新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

悪夢の聖夜に、ひとつまみの幸せを

f:id:shoindy:20171211111935j:image

「エル・カミーノ クリスマス」(原題 El Camino Christmas) 主演 ジェシカ・アルバ

 

 

  40年間雪の降らない街エル・カミーノのクリスマス・イブ、そんな日にこんな街にやってきた男の名前はエリック。リッチそうな風体で物腰の柔らかい彼はマイケル・ロスという名の父親を探している。しかし捜索中に車に乗せたチャールズという男のせいで麻薬の違法所持を疑われ逮捕、酔っ払いの不良警官カールにこっぴどく痛めつけられてしまう。

  翌日、クリスマス。警官のうちの1人、常識人のビリーが前日の暴力を黙ってもらう代わりにエリックを解放するも、それを知らないカールに追い回されてしまう。なんとかカールを振り切ったものの、怒り狂ったカールは町の売店にいるエリックに射撃、なし崩し的にエリックが犯人の立てこもり事件扱いにされてしまう。酒店の中には店長のヴィンセンテ、従業員のケイトとその息子で言葉を話さないセス、偶然立ち寄って居たチャールズがいた。外には何人もの警察と事件を嗅ぎつけた妊婦のリポーターベス…果たして、エリックの命運は。

 

  久々の映画感想!久々のNetflixオリジナル映画!久々のハッピーホリデータグ!うおおおお!

 ということでNetflixオリジナル映画「エル・カミーノ クリスマス」です。運が悪すぎたために立てこもり犯に仕立て上げられたエリックと偶然その場に居合わせた人々の様々な事情が絡み合って一つの物語を作り上げています。正直、クリスマス関係ないだろっていうシチュエーションな本作、途中まではクリスマス映画って事を本当に忘れてしまう程ですね。その為なのか随所に

  「クリスマスだから」

みたいな台詞があったり、クリスマスソングを口ずさんでいるシーンがあります。

  しかしやはりクリスマス映画、最後は罪滅ぼしというか、ある人物が満足できるような展開にシフトしてゆきます。みんながみんな幸せのハッピーエンドじゃないのはちょっと他のクリスマス映画とは違っていますよね。ほろ苦さが前面に押し出されています。しかしこのある人物が報われる…というか赦されるシーンというのがまた良くて、満足そうな表情やセリフなど、凄くスッキリするんですよ。これがまたね、切なさも混じって本当に素晴らしい。

  物語の展開としては結構予想通りで王道的な部分が多いですね、セスの喋れない問題とかエリックの父親とかですかね。見ていたらすぐにどういう展開かは分かると思いますよ。でもそれ故にシンプルで見やすいですし、クリスマスアレンジも上手く活かせています。

 

  去年ハッピーホリデーシリーズとしてクリスマス映画を大量更新&渾身の「素晴らしき哉、人生!」を紹介してしまったため、今年はクリスマス映画だらけという事は出来ませんが、今作のようにNetflixオリジナル作品もありますし、去年触れられなかったクリスマス映画もありますので、出来るだけ多目にクリスマス映画を紹介できたらなぁとは思っております。

【アメコミ感想】フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!)

f:id:shoindy:20171210185653j:image

 

バリー・アレンは、ようやくスピードフォースの可能性を理解しつつあった。この謎の力はフラッシュと結びつき、時間そのものを前に進めているのだ。しかし、何者かがスピードフォースを、フラッシュとは真逆の方向に進める能力を獲得した。暗黒の鏡像とでも呼ぶべきこの男は、時計の針を戻し、歴史を変えるほどの力を集めつつある。フラッシュはみずからの力を奪いとられる前に、リバース・フラッシュから現在を守ることができるのか?

 

本書紹介文より引用

 

  レア回、DCコミックス感想です。フラッシュしか集めてないですからね。

  僕はフラッシュしか集めていないというほどフラッシュが好きなのですが、好きなだけで正直あまり詳しくはないです。CWのドラマは追いかけてますよ?今S2の途中くらい(激遅)。ですがコミックスに関しては正直全然分かってない状態だったりします。まぁ、何が言いたいかと言いますと、解説とか求めないで。という事でシンプルな感想、いきますよー。

 

 My name is barry a…あ、これ違うわドラマだ。

  今作の主人公は言わずもがなフラッシュ、本名バリー・アレンです。これまでの3冊で死んだことになってたりゴリラに襲われたりと大忙しだったバリーも今作で職場復帰、しかしひと息つく間もなくリバース・フラッシュの脅威に迫られます。リバース・フラッシュっていうと黄色いスーツのフラッシュ、イオバード・ソーンのイメージですがNEW52だからかなのか見た目が全然違っていました。それがこちら

f:id:shoindy:20171210193842j:image

なんていうか…すごい悪魔的。でもカッコいいですね!このリバース・フラッシュは自らのとある過去を改変するために他のスピードフォースと繋がっている人物を殺してまわっています。それを止めるのが今作のストーリー。以前までのストーリー…というか人物が結構絡んではいますが、リバース・フラッシュ戦はここから始まってここで終わるので非常にすっきりと読めました、これは嬉しいですよね!

 逆に残念な点…というかこれはこの一冊に限ったことじゃないんですけど、解説書がペラッペラなのをどうにかしてほしい!いや、そもそも漫画に解説書があるのはおかしいのは知ってるんですけどね?マーベルの分厚さに慣れすぎているというか…

  でも真剣な話、アメコミの解説書は重要だと思うんですよね、アメコミを親しんで長い人でもわざわざ読んでニヤリとできるという楽しみもあるんですから、もっと頑張ってほしいです!

【アメコミ感想】絶対無敵スクイレルガール:けものがフレンド

f:id:shoindy:20171209132005j:image

 

Dr.ドゥームもサノスも、デッドプール だってまとめてたたんでゴミ箱にポイ!

絶対無敵なマーベル最強ヒロインもいよいよ女子大生!

寮に入ったのはいいけれど、カーテン開けたら即事件!

リスなヤツはだいたい友達、元祖けもの娘スクイレルガール、いよいよ日本上陸!

本書紹介文より引用

 

 新世代マーベルヒロインシリーズの最終巻スクイレルガールです。カマラよりぶっ飛んでてグウェンプールよりは落ち着いてる彼女のコミックス、ここだけ聞くとパッとしないイメージですが、むしろ3作品の中で一番"楽しいコミックス"を体現しています。因みに、コミックス表紙は3作品とも日本人アーティストが担当していますが、中身とのギャップが最高にかけ離れているのも今作。中身は画像右下のヤツですよ。まぁ今回の表紙はマーベル×美少女のフィギュアのデザインとかも手掛けている方なので仕方がないっちゃあ仕方がないのかな。というかスクイレルガールはパズクエでも表紙とのギャップが話題になりましたね。こんなんばっかりか。

f:id:shoindy:20171209133015p:image f:id:shoindy:20171209133027p:image

問題の画像。こちらは表紙がグリヒルだったが故に起きた悲劇。

 

あ、というかこの画像でもうスクイレルガールの説明いらないですね。こりゃ楽。

  

  今作は単独紙となったスクイレルガールと初登場回を収録。単独紙では大学生となったドリーン(スクイレルガールのこと)が入学早々にギャラクタスと戦うというぶっ飛んだ展開が描かれます。

  今作で面白いのはギャグキャラクター故にできる無茶苦茶な展開。全身リススーツなんてふざけた展開はまだまだ序の口。月に行くためにアイアンマンのアーマーを盗んだり、超大量の読者コーナーがあったり、ほぼ全ページにわたってページ下に小ネタが仕込まれていたり…どこを見ても楽しめます。そして何より凄いのがギャラクタ戦、ギャラクタと向かい合って…行くぞっ!ってシーンの次のページ、読者コーナーがあって…さらにめくると

f:id:shoindy:20171209134232j:image

やられてるううううう

 

ええ、こんな作品なんです。どうやって戦うのか気になってたらびっくりですよ!や、まぁこの後読者コーナー挟んで何があったか説明はありますけどね。(「読者コーナー多くね?」って思いました?読んでても思うわ)

 

  と、こんな感じの作品ですがコミックスとしては魅力たっぷりで非常に楽しめました!!

パニッシャー 最終話感想

f:id:shoindy:20171207171005j:image

 

最終話メメント・モリ

 

  ボロボロになったフランクをマダニとマイクロが担ぎ込んできた。場所はマダニの家。マダニの父親は医療に携わる者なのだ。マダニの父は、フランクの素性を知りながら、フランクの為に治療を施した。

 

  一方でビリーも次の行動に出ている。自身を始末しようと動き出している保証省を返り討ちにし、痕跡を消し去った。目を覚ましたフランクもまた、ビリーが逃げおおせたことをマダニから聞かされる。そしてマイクロからお礼の金を受け取り、マダニの家を去る。

  職場復帰したマダニは保証省から責められたが、正しいことをしたとその意思を貫き、逮捕は免れた。

 

  ビリーが訪れたのはカーティスの元だった。ビリーはカーティスに質問する

「フランクが生きていたと知っていたか?」

正直に答えるカーティス。

  フランクの居場所を吐くまでカーティスの足を撃ち続けると脅すビリーだが、カーティスその言葉を聞いていないかの様にビリーにコーヒーを渡す。

…と、突如、ビリーの部屋の窓が割れ、銃弾が飛び込んできた。フランクだ。

  マイクロは言った、町を離れ、平和に生きろと。だから金を渡したのだ。マダニは言った、次は逮捕すると。しかしそれでも、フランクは止まらなかったのだ。

  フランクからカーティスに電話がかけられ、ビリーに電話が渡される。カーティスから手を引くよう伝えるフランク。決戦は1vs1で行われる事になる。場所は…メリーゴーランド、全てが始まった場所だ。その昔、ビリーはフランクの一家と共にその場所で幸せな時間を過ごした。もう戻れない、幸せな時間だった。

 

  夜

  メリーゴーランドに辿り着いたフランク。真正面から向かうほど馬鹿じゃない。また、マダニもフランクがメリーゴーランドへ向かっている事に気付いた。フランクに発信機を付けていたのだ。

「報告書を書く以外の事をしたらもう終わりだ」

上司の言葉を背中で受けつつも、マダニはメリーゴーランドへと向かう。

 

  メリーゴーランドが稼働した。回る馬の上には縛り付けられた職員が乗っている。放っておいたらビリーに殺され、死んでしまうだろう。フランクは早期決戦を余儀なくされる。

  過去の幻影、幸せだった日々が脳裏に浮かんで離れない。それに抗いつつも銃弾を交わし合う2人。ビリーは職員に銃を突きつけ、フランクの銃、ナイフを捨てされる。

  武器のないフランクに銃弾を放つビリー、やってきたマダニにも銃弾を叩き込む。その一瞬…銃口がフランクから逸れたその一瞬にフランクは間合いを詰める。

 ナイフが交差する中、勝負は一瞬にして決した。落ちた鏡の破片がビリーの胸に突き刺さる。その後の抵抗も虚しく、顔面を割れたガラスに押し付けられ、ビリーの顔はズタズタに引き裂かれる。

  倒れたビリー放置し、マダニの元へ近づくフランク、出血が激しい。フランクは逃げることなく、マダニの側に居続けた。助けられた職員も共に。

 

  3日後

  マダニは死んでいなかった。無事だったのだ。CIAは一連の事件の首謀者をウィリアムとビリーの責任とした。フランクは逃亡中という扱いになり、ピート・カスティリオーネには自由が与えられた。

  ビリーは長い手術の末一命を取り留めるだろう。しかし脳が損傷して居て、目覚めた彼が過去を覚えているかは分からない。ただ、包帯が取れても彼の皮膚はジグソウパズルのようにズタズタになっているだろう。

 

  マイクロとフランクはリーバーマン邸の前にいた。セーフハウスの生活も終わり、リーバーマン一家は新たなスタートを切ることになる。フランクは一緒には行かなかった。

  

  フランクはカーティスの元で会に参加するようになった。フランクは、思いの丈をぶつけるようになった。恐怖を告白するようになった。

 

 

最終回です!!ビリーとも一旦の決着をつけ、フランクの復讐も無事に果たされました。 ビリーさん勝ち逃げならず。ジグソウになるんだから当然だろ!とは思いつつも今までのNetflixシリーズ敵に全然あり得ましたからね、勝ち逃げ。アイアンフィストがマスク被らなかったりミスティがディフェンダーズ最終回まで腕切れなかったりね。復活したビリーはどうなるんでしょうか、フランクへの憎しみだけ残ってそう。

   それにしても周りを彩るキャラクターは今回も素晴らしかったですね。リーバーマン一家は是非今後も出てきて欲しい。今のフランクにとってカレンと同じくらい心休まる場所になりましたからね。そして、マダニも。次回がディフェンダーズなのか、はたまたゲストなのか、はたまた第2シーズンなのかは不明ですが、これからにも期待できるシリーズでした!!

  

パニッシャー 第12話感想

f:id:shoindy:20171206174658j:image

 

第12話「家」

 

  カメラの前でマダニの質問に答えるフランク、マイクロ。フランクはケルベロス作戦について語る。今まで語られていなかった部分を含め、全て。拷問シーンで引き金を引いたのが誰であるのかも含めて語った。引き金を引いたのは自分だと、語った。

 

 

  波止場で何かを待つフランクとマイクロ。やがて2人の元に車が近づいてくる。車からはザックとサラ、そして何人かの兵士がいた。マイクロの姿を見て驚くサラとザックに兵士がガソリンを振りまく。

 フランクの携帯が鳴り響く。ビリーからだ。離れたところからフランクを狙っているビリーがフランクとマイクロに車に乗るよう指示を出す。どうやら2人の小細工が効いたお陰でビリーは2人を殺せないようだ。

  自らとサラ、ザックを交換し、2人が車に乗ろうとしたその時、マダニら保証省が雪崩れ込んできた。銃撃戦の最中、マダニはザックとサラを保護した。しかしフランクは車に乗せられ、マイクロは…銃弾が彼を貫いていた。泣き叫ぶサラ、ビリーはマイクロを諦め、彼を放置してその場を去る。

 

  「なぜマダニがいた?」

 目を覚ますとそこはマイクロの拠点だった。ビリーはマダニとの繋がりを話さないフランクにパソコンのログイン方法…小細工を回避する方法を聞き出そうとする。そう、2人の小細工とは、かつてマイクロがフランクに行った行動。カンダハールの一件を、マイクロのパソコンから流出させるというものだ。だからビリーはここにフランクを連れてきた。また、ここでマイクロが撃たれたことも聞かされた。

  「お前が娘や妻、息子を殺したのか?」

フランクが尋ねる。しかしそれはビリーでは無かった。ビリーは当時、フランクの家族を殺す作戦を断ったのだ…しかしそういった作戦があったことは知っていた。

  やがて、ログインパスワードを話さないフランクの前にオレンジ…ウィリアムが現れる。

  ウィリアムの拷問が始まる…

 

  死体袋に詰められていたマイクロが目を覚ました。服の下には防弾チョッキと血のり…全てはマイクロの作戦だったのだ。マイクロはマダニに案内され、家族に再開する。リーバーマン家の欠けたピースが揃った。

  そこにマダニがやってくる。実は、本来ならば、フランクが体につけた発信機でマダラらも後を追う作戦だった、しかしフランクとマイクロはそれを欺いたのだ。

 

  拷問を受け息も絶え絶えのフランク。フランクはパソコンのログインには自分の網膜と右手が必要だと白状した。パソコンの前に座り、網膜を読ませるフランク。しかし、フランクはまだ諦めていなかった。机の下に忍ばせていたガラスの破片でウィリアムの胸を突き刺す。

    取り押さえられたフランクはより酷くウィリアムから拷問を受けることになった。フランクの網膜を読むことで発動した処理もビリーの部下に止められる。

  しかし、まだ負けでは無かった。マイクロは家族が眠っている隙にマダニの元へ向かう。マイクロがマダニのパソコンを操作し、拠点の監視カメラを起動させる。何故場所がわかるのか、解除するには拠点に行くしか無いからだ。

  さらに敵陣も不穏な空気が漂い始める。あまりにしつこくフランクを痛めつけるウィリアムを、ビリーが止めたのだ。楽に殺すという約束 を破りはしない。しかしウィリアムはビリーを手先と、道具と揶揄し、ビリーを馬鹿にした。ビリーはウィリアムの目を盗み、フランクの拘束を解いた。

  ウィリアムはまだまだ痛めつけようと、フランクにアドレナリンを注射し、フランクを再度目覚めさせる。そして近づいてきたウィリアムに、渾身の一撃を放った。自らに突き刺されたナイフを抜き取り、ウィリアムの喉を突き刺す。フランクの怒りの前に、ウィリアムは死亡した。

  その場に倒れこむフランク、ビリーは逃げおおせたのか?そうはいかない。タイミングを見計らっていた保証省が突入したのだ。マイクロが虫の息のフランクに駆け寄る。

 

 

  次回最終回!!最終話目前に更新を止めてしまい申し訳無い…最終回はしっかり明日更新しますよ!これやってアメコミ記事書いたら当分は普通の映画記事に戻るかなー

っと、今回の感想ですね。ぐろい!ウィリアム戦やっばい、目ん玉プッシュヤバイ。

  そしてリーバーマン関係は色々素晴らしい。やっと家族が揃っただけでなく、マイクロとフランクの関係が素晴らしい。

  次回はビリー戦なのかエピローグなのか、ビリーはここでは終わらなそうですけどジグソウになるのかしら。

東京コミコン行ってきましたよ 2017

タイトルの通りです。昨年2016年から始まった東京コミコン、最終日のみですが遊びに行ってきました。

  はてなアプリの不具合か画像が載せられないので、とりあえず文面だけの感想。貼れるようになったら更新します。

 

  今年は入場料が3500円とややお高め。それでも大盛況でした。2日目が一番すごかったらしいですけどね。

  あとでっかいビニルの袋がリュック型になってるリュック(説明下手か)が全員に配布されました。僕個人としてはこんなバッグは初めてでしたが中々良い。大きいので元々背負ってきたリュックもそのまますっぽり入って、なおかつ背負えるので手が埋まらないのは嬉しかったです。ワーナーブースでも配布していたっぽく、全員に貰える笑顔のおじさん柄ではなくCW柄(アロー、フラッシュ、スーパーガール、レジェンドオブトゥモロー)を背負っている人もちらほら、ピンバッチ付きだったので是非ともゲットしたかったのですがワーナーブースに来た頃には配布が終わっていたのか見つけられませんでした。

 

 そして入るとまず銀河帝国軍と反乱軍の方々がライトセーバーを持った撮影会をしておりワイワイガヤガヤ、去年ウーキーにライトセーバーを持たせてもらったので今年は参加しませんでしたがすごい人でした。段ボール製のAT-STが凄かった。

  完全余談ですがAT-STをチキン・ウォーカーって呼ぶのは世代で別れてるのかしら。父親がチキン・ウォーカー呼びなんですよね。AT-ATはAT-ATなのにね。

 

  ブースはそれはもうたくさん。モンスタージャパンのようなよくお世話になるところから知らないところまで。人が凄かったのはTシャツがうず高く積み上げられていたブース。まぁ、あれは欲しいよね…僕もトッド・マクファーレンスパイダーマン柄とGotG vol.2でクィルがインナーとして来ていたシャツ柄のTシャツを漁ったのですがMサイズか見当たらず断念しました。

  もう一つ凄かったのはジェダイ・チャレンジのブースですね!結局整理券ゲットできなかったです。PSVRで出てくれれば買うのに。あ、そういやマーベルユナイテッドも無かったですね。代わりと言ってはアレですが近くで行われていたスフィロのBB-8体験会は参加して遊びました。意外と難しかった。スフィロはあれが欲しいんですよね、ライトニング・マックイィーン。

 

  コスプレはやっぱり今年もデップとスパイダーマン人気が…いや、デップ人気が凄かった。何処にでもいるなってくらいデッドプール祭りでした。意外とトルーパーは少なかった?でっかいウーキーがいました。マジで大きい。コスプレも楽しそうですよね。一回でいいからやってみたかったり。バットマンダークナイトのスーツ展示の前で佇んでいたのには笑いました。すっごい人の輪出来てたし。立ってるだけなのにね!

 

  後初めてああいうイベントの飲食ブース行きましたよ。なんか地方活性化なのかみしまコロッケとかほうとうとか各地の食べ物が集まってて楽しかった。牛タンホットドッグとぜんざい頂きました。

 

  スターと会えたりなんだりの券は買ってないので分からないですがそれでも十分に楽しめました!なによりアレよね、みんなそういうのが好きって空気がいいよね。来年も行われるなら是非とも参加したいです。

 

 

  そういえば、マーベルのグッズが展示されていたブースにあった、スパイダーマンのシルエットが横向いててシルエットに文字が書かれているトート(ここでも説明下手)。あれ売ってました?欲しかったのですが見当たらず…どっかで買えるのかなぁ…

パニッシャー 第11話感想

f:id:shoindy:20171201104434j:image

 

第11話「助けたい人達」

 

  波止場、燃え盛るドラム缶で暖をとるフランクの脳裏には家族の思い出や、家族のように思えていたビリーの裏切りがよぎり続けた。それに対し、ビリー本人はテレビを通してフランクに容赦ない言葉を浴びせるー

 

  あの日、ホテルから去ったフランクが応急手当をしていると、マイクロが現れた。マイクロはフランクを手当しながらこれからの事などをフランクに語るがフランクは何も語らない。やがてフランクの口から出てきたのは、マイクロがマダニに情報を提供した事への怒りだった。頼るとは言ったが、勝手に行動された怒りから、フランクはマイクロとの協力関係を打ち切り、その場を後にする。

 

  マダニの元にビリーがやってきた。マダニが呼んだのだ。マダニはカメラを用意し、サム殺しやカンダハールの件を、捜査官として聴取する。

 

  オレンジは上官であるCIA副署長のマリオンにフランク殺害の許可得るよう申し立てる。カンダハールの一件を話し、信頼できる部下として自分を置いていた以上カンダハールが公になればマリオンにも被害が出るという言葉と共に。

 

  一方リーバーマン(マイクロの家)には警官が来ていた。ザックが電話したのだ。

「フランクの情報提供番号に電話したのはあなたですか?」

  否定するサラ、しかし警官は無理にでも一家を連れて行こうとする。何かがおかしいと察したサラは抵抗するものの、ザックを盾にされ、付き従わされる。レオだけが、偶然2階にいたレオだけが無事だった。

 

  マイクロと別れ、単独で行動をする準備を進めていたフランクとそれを見ていたマイクロもまた、リーバーマン家の異常に気づいた。すぐに家に行こうとするマイクロを宥め、状況を整理する2人。レオが無事に逃げた事を知った2人はリーバーマン家を保護しようと動き出す。マイクロはレオを迎えに行き、フランクは拠点を探し当てるであろう敵の動きを読んで拠点で待ち構えることに。待ち構え、サラの居場所を問いただすことに。

 

  マダニら国土安全保障省はCIAにオレンジ…ウィリアムの行なっていたカンダハールの一件を伝え、捜査することにした。国土安全保障省が呼んだエージェントはあえての…マリオンだった。

  マリオンが国土安全保障省を後にしたのち、彼女はウィリアムの元へ向かった。既にあらゆる事がバレているし、一線を超えたウィリアムを許せない。ウィリアムはCIAを守るため、全てをビリーの責任にするよう提案するが、マリオンからはその作戦の後辞職するよう命令される。辞職しなければ、刑務所行きだと。

 

 

 

  レオを迎えに来たマイクロ、初めこそフランク以外の人間に警戒していたが、それが父と知り警戒を解く。とりあえずレオの安全は確保された。

  

  拠点に敵が入ってた。サラの携帯からフランクの携帯番号を見つけ、拠点を探し当てたのだ。拠点で待ち構えるフランク。彼の胸にはドクロの模様が描かれていた。

  暗闇の中1人また1人と始末するフランク、兵士の通信相手であるビリーが罠だと気づいた時には既に遅く、姿を現したフランクが次々と兵を殺してゆく。しかしそこにビリーはおらず、サラとザックの場所も聞き出せなった。

 

  マイクロとレオが待ち合わせ場所でフランクを待っていると、そこにマダニも現れた。フランクが呼んだのだ。3人と1人は行動を開始する。

 

 ドクロ来ました!ドクロだぁ!!かっちょいい!!

  そしてビリーがCIAからも捨てられそうな気配に、これはオレンジは倒せずに終わるかなぁ…今までのドラマヴィランのように良いところで掻っ攫っていく系のような。立場危うくなってきたしあり得ると思うんですよね。

 そんなオレンジを追い詰めたマリオンは巻き込まれヴィランかと思いきやしっかり正義を貫いているっぽい…というか一線は守ってるっぽいですね。でもなぁ…これオレンジに殺されるんじゃねーか?

  いよいよ大詰!後2話!ただコミコンに行ったりなんだりで残り2話は微妙に遅れそうです。