この作品の面白いのは革命が途中で完了するところ。ミンディがMITへの受験を控えている天才からなのかなんなのか、あっという間に下位生徒の団結を誘い、革命を成功させてしまいます。タンクトップにマッチョ、後ろ向きにかぶった帽子と正にいじめっ子な見た目をしている生徒も数で押されては敵いません。うーん、中々の爽快感。

  そして革命が完了した後、どうなるのかというとむしろ此処からが本番だったりします。革命を起こしたという自信からか周りが見えなくなってゆくミンディ、畳み掛けるように起きたある事件によりミンディはどんどん変わってしまいます。一方でジュディは初めての恋をします。それは喜ばしい事ですが、だんだんと2人の心が離れてゆくきっかけにもなってしまいます。友情、愛、将来。そこに描かれるのは間違いなく青春です。最終学年ということもあり終わりが近づいている青春なのです。

そんな青春時代の終わり、大人の始まりを面白おかしく、そして笑顔になれる作品に仕上げてあります!

アンダーサイド:シビル・ウォー 感想

f:id:shoindy:20170816203504j:image

 

 

全米の超人を二つに割って燃え上がるシビル・ウォー。だがしかし、全ての超人がこの戦いに参戦したわけではない。

超人登録法の是非でも主義主張の相違でもない、道を逸脱した己との戦いに明け暮れるムーンナイト。

煉獄よりの脅威と戦い続ける運命に殉じるゴーストライダー

世間の耳目も届かぬ路地裏で、辺境の地で、シビル・ウォーの傍らで繰り広げられた戦いがここに明らかになる。

異形のヒーロー二人を主役に据えた異色作、ここに登場。

君はどちらに付く?

コミックス紹介文より引用

 

 

 

   シビル・ウォーのクロスオーバーシリーズ最終作。マスト・リードも終わりを迎えたため、月々勝手に届いてくれたコミックス達とはお別れです。いやー長い長いと思いながらもいざ終わると結構寂しいです。

  そして最後を飾るのは闇を生きる二人のヒーロームーンナイトとゴーストライダーです。そしてこれを言うのも最後になってしまいました…

 

シビル・ウォー関係ねぇ!

 

ふう…満足

 

クロスオーバーを読む中で幾度となく記載したこの言葉、シリーズが進みキャラクターのマイナー度が上がるにつれ無関係さもぐんぐんと上昇してゆきました。それは最後の最後である本作も同様であります。なんなら紹介文に書いてますからね"全ての超人がこの戦いに参戦したわけではない"って。しかし!しかしです!この言葉も何度も言いましたね。関係なくても面白いと!では、感想いってみましょう!

 

ムーンナイト編

今作は二部構成、ムーンナイト編とゴーストライダー編で分かれています。二つのストーリーに絡みは無いです…無いです。

さて、ムーンナイト編。みなさん、そもそもムーンナイトさん知ってますか?

 f:id:shoindy:20170816205820j:image

 本名はマーク・スペクターという名の傭兵であるムーンナイト。古代エジプトの神コンシューの加護を受けたダークヒーローです。そして解説書によればマーベル版バットマンを目論んだものの設定を盛り込みすぎたがゆえキャラクターがブレたヒーローとのこと。

  正直なところ、僕はキャラクターの設定などは知りながらも彼の単独誌には触れたことが無かったです。因縁のあるヴィランも知らないレベル。そんな僕が読んで思ったことそれは…

 

超ドラマ受けしそう

 

ってとこですね。特にNetflix

ムーンナイトはかなりパニッシャー系のキャラクター。敵をぼっこぼこにして吊るし上げて。しかし一方でコンシューが因縁のあるヴィランである故ブッシュマンの姿を借りてムーンナイトの心に揺さぶりをかけてくるため、ムーンナイトは常に心の声に苦しんで…あぁ、確かにバットマンだわこれ(ゲームのアーナムナイト)。でもこれで分かりませんか?こりゃドラマ受けするわっての。

戦闘は格闘メインなので実写化してもファンタジーになり過ぎないし、敵を追うだけでなく自らの内面との葛藤も描ける…ばっちりっすよ…と、ここまで書いてからもしかしたら…と思い調べてみたら、確定はしてないものの計画はあるようですね、ドラマ化。しかもやっぱりNetflix。やったぜ。

 

ゴーストライダー

 こちらは言わずと知れたヒーローですね。ジョニーは実写化もマブカプでゲーム化もしたし。現行のゴーストライダーであるロビーもエージェント・オブ・シールドでドラマ化してますしね。

f:id:shoindy:20170816212339j:image

 今作で活躍するのはジョニー・ブレイズ。666のカケラに分かれ、遺体に取り付いたメフィストを追います。今回はカケラのうちの一つが二代目ジャック・オ・ランタンの遺体に取り付いたため、それを追います。もうね、ムーンナイトは申し訳程度にアイアンマンやキャップと絡みがあったんですよ。ゴーストライダー一切無かったですねゴーストライダーが地元に住む保安官ハリーと共にメフィストを倒す話ですからね。

  しかし関係無いなりに短く、読みやすく、それでいてゴーストライダーのかっこよさがあますところなく描かれており、非常に楽しめました!

さあ、親から逃げる時間だ MLN Vol.6

 

 マーベルのスマホゲームに新キャラクターが登場。「マーベル・オールスターバトル」からはドックオク…Dr.オクトパスが登場です。

f:id:shoindy:20170815065404p:image

 

 そして「マーベル パズルクエスト」からはヨンドゥが参戦!

f:id:shoindy:20170815065656p:image

 星4キャラクターで、HP回復、AP破壊、ダメージ技と万能な性能を持っています。

 

  

Netflixドラマ「ディフェンダーズ」が3日前に迫っている中、2つのコンテンツのプレミアに関するニュースが到来です。

 新アニメシリーズ「マーベル スパイダーマン」の1時間特別プレミアが8月19日に開催されます。同作品は日本でも毎週土曜日にDlifeにて放送中です。

 そして11月21日にHuluオリジナル作品「ランナウェイズ」の配信開始が決定しました!

 

 

おまけ小話

星5ハルクでました。パズルクエストです、はい。パズルクエストにおいて星5って全然出ないんですけどある時からかを境に結構出るようになっている気がします。ただ重なら無いんですよね〜、技1個でも弱くは無いんですけどね〜。あ、ちなみにハルクはキャラクターボックスがパンパンでまだプレゼント欄にいます。

出たのは「もう1人のあいつ」グリーンAPがあるとカウントダウンタイルが出てきて、カウントダウンが終わるとハルクになるパッシブスキルですね。強いのか?ハルクになった後の性能が謎です。

f:id:shoindy:20170815071930p:image

正義の大怪盗ここにあり!

f:id:shoindy:20170814193552j:image

「ザ・セイント」(原題 The Saint) 主演アダム・レイナー

 

 スゴ腕の泥棒サイモン・テンプラー、聖人ー"ザ・セイント"と名乗る彼は正に義賊、盗んだ金品を世間のために寄付する大泥棒だ。彼はある日、銀行家の男ヴァルクロスに自身の娘の救出を依頼される。

  事の発端はこうだ。サウジアラビア大統領が市民の為に集めていた寄付金25億ドルがある男とヴァルクロスによって男の闇口座に送られた。しかしヴァルクロスはそれによって良心の呵責にさいなまれた。結果、ヴァルクロスは男を裏切り、男の金を奪った。怒った男はヴァルクロスの娘を誘拐し、ヴァルクロスに償わせようとしたのだ。

  こうして、テンプラーはヴァルクロスの娘を救い出すことになった。しかし彼の後ろには長年のライバルファーナック捜査官の影が…そして、最後に明かされる黒幕の男の正体に驚愕することに!

 

  テレビドラマ映画である本作、正義の泥棒テンプラーが美人の仕事仲間パトリシアと共に無実の少女の救出に挑みます…まあ、簡単に言ってしまうとぶっちゃけルパンです。

  義賊のストーリーというとルパンっぽくなってしまう物だから仕方がないのかなーと一瞬思ったんですが、これ制作サイド絶対ルパン好きだろってぐらいルパンなんですよね。ファーナックとテンプラーの関係性とか、ファーナックが目を離した隙にスタコラと逃げ去ってしまうテンプラーの姿とか…あとはあれですね、盗んだ後にカードを残していくってのも。ルパンを意識してんだろーなーって感じが溢れてます。まあ、テンプラーはイギリス紳士なのでプレイボーイって感じよりおしゃれでクールな感じですけどね。コミカルではないですし。

  

  泥棒が主人公の映画ではありますけどバレずに盗み去って警官ぐぬぬって展開は無く、アクションメインとなっています。まぁ仕方がないですね。ちなみにバレずに盗むのが成功するシーンはスリが町の女の子から盗んだ財布をスリ返して女の子に返した時くらいですね。後は大体見つかって乱闘になります。おい大泥棒。

  

  正直、この物語の見どころは敵の男の正体にあります。他は割と王道ですからね。この男の正体、かなーりギリギリまで明かされません。続編まで明かされないんじゃないかって思ってしまうくらいには明かされません。引っ張りまくりですよ。しかし明かされた時は、なるほどはは〜んって感じです。超衝撃!って感じではないですけど物語のほとんどをうまく詰め込んでいます!

 

  テレビドラマ映画とはいえ安っぽい作りなんかでは無く存分に楽しめる本作。雰囲気的には続編も作る気あるのかなって感じもします!

神が与えてくれた、大人になるための時間

f:id:shoindy:20170813103214j:image

「ネイキッド」(原題 NAKED) 主演 マーロン・ウェイアンズ

 

  高校の臨時教師ロブ、彼は生徒からも好かれ、正規雇用も持ちかけられる有能な先生である一方で縛られない人生を求める適当な男。そんなロブは超名医のガールフレンドメーガンとの結婚を前日に控えています。臨時教師と名医との格差により周囲には反対する人もいるけれど、そんなの愛しあう2人には関係のない事。そして結婚式の前夜祭、ロブは当日のために早く寝ることよりも酒を飲むことを選びます。

  翌朝、ロブが目を覚ますと…全裸でした。しかも知らないホテルのエレベーターに閉じ込められています。結婚式はもう始まっている時間。焦ったロブはなんとか結婚式会場を目指しますが道中逮捕されてしまいます。しかしその時!ロブの耳に鐘の音が鳴り響きます。

  目を覚ましたロブがいたのは…エレベーター。そして全裸。やがてロブは気がつきます。ループしている。そして何度も結婚式に挑むうちに痛感します。自分は足りないものだらけだったことに。ロブの結婚式はどうなるのか!?

 

 

  タイムリープモノでありながらコメディ映画というなかなかに珍しい気もする作品。毎回裸でスタート地点に戻るというおバカすぎるタイムリープでありながら、ストーリーは次第に引き込まれてゆく内容になっており、ラストの達成感と感動はじんわりと幸せな気持ちになります。

今作は何度も同じ日を繰り返す中で"結婚式に向かう"→"服を用意する"→"誓いの言葉を考える"といったように目的がシフトしてゆき、本来当日までに完璧にしておくべき準備を順番に達成してゆくというもの。これを見ているとロブの準備不足に…というか結婚という大切な儀式を如何に軽んじていたかがよく分かります。

  これ、今作の面白いところなんですけど、ロブもは上記の目標に愚直に挑むんじゃないんですよ。つまりどういう事かというと、ロブは何度も寄り道するのです。上記した"結婚を軽んじている"ってのを本人も感じたんでしょうね、途中"結婚とはなんなのか?""夫婦になるってどういう事なのか?"を知るためにそのタイムラインの結婚式を蹴って色々な人に話を聞くのです。…このタイムラインで確定したら大問題ですね笑

  しかしこの遠回りがあったからこそ、ロブは成長出来たのでしょう。その遠回りがあったからこそ、最後の成功に繋がっているのがよく分かるのです。人間関係も含めてね。

  

  そしてこの成長、これは今作の重要な要素でもあります。この作品はゆっくりとした成長を描くのが本当に上手い!ロブの顔だちや考え方が徐々に大人びてゆくのかすごく分かりやすく描かれています。だからこそ一緒に成長している気分になり、だからこそラストシーンが気持ちいいのです。Netflixオリジナルな変な作品が多いですが、王道なので見やすいですよ!

ボスを探して

f:id:shoindy:20170812205628j:image

ミニオンズ」(原題 minions) 主演 ピエール・コフィン(声での出演)

 

 

 黄色くて不思議な存在"ミニオン"。彼らは悪者に仕える事を生き甲斐としている存在。しかし彼らの眼鏡に叶う悪党は数多く居ても彼らのボスは常に短命である。

  ある時を境にミニオン達は悪党に仕えるのをやめ、自分たちで都市を築くようになる。初めこそは素晴らしい日々だった。しかしそれは長く続かなかった、彼らの本能がボスを求めるのだ。次第に無気力になってゆくミニオンズ。やがて彼らのうちの一体、長身のケビンは決意した。ボスを探そう。

  こうして旅立った3人のミニオンズ。ケビン、ボブ、スチュアートはやがてアメリカに辿り着き、悪のカリスマであるスカーレット・オーバーキルに出会う。運良くスカーレットの子分になる事が出来たミニオンたちの新たな物語が始まる!

 これは、ミニオンズがグルーに出会うまでのお話

 

 

 あらすじをですます調からである調に変えたいので実験的にやってます。どっちがいいですかねー。作品によりけりって感じ?

 それはさておき。金曜プレミアムにて地上波初放送されたDespicable Meシリーズ第3弾…というよりスピンオフ作品です。グルーと出会う前なのでグルー本人はちょっぴり、3人娘のマーゴ、イディス、アグネスは一切出てきません。ちなみに、僕はDespicable Meの1と2は既に見終わっています。ただ、グルーと3人娘のストーリーに心打たれた僕にとっては、ミニオンズだけしか出ていない本作はそこまで心惹かれず、劇場では見なかったのですよ。

 

  今作を一言であらわすなら、もう間違いなく可愛い。それに尽きます。感覚的に言えばモンスターズ・インクの"ハイド&ゴーシーク"乗り終わった後みたいな、イッツスモールワールド乗り終わった後みたいな(なぜユニバーサルで例えないのか)。要はストーリーやハラハラ、ドキドキといった要素より可愛さと笑いに全振りした感じって事です。主人公がミニオンズの時点で死の危機なんて皆無ですしね。感動もなかなか感動に繋がらないですもんね、キャラクター的に。

  しかし子ども…ファミリー向けとしてはやはり100点なのです。金曜プレミアムという仕様上、始めに鶴瓶さんのコメントが入り、その中で「理由なんて無いんだろうけど子どもはミニオンズが大好き」と言っていました。もう、本当にその通りなんでしょう。ミニオンズは面白いんです。大人だからこそわかる笑い(アイビーロードとか)がある一方で、動きで表す笑いはどんな子どもたちにも分かりやすい物になっています。そこに言葉はいらないんです。てかミニオンズの言ってる事は分からんから言葉は意味を成してないんです(ちょっとは分かりますけどね)だから子どもの年齢を問わないんです。だから子どもの国籍を問わないんです。これって凄いことだと思いませんか?

  例えば、ジブリのアニメの魅力を100%分かるのは日本人ですよね。ディズニー映画の魅力を100%分かるのは英語圏の人間ですよね。それは仕方がない事だと思います。それは言葉がそれだけ多様だという事だからです。それぞれの言語だけにある表現だとか間だとかを完璧に別の言語に置き換えるのは不可能ですからね。しかしミニオンズの笑いはそれを超越してます。言葉が不要ですから。ある意味究極のリアクション芸って感じですね。そう考えると、世界中でこの黄色い不思議な生き物が愛される理由がよく分かります。

ヒーローとして、愛される隣人として

f:id:shoindy:20170811143817j:image

 「スパイダーマン ホームカミング」(原題 Spider-Man: Homecoming) 主演 トム・ホランド

 

  華々しい活躍の裏には、破壊が伴うものだ。

  ニューヨーク。瓦礫に埋もれたスタークタワー周辺。そこに男たちが集まって街の復興に臨んでいる。少し前、人はエイリアンという超常的な存在を理解した、少し前、地球は自らに迫る危機を理解した……しかしエイリアンの侵略に抗った者たちがいた。彼らの名は"アベンジャーズ"、後にニューヨークの戦いと呼ばれるその争いは人々に勝利をもたらしたものの、同時に甚大な被害ももたらした。

  そんな街の復興に挑む男たちのボスの名前はエイドリアン・トゥームス。彼は人を雇い、トラックを買い、街の復興に力を注ぐことで収入源を手にした。しかし彼らの前に別の集団が現れ、トゥームス達にクビを言い渡した。彼らの名は"ダメージコントロール"、よりによって街を破壊した張本人の1人であるトニー・スタークが発足したチームにより、トゥームス達の収入源は絶たれたのだ。

  職を奪われたエイドリアンとその部下達、しかしエイドリアンには新たなアイデアがあった。エイリアン達のもたらした物質で武器を作り密売しよう…と。

 

  それから8ヶ月、クイーンズに住む少年の新たな旅立ちが始まろうとしていた。少年の名前はピーター・パーカー。スパイダーマンとしてシビル・ウォーに参加した後は憧れの"スタークさん"の呼び出しがかかるのを待ちながら街の平和を守る日々。ある日、いつものように人助けをしていると、ピーターはエイドリアンらの武器が使われた犯罪に出くわした。以来、エイドリアン…ヴァルチャーらを追い詰めようと奮闘するピーター、時に失敗し、時に落ち込み、それでも前を向き続け、ヒーローも青春も全力で挑むスパイダーマンの成長の旅が始まるのだ!

 

 MCU最新作大好きだぜスパイダーマン!です。トム・ホランド君がピーターを演じる3回目のスパイダーマンリブート作品、何度か語っている気もしますがオリジンやらなんやらを取っ払った作りになっています。

  今回のリブートでは結構思い切っており、上記オリジンの撤去だけじゃない目新しい要素がかなり詰まっています。例えば友人のネッドやミシェル。

f:id:shoindy:20170811162834j:image

 f:id:shoindy:20170811162844j:image

 

ネッドは実はコミックスにもいるらしいですし、ミシェルは実は◯◯なのでオリジナルキャラクターって訳ではないのですが、ピーターの友人がハリー・オズボーンじゃないのはやはり映画としては新鮮ですよね。ちなみにいじめっ子代表フラッシュ・トンプソンももちろん登場しますが今までの金髪でスポーツマンなイメージとは大きく異なります。

f:id:shoindy:20170811163424p:image

ちなみにスパイダーマンファンでも無くなってます。

  そして敵はヴァルチャーとショッカー、ヴァルチャーはMCUお得意のメカメカ大変身、ショッカーは…まぁちょい強い雑魚ポジです。ちなみに、マック・ガーガンの名前も出てきます。コミックスではスコーピオンですね。映画では敵Aみたいな。

 

  やっぱりこの世代

もしかしたら以前お伝えしたかもしれないし、していないかもしれないのですが、僕はティーンヒーローが大好きです。ヤング・アベンジャーズ、チャンピオンズ、ランナウェイズ、カマラ、ノヴァ(サム)…僕が好きになるヒーローやヒーローチームはティーンである事が多いです。突如身につけた能力に戸惑ったり、能力を過信したり。憧れのヒーローを目指しながら成長する一方で憧れのヒーローにちょっと失望したり…そんなティーン達の活躍を見るのが大好きなんです。そして本作はまさにそんな感じ!ヒーローとして頑張ってるけど時にから回って…でも学校も大切で…こんなに忙しいのに中々認めて貰えなくて…もう最高っすよ!スタークから貰ったスーツのせいでさらに調子に乗っちゃってる感じがまた良いです。

 

  大人を感じる作品でもある

   本作を通して強く感じたのは大人を大人らしく感じるというところ。具体手にはトゥームスとスタークなんですけれど、物語の写し方が上手いのか、ホランド君の子どもっぽさが良いのか、とにかく相手が"大人"で、こちらは守られる子どもであることを強く感じます。具体的にはスタークの説教シーンですね。

  一方でトゥームスから感じる大人っぽさは全体的な行動から感じます。いやー今回ヴァルチャーかっこいいんですよ、敵なのに。悔しいけど。なんていうんですかねー…例えば

 

工場跡地のような場所で対峙する場面。もうトゥームスの仲間は引き払ってトゥームス1人です。そんなトゥームスの元にピーターが現れるんですよ。そして動けないように片手を蜘蛛糸で捕まえる。

 

というシーンがあるんですけど、蜘蛛糸で片手を抑えられたトゥームスは外そうとするでもなし、脅したピーターに怒りを露わにするでもなしに、本当に、本当にめんどくさそうにピーターの相手をするんですよ。もううんざりって感じで。その演技がまた凄くて、わざとらしさが全く無いんです。マジで相手をするのがめんどくさそう。流石は元バットマン。演技すごい。

  トゥームスは油断も過信もしないキャラクターとして描かれており(ピーターに見られるまではFBIやアベンジャーズにもエイリアン武器の密売はバレてなかった)ピーターとの対比としても良かったですね。

 

  ちなみにトゥームスの正体が分かった時は妙に納得してしまいますよ。流石は僕らの不幸マグネットスパイダーマン!悩める姿はいつでも健在です。