新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アーティストか、その中身か

f:id:shoindy:20170925154547j:image

「ブロードウェイと銃弾」(原題 BULLETS OVER BROADWAY) 主演 ジョン・キューザック

 

  時は1920年代、主人公デビッドは劇作家。彼はまた1つ、新たな作品を世に送り出そうと劇場に掛け合いますが、資金不足でその願いも消え去ります。

  しかしある時突然、劇場がスポンサーを得てデビッドの劇が実現することになります。スポンサーになったのはニックという男。その男はなんとマフィアのボスでした。ニックがスポンサーになったのにはある理由がありました。それはニックの女オリーブのワガママによるもの。スターに憧れるオリーブの願いを叶えるため、オリーブに重要な役を与える条件で出資したのでした。

  オリーブには女優の才能は皆無でした。その酷さはセリフを覚えるだけで頭痛を起こす始末。しかしオリーブの出番を減らそうものなら常に見張っているニックの部下チーチが脅しにかかります。さらにオリーブの周りを固める俳優陣は元スター女優ヘレンや一時期激太りしていた男優ワーナーなど曲者ばかりです。さらにデビッド本人まである大きな秘密を抱えてしまいます。果たして、舞台は成功するのでしょうか…

 

  ウディ・アレンによる監督作品である今作。20年以上前の名作です。ミュージカル化もされています。しかも超偶然かつタイムリーな事に来年には日本に初上陸します。デビッド役を浦井健治、チーチ役を城田優が演じます。面白かったし観に行こっかなぁ…

  上記で日本版のデビッドとチーチ役を紹介した事から分かる通り、実はこの物語はチーチが重大なキーパーソンとなっています。始めはチーチがそんなに重要なポジションに就くなんて思ってもみませんでしたよ。

 

  登場人物達は皆曲者であるため、舞台が開演されるまで様々な問題が展開されます。デビッドはエレンという愛する妻がありながら、アーティストととしての自分を分かってくれるヘレンに恋をします。また、ワーナーはニックの目を盗んでオリーブと密会し始めますし、ワーナーはぶくぶく太ってゆきます。

  しかし今作で1番の焦点になるのはデビッドとチーチの正反対の描かれ方です。始めは粗野で暴力的で口も態度も最悪なチーチ、しかし稽古の最中、チーチが口出ししたアイデアは皆の心を打ちます。そしてやがて、チーチもまた、舞台を愛する男だということが分かるのです。

  デビッドもチーチと舞台を愛する男だというのに、何が正反対なのか?それはチーチが真のアーティストだった事にあります。チーチはデビッドに口出ししてどんどん洗練されてゆく台本に誇りを持っていました。チーチにとって舞台は"キーキーうるさいオリーブを守る場所"から"おれの舞台"へと変わってゆきました。それほどまでに自らの作品に誇りをもっていたチーチにとって、舞台に傷が付くことは何に変えても許されるものではありませんでした。チーチにとって作品は絶対であり、作品の前ではモラルすらも無視されるべきものでした。一方でデビッドはアーティストでありながら1人の男でした。デビッドは作品に情熱を注ぐ一方で愛に生きていました。デビッドは妥協という言葉を知っていました。アーティストである前に人なのか、人である前にアーティストなのか。その違いは2人の命運を左右しました。

  デビッドかチーチか。これは作中に限らず現実世界でも同じことが言えるでしょう。一流の成功者、一流のアーティストと呼ばれる人たちはやはり何処かで人間である事を捨てているのだと思います。おそらく、人間といえる部分のうちの何処かを捨てたものだけが見ることができる世界があるのでしょう。貴方はどちらで在りたいですか?人か、それとも…

全てが、信頼できない。

f:id:shoindy:20170924165520j:image

「クローズド・バル」(原題 EL BAR) 主演 ブランカスアレス

 

  

 スペインのマドリードにある小さな小さなバル。いつとの顔ぶれもいれば初めて訪れた人も。ワイワイ、ガヤガヤ…不満顔の人もいれば美女に見惚れる者もいる。そんないつもの光景が途端に悲劇の会場になった。バルを後にした男が店の前で突然射殺されたのだ。バルの外の街行く人は一斉に逃げ惑い、一瞬にして静けさが街を支配した。誰もいない。犯人らしき人物さえもいない。バルにいた男が外に出て射殺された男を介抱しようとした。すると、その男も射殺された。

 バルから出ることが出来なくなった人々、電話も通じず、混乱して目を離している間に今度は2つの遺体が消失した。流れ出た血も全て、何もなかったかのように消失した。やがて客は考えはじめる。

  

  "この中にテロリストがいて、犯人が分からない警察は店の中の人間全員を始末するつもりなんじゃないか?"

 

  その考えは、恐怖心と共に瞬く間に伝播する。それぞれがそれぞれに疑惑の目を向け始める。そして、やがて1人の男の存在によって起きた事件の原因が明らかになる。その事実を前に、バルの人間たちが取る行動とは…

 

  閉ざされた空間で展開されるパニック映画です。状況も分からず外にも出られないという異様なシチュエーションの中で、人はだんだんという狂気に飲み込まれ、善悪の区別がつかなくなってゆきます。

  バルに閉じ込められた皆が主人公な今作。一応最後まで正気を保てていた美女エレナが主人公っぽいポジションではありますが、それは単純に唯一正気だったからというだけで、やはり主人公は皆が主人公なのでしょう。それだけにバルに居合わせた客は多種多様。ホームレスっぽい男のイスラエルやギャンブル狂で閉所恐怖症のトリニ、エレナに惚れた男ナチョ。その他にも常に下着を持っていないと落ち着かない男や何故か銃を携帯している男なども登場します。

 

  この物語の展開は壮絶の一言。物語がどのように展開するのか全く分からないため、全く目が離せません。とにかく、それほど目まぐるしい。そもそも、登場人物のほとんどがたまたまバルに居合わせただけの他人、それ故、彼らは時に協力し合い、時に裏切りを何度も繰り返します。そんなことされたら当然互いの信頼度は地に落ちてゆくわけです。しかし信頼度がいかに低くても1人では到底脱することの出来ない状況であるため、協力します。そんな綱渡りの関係性を極限の精神状態で行なっているのです。そんなものに安全なんてものは皆無ですね。

  上記もしましたが、そんな中で唯一平常を保てているのがエレナ。エレナは平常を保てているがために奇妙な関係の仲間に対し非情な判断が出来ません。みているこちらからしたら、唯一の良心であるエレナには是非生き残って欲しい訳ですから、「裏切っちゃえよ!」というもどかしい気持ちでいっぱいになります。いや、実際自分があの状況に陥ったら絶対出しぬきますよ。本当。

 

  閉鎖空間で展開されるサスペンス映画、面白いです。

君は友達

f:id:shoindy:20170923170007j:image

「ベルとセバスチャン」(原題 Belle et Sébastien) 主演フェリックス・ボッスエ

 

  時は戦時中、アルプスにある小さな小さな村サン・マルタン村に住む孤児セバスチャン。彼はセザールという老人とその姪アンジェリーナ、アンジェリーナの彼氏ギヨームの元で生活しています。サン・マルタン村はある2つの問題を抱えていました。1つ目は"害獣問題"、野獣を呼ばれている犬が羊を襲うのです。そしてもう1つがドイツ軍の目です。サン・マルタンではユダヤ人の密出国を幇助しており、ドイツ軍が犯人を突き止めようと躍起になっているのです。

  ある日、セバスチャンはアルプスの山の中で野獣に出会いました。灰色に薄汚れた野獣。セバスチャンにはどうしても野獣が羊殺しの犯人には思えませんでした。セバスチャンは孤独な野獣と孤児の自分を照らし合わせ、野獣に共感を覚えていたのです。野獣に出会ったセバスチャン、彼の予想通り野獣はとても心優しい犬でした。やがてセバスチャンは野獣をベルと名付け、2人は親友になってゆきます。

  やがてギヨームが怪我をしたことをきっかけにセバスチャンがユダヤ人をスイスへ密出国させることになります。セバスチャンの物語の行方は…

 

  原作はセシル・オーブリーによる児童文学「アルプスの村の犬と少年」という作品の今作。ベルとセバスチャンの絆の物語を描きます。アルプスの山々の雄大で美しい景色と、丁寧に作られた素敵な作品です。

 

  色々なコンテンツ等で物語のあらすじを見ることができますが、大抵のあらすじにユダヤ人の密出国の助けをする部分がメインのように描かれています。しかし実際のところメインで描かれているのはセバスチャンとベルとの友情とセバスチャンの成長です。確かにユダヤ人の密出国も描かれますが、それもセバスチャンの成長の為のイベントといった感じです。

  野獣と呼ばれていた犬がベルという名前になるって狙いすぎだろって感じですが実際どうなんですかね?美女と野獣の原作の方が出版は早いですしやはり意識したのでしょうか。まぁとにかく、初めは野獣と呼ばれていたベル、しかしぶっちゃけベルが可愛すぎて野獣感はゼロです。見よ!この野獣感0のベルを!

f:id:shoindy:20170923193112j:image

はーかわいい。本当可愛い。その後の洗ってもらったベルも可愛い。

f:id:shoindy:20170923193207j:image

そんでもってこの白いモードのベルちゃん(メスです)、可愛いだけでなくめちゃくちゃ頭も良いです。

 

  そしてセバスチャンの成長の物語。これも非常に丁寧に描かれていました。亡き母に会えると信じ続けているセバスチャン(というか亡くなっていると知らない)。母はアメリカにいる、アメリカはアルプスを越えた先にあるというセザールの嘘を信じ続けています。もちろん、やがてそのウソをセバスチャンが知ることになります。他にも、野獣(セバスチャン以外は凶暴だと思っている)からセバスチャンを守るために、セザールはセバスチャンに嘘をついたりもします。一見それらはセバスチャンに対して残酷な行為です。もちろんセザールはセバスチャンのことを第1に考えた結果なんでしょう。しかしセバスチャンには中々伝わらないものです。でも、それもセバスチャンへの成長に繋がっているのでしょうね。また、最後のアンジェリーナのある決断もセバスチャンの成長に一役買っています。最後まで、しっかりとそういった面を重視していました。

 

  あと密出国についての話を少し。あまり深く突っ込むと果がなさそうなので少しだけ。少し調べると出てきたのですが、スイスはユダヤ人の密出国に対して非常に厳しく取り締まっていたとか。基本的には許していなかったそうです(個人でユダヤ人を保護していたスイス人はいたらしいですが)。この物語の背景として、しっかり信用できる人の元へ密出国させていたのかは不明ですが、密出国した人のその先をセシル・オーブリーはどう考え、書いたのでしょうか。

人生はなかなか上手くいかない。

f:id:shoindy:20170922094710j:image

 「ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち」(原題 HAPPYTHANKYOUMOREPLEASE) 主演 ジョシュ・ラドナー

 

 短編小説で生活費を稼ぐ男サム。ある日彼は長編小説の連載をもらうため、出版社に面接に行きます。出版社に向かう道中の地下鉄、サムの目に止まったのは1人の少年。少年は母親らしき人を追いかけて電車を降りようとしたところ、人の波に飲まれて降り逃してしまいます。見兼ねたサムは彼を母親の元へ帰そうとしますが少年は母親の元へ帰るのを嫌がります。曰く本当のお母さんじゃないとのこと。

  初めは少年…ラシーンをなんとか里親の元へ帰そうと試みていたサムですが、次第に2人は絆を育むようになります。

 

 

  ニューヨークが舞台のラブロマンス映画です。ラシーンとサムの絆がメインの様な物語ですが、実はラブロマンスが超メインで、しかもサムとヒロインのミシシッピとの恋だけではなく、アニーとメアリーの恋も踏まえた三者三様の物語を描いています。

  ニューヨークを舞台に繰り広げられられる3人の物語。主人公は一応サムであるため、サムはミシシッピの恋とラシーンとの関係という2つのストーリーが用意されています。ラシーンとの物語に関しては、サムは家に泊めている間なにもしていなかった(申請等。一応警察には行ったもののラシーンが嫌がった)ことがやがて問題になって…って感じのストーリーで、よくある"親としての責任"だとか"軽い気持ちで引き取ってはいけない"だとかそういった物はテーマになりませんでした。ミシシッピとの恋は…まぁ、よくあるラブロマンスですね。サムの謎理論が最後に輝いていましたが。

 そしてアニーのストーリー、こちらはアニーにいいよるハンサムとは言えない弁護士サム2のアプローチにウンザリしているアニーが、サム2を無視しながらも自らの恋を探す物語です。まぁこの時点で分かるかと思いますし、作中でもなんとなく予想がつきそうなのでいってしまいますが、アニーがサム2の魅力に気づくまでの物語ですね。実は映画タイトルのハッピーサンキューモアプリーズの考えはアニーの物だったりします。素敵な考え方なのでもっと根幹を担っても良かったんじゃないかと思いますが、思ったほどフィーチャーされてなくて残念でした。

  そしてメアリーのストーリー、メアリーの場合は恋に繋がる話ではなく、彼氏が突然ロスに住みたいと言い出して…という話です。ロス大好きな僕からすればロスに行きたくないというメアリーのロスに対するマイナスイメージは不思議でした。しかし一方でロスを拒否するメアリーの故郷を捨てたくないという気持ちはよく分かります。それにしてもニューヨークってそんなに魅力的なんですかね?行ってみたいなぁ。

 

ラシーンの存在があるからなのか、作品全体が明るく、暖かい作品です。悪いことを考えている人が全然登場しないのも素晴らしいですね。サムに対して強い言葉を言う人もサムを愛しているからというのが伝わってきます。ライトな気持ちで観れる素敵なラブロマンスです。

彼らの命を狙うのは…ビーバー!?

f:id:shoindy:20170920195119j:image

「ゾンビーバー」(原題 ZOMBEAVERS) 主演コートニー・パーム

 

  全ては些細な出来事から始まった

医療廃棄物を運ぶトラック、ドライバー2人はくだらない話に夢中になっている。小さな油断、本当に些細な油断だった。しかし、トラックは正面にいるシカに激突してしまった。しかし問題はシカとの衝突事故じゃなかった。衝突事故によって川に落ちた医療廃棄物、これこそが悲劇を招く事になるのだ…

  若い娘3人組のメアリー、ジェン、ゾーイは田舎の湖畔にやってきている。メアリーのいとこの別荘で休日を過ごすためだ、やがてそれぞれのボーイフレンドのサム、トミー、バックもやってくる。

  そしてその夜、異変は始まった。まるで狂犬病にかかったような姿のビーバーが別荘に現れたのだ。幸い、ビーバーはバットで滅多打ちにされたおかげで誰も傷つかなかった。しかしそれは始まりに過ぎなかった。

 翌朝、湖で遊んでいると、バックがビーバーに襲われ、足を失った。狂犬病にかかったようなビーバーは大量に現れ、複数で若者隊に襲いかかる。はたして、彼らの運命は… 

 

  タイトルから醸し出されているB級感とバカ映画臭、ええ、その通りですとも。

  凶暴化したビーバー達に襲われる本作。ムダにエロくてグロい映画です。脅威がビーバーのせいでイマイチ危機感を感じにくく、さらにB級映画ならではの低予算感満載のゾンビーバー達は思わず笑っちゃう雑さですが、実は主人公達の危機レベルは結構高めだったりします。雑な部分は本当に雑で、ビーバーの習性を解説するシーンがあってもそれが活かされるシーンがなかったり、ビーバーに襲われているシーンも言ってしまえばアレですからね、ヨシヒコのコレ

f:id:shoindy:20170920212529p:image

の予算すごいバージョンですからね。雑やわぁ。

 

  一方で登場人物の危機レベル、これは上気した通り非常に高い。登場人物の命の軽さが尋常じゃないです。主人公補正の少なさよ。全部で6人のメンバーですが、どんどん退場してゆくのです。ここまでばんばんリタイアしていくと、誰が最後に生還するのか、非常に気になってしまいます。まあ、オチに関してはある意味超衝撃、ある意味"ヤラレタ!"って感じなんですけどね。

絶望はじわじわと、確実に

f:id:shoindy:20170919104611j:image

 「ヴィジット 消された過去」(主演 ESTRANGED) 主演 エイミー・マンソン

 

  それは突然の出来事だった。幸せだった時間、ジャニュアリーは彼氏のカラムとともにバイクのツーリングを楽しんでいた。バイクが暗いトンネルに入った時、事件は起きた。交通事故ー悲劇だった。それによりジャニュアリーは事故以前の記憶を失い、車椅子生活を余儀なくされた。

  ジャニュアリーとカラムはジャニュアリーの実家へ帰る事になった。6年前、ジャニュアリーが家出をした実家は豪邸だった。執事もいる。家族みんなも歓迎してくれた。しかしジャニュアリーには強烈な違和感があった。家族の態度だとか、時々襲いかかるフラッシュバックだとか、好きでも無い豆が好物だったと言い張る家族だとか…自分が家出をした原因も思い出せない、しかし違和感は確実にあった。

  やがてカラムが家から消えた。ちょっとしたことで小競り合いになった翌日だった。両親は帰ってもらったというが連絡を取るとこも許されなかった。そして、その日からジャニュアリーは"家出をする前の生活"を強いられるようになった。

  やがてジャニュアリーは真実を知ることになる、しかし、ジャニュアリーは知る、今までの絶望は序の口だったと。やがて、真の絶望が押し寄せる。

 

 イギリスのサスペンスホラー作品です。記憶喪失のジャニュアリーが6年ぶりに出会った家族の秘密を不気味に描きます。

  この作品の恐ろしさは現実味の強さにあります。呪いだとか、霊だとか、怪物だとかそういった恐ろしさではなく人間の負の感情による恐ろしさという事。ジャニュアリーの家族が心に溜め込み続けていた恨みつらみ憎み、全てがジャニュアリーに降り注ぐのです。

 

  サスペンス作品において"秘密"というのは最大の謎であり、最大の見せ場でもあります。それ故、明かされるのは大抵ラスト直前です。ラスト直前で"秘密"が明らかになり、物語の抱く意味そのものがぐるっと変わったりして視聴者が衝撃を受けます。しかし今作の秘密は2段構え、衝撃は2回に分けられています。

  2回に分けてその間には何が描かれているのか?そこで登場するのが"絶望"ですよ。今まで過保護すぎるほど過保護だったジャニュアリーの家族が狂気的な存在に変わり、ジャニュアリーを襲いかかるのです。襲いかかるといってもそれは命の危機だとか、そういった事ではありません。狂気的な本性を明かした後も、ジャニュアリーの生活は続きます。しかし確実に心を殺しにかかっているのです。いやーまじで怖いっす。1番怖いのは人間とはよく言ったもので、こんな環境に置かれていたら僕も間違いななく壊れるなぁと思ってしまいます。いや、壊れるよ。

  そうして散々壊れた後に2段目の秘密が明かされるのです。これを知ると、なんとも言えない無力感を感じます。これまであるキャラクターに抱いていた感情の整理がつかなくなるのです!当事者のジャニュアリーはそれどころじゃ無いでしょう。しかし、もうここまで壊されてしまったジャニュアリーに止まることは出来ないのです。そんな悲しみの中、物語はクライマックスを迎えるのです。

  上質なサスペンスホラー、面白いです。

マブカプ目前! MLN Vol.10

 

「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:モンスターズ・アフター・ダーク」スタート!!ハロウィーン限定のディズニーランドイベントがカリフォルニアでスタートしました。

 

 アメリカでは9月19日、日本では9月21日に格闘ゲーム「マーベルvsカプコン インフィニット」が発売されます。ウルトロンやサノス、ガモラなど新キャラクターを加えたシリーズ4作目です!そしてファンコのPOP!シリーズともコラボ決定!第一弾はPS4独占のキャロル・ダンバース少佐コスチュームのキャプテン・マーベル春麗です。

 

そしてNetflixオリジナルドラマ「パニッシャー」のモーションポスターが公開!配信が楽しみです。

 

おまけ小話

三連休いただきました。このあと映画もやるよ。

  今回はパズクエのお話。フューチャーアベンジャーズはね、ホークアイが雑魚扱いなのが不満だったくらいなので。

 パズクエ、ロックジョー追加直後にロックジョーイベント「インヒューマンズの親友」(勝手に翻訳)が開かれたことでロックジョーのお試しプレイが出来ました。結果…ロックジョーめっちゃ欲しい

f:id:shoindy:20170919094535p:image

青スキルが盤面の色の量で効果が異なるので安定性は微妙ですが、チャージタイルの量産と防御面の安定性が高いのが羨ましいです。スペシャルタイルを大量に作れるキャラクターと相性がいいのでストームだとかパッチウルヴァリンとかと合わせやすいですね。チャージタイル量産に関してはもうある意味誰でも。どう見てもブラックボルトと組み合わせる為のスキルっぽいですし。僕はブラックボルトがいないのでモルドかジェーンソーあたりとの組み合わせですかね。

 

  そしてpvpのシーズンはインフィニティ・ストーンを経てインフィニティ・シーズンが始まりました。なんとポイント方式ではなく勝利数で報酬が貰えます!美味い!美味いよ!敵に負けても勝利数は減らないので報酬を貰いやすいです!狙い目!