新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

魔法の城で起きた、奇跡のショー

f:id:shoindy:20180718181909j:image

 

「シング/SING」(原題 SING) 主演 マシュー・マコノヒ(声での出演)

 

  売れない劇場支配人のバスター・ムーンは銀行員に取り立てられても、スタッフに給料の不渡りを申し立てられてもいつもポジティブ。劇場を盛り上げようという野望を持ち続けていた。

  そんなある時、彼が思いついた新しいアイデアは歌のコンテストだった。今時ありがちな歌のコンテスト、どうせ参加者は来ない…友人のエディからはそう言われる程度のアイデアだった。

  しかし、オーデション当日、劇場には大量の人が列をなしていた。何故そんな事が?理由は単純だった。秘書のミス・クローリーのミスで1000ドルのハズの賞金が10万ドルと告知されていたのだ。

  今更後には引けないバスターは、賞金が無い事実を伏せながら、出場者にコンテストの練習を重ねさせる。それぞれがそれぞれの事情を抱えている出場者たち。バスターと彼らはやがて絆を深めていく。

 大丈夫、どん底にいるということは、後は上がるだけということだー

 

 

  「怪盗グルー」シリーズのイルミネーションスタジオが送る動物たちによる歌の祭典「シング」です。正直、「ペット」が割と普通の作品だったので、シングを劇場で観るのはスルーしていたのですが、劇場で観ればよかったと思えるほど素晴らしい作品でした。

  「怪盗グルー」でも"ハッピー"や"ジャンプ"など、有名な曲をよく起用しているイルミネーションスタジオですが、この作品はまさに有名曲のオンパレード。きゃりーの曲が起用された事でも有名になりましたね。

 

  みんなが主役級

この作品の魅力はここにあります。作品の主人公はバスターなのですが、コンテスト出場者それぞれにしっかりとバックグラウンドを描いており、彼ら一人一人を主役にとっても一本の映画が作れるくらい個性的なのです。CMでよく見かけたであろうジョニーはギャングの息子として、犯罪行為を手伝わされております。

f:id:shoindy:20180718191458j:image

 

  TOHOシネマズのロゴCMでも登場する豚グンターとコンビを組んだロジータは25匹の子どもと自分に見向きもしない夫との間で自由な時間もありません。

f:id:shoindy:20180718191849j:image

 

そのほかにも自分だけオーディションに受かった事で彼氏と別れてしまったヤマアラシのアッシュ、自分に自身のない美声の持ち主ミーナなど、本当にキャラがかぶる事が無いくらい個性的です。

 

  ストーリー全体としても、展開のバランスが良く、悲観的になり過ぎないのが良いところ。元々危うい立場にいるというバスターの設定が見事に活かされており、普段どんなトラブルにも上手くやり過ごしているバスターを沢山描くからこそ、そのバスターが本当に落ちる時に悲しさがよく伝わってきます。もちろんあのイルミネーションの作品なのでコメディ要素もバッチリで、前述の落ち込んでいる時のバスターでさえも上手くコミカルに表現されております。動きで面白いっていうのは本当に良いですよね、どんな人が見ても笑える。

 

  ヒット曲の数々が使われているため、幅広い年代の人が

「聞いたことある!」

  と楽しめるまさにファミリー映画の王道作品、面白かったです。

性別の狭間で

f:id:shoindy:20180717121231j:image

 

リリーのすべて」(原題 THE DANISH GIRL)

主演 エディ・レッドメイン

 

  アイナーとゲルダのヴェイナー夫妻はデンマークに住む仲の良い画家夫婦だった。アイナーとは違い、ゲルダの絵は中々評価されなかったが、それでも2人の仲は良かった。

  ある日のこと、ゲルダの絵のモデルが来れなくなってしまい、代わりにアイナーがストッキングを履いてモデルとなった。その姿を見た友人のウラは、アイナーを「リリー」と呼んだ。

   

  きっかけは、あるパーティだった。パーティに参加したがらないアイナーをなんとか参加させるため、ゲルダ

「リリーとして参加してはどうか」

  と提案した。

  アイナーは短い期間で女性的な仕草を練習し、リリーとしてパーティに参加した。

 

  それ以来、アイナーの中でリリーの存在が膨れ上がっていった。リリーの時間が増え、パーティにいた男に密会するようになり、次第に絵も描かなくなっていった。ゲルダは心配し、アイナーを病院に連れていったが、診断結果は"精神疾患"というものだった。

  一方で、ゲルダの描いたリリーの絵は評価されるようになっていった。パリで個展を開く事になり、2人はパリへと渡った。その地で、リリーは人生の大きな転換期を迎える事になる。

 

  

  史実を元にした同タイトルの小説を映画化した本作。ちなみに、同タイトルなのは英題のみで、邦題の原作は「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」というものです。そう、この物語の主人公、リリーは実在する人物で、世界で初の性別適合手術を受けた人物なのです。

 

  エディ・レッドメインの演技が光って光って光りまくる。

  今作で主人公リリーを務めるエディ・レッドメイン。最近ではTOHOシネマズのCMで見かけますね。ファンタスティック・ビーストシリーズの主人公ですからね。

  そんな彼、確かに中性的な顔立ちをしている彼ですが、冒頭はしっかりと男性をしています。まぁ普段男性ですからね、それが徐々に女性的になっていく過程が本当に見事です。どれくらい見事かというと、登場人物だけでなく我々視聴者から見ても普通に女性に見えるくらい。それはリリーがアイナーの姿をしていてもです。瞬きや動作、表情全てが違和感なく女性です。

  ちなみに、これがリリー(エディ)

f:id:shoindy:20180717130847p:image

 

で、本物のリリーはこんなお方

f:id:shoindy:20180717130907j:image

です。また、ゲルダが描いたリリーはこんな感じ。

f:id:shoindy:20180717130929j:image

 

  性別適合手術…今となっては、様々な人の個性や一人一人のその人そのままが認められる世の中ですが、当時は今よりもっと苦しい決断だったでしょう。なんてったって1930年代の話ですからね。さらにそれだけでなく、史上初の手術、前例がない手術なのですから、恐怖なんてもんじゃありません。それでも手術を受ける決断をしたというのは、リリーにとっては自身の性を偽り続ける方がよっぽどの困難だったのでしょう。手術を受ける際、

「リスクは分からない」

と言われた後のリリーとゲルダのそれぞれの反応の違いがそれを良く表しています。

  また、当時は今より苦しい立場と上述しましたが、当時の手術(性別適合手術ではなく、精神疾患に対する手術)もなかなかの強烈。放射能を当てとけばとりあえず治る理論だったり、脳に穴を空けて直そうとしたりと、かなり強烈です。

 

 

  恋愛映画のジャンルではありますが、恋愛重視ではなく、夫婦を超えた夫婦の絆を描く感動のヒューマンドラマです。現代に生きる僕たちだからこそ見るべき作品なのではないでしょうか。

何があっても君を見つけ出す。

f:id:shoindy:20180716122457j:image

 

「すべての終わり」(原題 HOW IT ENDS) 主演テオ・ジェームズ

 

  妊婦のサムと結婚を控えている弁護士のウィル。彼はサムの両親に挨拶をする為、シアトルを離れシカゴに訪れていた。

  結論から言うと、サムの両親との食事会は失敗に終わった。どうもサムの父親で、元軍人のトムとソリが合わないのだ。

  翌朝、サムから電話がかかってきた…その時、それは起こった。サムの背後から、なにやら異様な音が響いている。やがて、サムと連絡が取れなくなった。異様な音の余波は遥か3800キロ離れたシカゴにも影響を及ぼした。街は停電し、あらゆる交通手段が遮断された。電力が復旧しても情報は錯綜し、アメリカ西部でなにが起きているのか全く見当もつかなかった。

  トムとウィルは決意する、飛行機が飛ばないなら車ででもシアトルに行ってやろうと。とにかくサムを見つけなければ。

  西へと近づくほと、周囲はおかしくなっていった。異常気象、人々の心の荒廃…2人の旅の果てには、なにが待っているのか…

 

  Netflixオリジナルのロードトリップ作品「すべての終わり」です。娘を探す為、ソリの合わない義理の親子が共に旅をします。"ソリの合わない親子の旅"このテーマはロードトリップ作品の定番中の定番。旅の過程で互いが互いを認め合い、良い関係を築いてゆきます。視聴者的にもそこが面白いところ。しかし、今作は気ままなロードトリップとは訳が違います。なんて言ったって謎の現象により世界が荒れ果ててるのですから。そんなシチュエーションの中でいちいち突っかかって喧嘩するほどの余裕は流石にありません。なので互いにまぁ普通にコミュニケーションを取り合います。そらそうだ。

  ちなみに、今作で描かれる災害はどれも起こりうるものとなっています。ゾンビとかは出ないよってこと。なので気象関係が多かったですね、それと人。人が一番怖いよねっていうのが一番描きたかった恐怖っぽいですね、信頼できない系のシーンが多かったです。

    

  シチュエーションも面白かったですし、展開も非常に面白い本作、だからこそ言いたい。勿体無いと。

  今作は本当に丁寧に作られているのです。弁護士のウィルがだんだんと極限状態を生き抜く術を身につけていく自然さとか、しっかりお金をかけて異常気象を描いていたりとか。なのに、なのにですよ!まさかのストーリー未完で終わるのです。ええ、未完、未完ですよ。本当にお手本通りの

 

「俺たちの戦いはこれからだ!」

         ☆デイビッド監督の次回作にご期待くださいー!

 

みたいな!ウィルの命運も謎だし、途中離脱するリッキーという少女も投げっぱ。本当に、残念の一言です。続きは妄想で楽しむしか無さそうですね。

新しいブログを始めてみました。

こんにちは

 

突然ですが、新しいブログを始めてみました。その名も…

 

デデン!「元新米の足踏み」!!

 

なんという自虐!ザ・日本人!

内容は映画やアメコミに縛られずに書きたい時に書きたい事を書く用のブログです。いつまでもメインはこちらなのでいつも見てくださる方、本当にありがとうございます。安心してください。

 

  暇な時にでも覗いたってください。まだ1記事ですが。

 

この瞬間、世界は大きく変化する。

f:id:shoindy:20180715153904j:image

 

ジュラシックワールド:炎の王国」(原題 JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM) 主演 クリス・プラット

 

  ジュラシックワールドの閉園から2年が経ち、人々から恐竜の存在が忘れ去られ…た訳では無かった。園の火山が噴火の危機に扮したことで、人々は"恐竜を他の絶滅危惧種と同様に扱うべきなのか"どうかで論争になっていた。

  そんなある日、元ジュラシックワールド責任者で現恐竜保護団体のリーダーのクレアの元に、ハモンドのビジネスパートナーだったロックウッド氏から連絡が入る。

  ロックウッド氏は恐竜を守るため、恐竜達を"人すらも入れない島"に移す計画を練っていた。計画に賛同したクレアは、団体メンバーであるフランクリン、ジオ、そしてラプトルのブルーに最も詳しい男オーウェンと共に島へと足を踏み入れた。

  最先端技術の助けもあり、ブルーを見つけるのは思っていた以上に簡単だった。しかし、予想外の事態が起きた。島にいたチーム…ロックウッド氏の秘書ミルズが呼んだチームはミルズの計画の為呼ばれた悪徳商人だったのだ。彼らはミルズの命令で恐竜達を捕まえ、連れ去ってしまった。

  ミルズは恐竜を売るばかりか、最強の恐竜インドラプトルを造り出し、兵器として売ろうと目論んでいたのだ。

  それを知ったオーウェンらは、計画を止めるため、恐竜が連れ去られたロックウッド邸を目指す…

 

 

 現在絶賛公開中の映画「ジュラシックワールド:炎の王国」です。ワールドのタイトルになってから2作目の作品で、ワールドの2年後を描きます。

  

恐竜映画の代表といっても過言ではない本シリーズ。そのネームバリューに負けない極上の恐竜パニックエンタメ作品に仕上がっていました。

  明確なヴィランがいる一方で、保護対象の恐竜も暴れまくりというシチュエーション、なのでやっぱりステルスが熱いのが魅力!恐竜に見つかる、敵に見つかる=ゲームオーバーなシチュエーションなので、とにかくステルスが手に汗握って面白い!こちらのパーティも獣医やITオタク、ちびっ子と戦闘が低いこともあり、ステルスの緊張感はマシマシです!

 

いやいや死んどるやろ笑 が面白い

今作では上記「いやいや死んどるやろ笑」なシチュエーションが多いです。ほんと、みんな生命力半端ないですね笑 特に顕著なのは島編。島では火山が噴火して溶岩ダラダラなのですが、ゲームのステージみたいに燃え移ることは無いので、ドロドロにさえ触れなければ全然おっけーな訳です。んなアホな…と思いながら見てましたが、まぁパニック映画的には正解なのでおっけーだったりしますね。そんなシチュエーションが結構あります。

 

  なるほどなぁと思ったのは冒頭のシーン。大抵の作品の場合、冒頭のシーンというのは事件の発端を描くものです。今作もそんな感じに描かれていました。しかしその発端が本編に絡むことはありません。では、冒頭のシーンは何なのか。

  実は、今作のラストはある意味オーウェンら主人公勢が種を蒔いて終わりとなっています。そのため、あるキャラクターが戦犯になってもおかしくないのです。しかし、しかしですよ。ここで冒頭が活きてくるのです。冒頭のシーンがあったことで、主人公(あるキャラクター)がその選択をしなくても、結末は一緒ですよ。という作りになっているのです。これがなかなか上手い。続編を作るのかは知りませんが、かなり冒険的なオチなので、この救済措置はアイデア賞だと思います。

 

 連休という事もあり満員御礼だった本作、誰でも楽しめる迫力満点の一本です!

【アメコミ感想】グウェンプール:イカしたやつらが攻めてきた!

f:id:shoindy:20180714175729j:image

 

なりゆきでこっちの世界にオジャマしてしまったグウェンプールは、なりゆきでモードックの手下にされたものの、なりゆきで面倒なモードックを宇宙にポイして、なりゆきで一味のリーダーに!

なりゆきで生まれ、なりゆきに生きる、アドリブ上等の破天荒ヒロインが帰って参りました!

本誌紹介文より引用

 

久々のアメコミ感想です。本日紹介するのはあのグウェンプールの2冊目。「Ms,マーベル」「スクィレルガール」を差し置いて1人だけ続編発売からの彼女の人気っぷりが伺えます。

 

  一巻の感想は上のリンクから見ていただくとして…今回ではモードック(モードックが作ってグウェンプールがリーダーになる事になった傭兵チーム)の面々と共に一巻で戦ったイカ星人との再戦を描きます。

   前回ではソー(ジェーン)の本名を叫び彼女を怒らせた彼女ですが、今回も変わらず懲りずにヒーローの正体の口を滑らせます。今回の被害者は彼

f:id:shoindy:20180714182127p:image

アルティメットユニバース出身のスパイダーマンこと、マイルズ・モラレス君です。スパイダーマンといえばアイデンティティ隠してる系ヒーローの代表キャラクター、マイルズ君もピーターと同様、それなりに正体を隠しています。そんなんなのにあっさりバラす(手の形がウェブを打ってる)もんだから、そらこんな顔にもなりますわって話ですね。

  ちなみに、マイルズ君と1話丸々絡む割にイカ星人戦にはマイルズ君は全く関係無かったりします。この回はグウェンプールは本題のモードック(チーム名)の仕事を忘れてマイルズと絡んでたって話です。なんやそれ。

 

  さて、本題のイカ星人戦ですが、ゴリゴリの戦闘という感じではありません。モードック(チーム)の雇い主ビンセントの正体の秘密や、イカ星人と組み始めたNYPDとの関係などのシチュエーションを活かしてどう切り抜けていくか…的な展開がメインとなります。ちなみに、イカ星人編でもグウェンプール節は炸裂しまくり。どうせモブだからと善良な市民を殺そうとしてみせたり、警察のうちの1人に名前を聞いて

「もうモブじゃないから大丈夫よ!また会えるわ!」

と言ったりと自由気ままです。ヴィランでありモードックの一員でもあるバトロックがカッコいいからか、グウェンプールの自由さは暴走の一途ですね。節度のあるヴィランとヒーローのはずなのにコミックである事を知ってるせいで禁忌を犯しまくるグウェンプールという対比が見事です。また、ほぼ全編グリヒル絵なのも好印象、グウェンプール普通に可愛いしね。

 

f:id:shoindy:20180714190251p:image

モブじゃなくなった巡査

 

f:id:shoindy:20180714190316p:image

カッコいいバトロックと可愛いグウェンプール

 

f:id:shoindy:20180714190351p:image

ある意味おバカシーンプールボーイズ

 

日本人受けしやすい絵柄で読みやすく、他のコミックとも繋がりが薄いのでこれだけで充分に楽しめるグウェンプールシリーズ、オススメです。

 

 

 

 

誰も信頼出来ない、はるか上空の密室で

f:id:shoindy:20180713125951j:image

 

「ハイジャック・ゲーム」(原題 ALTITUDE) 主演 デニース・リチャーズ

 

  FBI捜査官のグレッチェンはある任務で上司の命令を無視した行動をとったため、ペーパーワーク業務の部門に左遷されてしまう。左遷先のワシントンへ向かう飛行機の中、グレッチェンは隣の席に座っていた男テリーに身の上話をした。するとテリーはある提案をしてきた。

「5000万ドルで俺を守ってくれないか?」

 男には何か事情があるらしく、飛行機がハイジャックされると不穏な事を言ってきた。グレッチェンはもちろん信じなかった。きっと酔っ払ってるのだろう、と。

  飛行機が飛び立って数時間後。グレッチェンは反応のない添乗員を不思議がり、機内を散策した。するとそこにあったのは添乗員の遺体…本当にハイジャックは起きていたのだ。

  果たしてテリーの事情とは、そして、犯人の目的とはー

 

 Netflixで見ることができるアクションムービー「ハイジャック・ゲーム」です。なんだかお堅い映画を観る気にもなれず、軽ーく見れるアクションを探して見つけた本作。まぁ予想通りの軽さでした。ハイジャックモノだし、犯人の目的も特に以外でも無かったですしね。ミステリ性も無いです。でもたまにはこんな作品も良さげだったりするのです。シンプルなアクションって良いですよね、なんか元気になれる気がします。

  本日は時間も無いのでこれまで、短くて申し訳ないです!