読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米の一歩目

就職をきっかけに本当にやりたいことを見つけた新卒、映画の魅力を人に伝える仕事のために邁進!アメコミ、映画、海外ドラマ、ゲーム、散歩、いろいろ好き。

アメコミ

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン 感想

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品と言われている映画「ローガン」の公開が迫って来ており、恐らくそれに合わせて「ローガン」の原案である「ウルヴァリン:オールドマン・ローガン」の日本語訳版が発売されました。 物語は別アースであ…

またまた銀河、守ります

「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス」(原題 Guardians of the galaxy vol.2) 主演 クリス・プラット 軽いネタバレ? 前作の活躍で晴れてガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーを名乗るようになった面々。彼らが依頼を受けて守っているの…

X-MEN:スキズム 感想

今月のマーベル・マスト・リードシリーズはX-MEN:スキズムです。 X-MEN版シビル・ウォーといっても過言ではない今作。セカンド・カミングとAvXの間の話であり、今作を機にX-MENはウルヴァリン率いる「ジーン・グレイ学園」とサイクロップス率いる「ユートピ…

広がるMCU!

本日5月6日はFree Comic books day、毎年5月の第1土曜日に開催されるアメコミの日です。名前の通りアメコミがタダで貰えるこの企画。僕も数年前から参加しています。 そんでもって何が言いたいのかというと本日は映画もドラマも見れないので、最近バンバン出…

やっと俺ちゃんの出番だな!刮目しろよ極上エンターテイメント!

「デッドプール」 (原題 DeadPool) 主演 ライアン・レイノルズ 傭兵として日々を過ごしていたウェイド。ある日彼はヴァネッサという女性に出会い恋をします。しかし、ヴァネッサと結婚し、幸せが手に入った直後、彼の体を癌が蝕み始めます。絶望に打ちひしが…

Ms.マーベル:シビル・ウォー感想

今月のマーベル・シビル・ウォーシリーズとして邦訳が出版された『Ms.マーベル:シビル・ウォー』を読みました。今作で主人公を務めるMs.マーベルは現行キャプテン・マーベルであるキャロル・ダンバースで「キャプテン・マーベル」としてMCU単独作品の公開や…

人もブロックも、一人では生きられない

「レゴバットマンザ・ムービー」(原題 The Lego batman movie) 主演 ウィル・アーネット 今日もゴッサムシティを守る孤高のヒーローバットマン。しかし、ゴッサムの街の人から称えられるような存在の彼も、屋敷に帰ってブルース・ウェインになると孤独な寂し…

アイアン・フィスト 最終話感想

最終話「火と戯れる龍」 ダニーが麻薬取締局に追われた理由、それは「ダニー・ランドが自分の会社を利用して、違法薬物を輸入していた」という疑惑がかかっていたからでした。 ランド社ではダニーを助けたいと思うウォードとホガースがダニーを助ける算段を…

アイアン・フィスト 第12話感想

第12話「ヘビの頭を叩け」 拘束されているウォード、彼は父の幻覚を見ます。出してくれと暴れるも精神病院の職員は聞き耳を持ちません。そこに現れたのはバクト。彼はウォードにガオのヘロインの緩和剤を注入し、協力を求めます。「ハロルドから永遠に自由に…

アイアン・フィスト 第11話感想

第11話「荒馬が帰る場所」 場面はダニーがアイアン・フィストになった直後、ダヴォスが助け起こし、彼が補佐になりクン・ルンを守ろうと語ります。そして現在、ダニーはダリルやコリーンのフラッシュバックにより能力を封じられています。 さっさとクン・ル…

アイアン・フィスト 第10話感想

そういえば今更ですが、ダニーがヒーローとして活躍する名前を「アイアンフィスト」、ドラマタイトルや称号としての名前は「アイアン・フィスト」となるように意識してます。何処かでミスってそうですけど一応。 第10話「虎穴の中枢」 ダニーが目覚めると何…

スパイダーマン:ホームカミング トレーラー第2弾公開!

タイトルのままです。 スパイダーマン:ホームカミングの第2弾PVが公開されました! アイアンマンの活躍の場面は思ったより多そうですね!我らがキャプテン・アメリカも出演!ワンダも登場!MCUとの繋がりを強く感じます!

アイアン・フィスト 第9話感想

第9話 「万の苦痛を知る女」 ウォードが証拠隠滅に使っていた沼の底からハロルドが目を覚まします。 一方チカラ道場に連れていかれたガオ。ダニーはガオにウェンデルとヤミノテの関わりを問いただしますが一切答えないです。クレアとコリーンは「その事を聞…

世界最強のヒーロー達、再び

「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(原題 Avengers : Age Of Ultron) 主演 ロバート・ダウニー・Jr アイアンマンことトニー・スタークが世界を守る為に作り上げたプログラム"ウルトロン"。しかしウルトロンが世界平和の為にすべき事を思考し、生み…

アイアン・フィスト 第8話感想

第8話 「傷だらけの果実」 シーゲート刑務所にいるルークからの手紙に微笑むクレア、しかし直後コリーンに口を塞がれます。何者かがクレアの部屋に侵入しようとする前に脱出します。 一方ダニーはハロルドの元へ、しかしハロルドは姿を見せません。そこに現…

バック・トゥ・ザ・フューチャー アントールド・テイルズ 感想

先月あたりに発売された「バック・トゥ・ザ・フューチャー(以下BTTF)アントールド・テイルズ」を購入し、読みました。 本作はタイトルからもお分かりの通り「アントールド・テイルズ」つまり作中語られなかったストーリーを描いた物となっております。さらに…

アイアン・フィスト 第7話感想

第7話「巨悪の巣窟」 ハロルドがカプセルのようなものの中で眠っているとヤミノテが彼を引きずりだします。ヤミノテはハロルドがダニーの正体をヤミノテに伝えなかった事の責任を取らせるつもりでした。シラを切るハロルド、しかしそこにダニーがやって来て…

アイアン・フィスト 第6話感想

第6話「敵陣の決闘」 レストランや昆虫研究所に置かれる器のようなもの、そこには各々の言語で「時は今」と書かれた棒が入っています。その意味とは… 未だダニーの問題発言(癌とランド社の関係を認めた発言)の処理に追われるウォードとジョイ、一方でダニー…

アイアン・フィスト 第5話感想

第5話「根深き闇」 3人の女性がスーツケース片手に街を歩みます。彼女たちは麻薬の売人達に新しい麻薬の売り込みを始めます… 一方ダニーはヤンから送られた小さな包み紙を調べます。ちなみに包み紙には不死龍シャラオノ紋章が描かれています。中に入っていた…

アイアン・フィスト 第4話感想

第4話「伏龍の目覚め」 ダニーは落下したものの途中威力を殺せたため、死亡せずにすみました。ですが気絶していしまいます。 目覚めたダニーがいたのはハロルドの部屋でした。ちなみに突き落としたのは同じくハロルドの部屋にいたウォードです。ハロルドが薬…

アイアン・フィスト 第3話感想

第3話「うなれ、必殺の拳」 コリーンの運営する「チカラ道場」には怪しげな侵入者が、コリーンはそれを返り討ちにします。侵入者はもちろんウォードの配下。配下曰く「コリーンをランドから守りに来た」と言いますが、コリーンは配下を追い払います。そして…

アイアン・フィスト第2話感想

第2話「黒きタカが羽ばたく時」 目覚めたダニーがベッドに縛り付けられていたのはバーチ精神科病院でした。精神科医の診察を受けるダニー。ダニーは飛行機が落ちた時のことを語ります。 ヒマラヤの山中で墜落したダニーが目にしたのは運転席近くで亡くなって…

世界は終焉へと歩み始めたー 「Y: ザ・ラストマン」感想

グラフィック・ノベルズのコミックス「Y:ザ・ラストマン」を読みました。 イメージコミックスで話題となったコミックスに「サーガ」シリーズというものがあります。 マーベルやDCが大型イベントを展開するなか通常ストーリーだけでその2大コミックスをぶっち…

最後の守護者、現る Netflixオリジナルドラマ「アイアン・フィスト」第1話感想

「アイアン・フィスト」(原題 Iron Fist) 主演 フィン・ジョーンズ 第1話「帰ってきた男」 15年前に飛行機事故で死亡したと思われていた男が帰ってきた。男の名前はダニエル(ダニー)・ランド。彼は自身のビルであるランド・エンタープライズに入り、旧友の兄…

アベンジャーズ・プライム 感想

マーベル・マスト・リードの最新翻訳「アベンジャーズ・プライム」が届いたので読みました! 今、マーベルの邦訳本を買おうと思ったら十中八九の人がスタート地点にする「ニュー・アベンジャーズ:ブレイクアウト」。ブレイクアウトから始まる物語は「シージ…

正義の盾を手に

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」(原題 Captain America The Winter Soldier) 主演 クリス・エヴァンス ニューヨークの戦いから2年後。突如としてキャプテン・アメリカを容疑者として追い回し始めるS.H.I.E.L.D.。長官であるニック・フュー…

ウォークライム:シビル・ウォー 感想

今月のシビル・ウォーシリーズは「ウォークライム:シビル・ウォー」です。シリーズ邦訳版が刊行される毎に薄々感じ始めていた「これ、もうシビル・ウォーとの関連性薄くね?」感が最高潮に達した作品でもあります。 というのも今作の構成は「アンダーワール…

アベンジャーズ:ラスト・ホワイト・イベント感想

以前紹介した「アベンジャーズ:アベンジャーズ・ワールド」の続編である今作。前作ラストに名前が判明したナイトマスクの存在により「ニューユニバース」との繋がりが明かされました。 そもそも「ニューユニバース」ってのはなんなんだという話なのですが、…

至高の魔術師(予定)参戦!

「ドクター・ストレンジ」(原題 Doctor Strange) 主演 ベネディクト・カンバーバッチ 天才だが傲慢な神経外科医スティーブン・ストレンジ。ある日彼は交通事故に遭い医者の命ともいえる両手の自由を失ってしまいます。そんかスティーブンが藁にもすがる思い…

ついに爪を…

X-MENシリーズ最新作である「ローガン」のトレーラー第2弾が公開されました。 X-23ではないかと言われ続けてきた少女。少し前には女の子の名前がローラであることが明かされ、ほぼ確実だろうと言われておりました。そして今回のトレーラー第2弾でついに爪を…

ハルク:フォール・オブ・ハルクス/ワールド・ウォー・ハルクス感想

今月のマーベル・マスト・リードシリーズは「ハルク:フォール・オブ・ハルクス/ワールド・ウォー・ハルクス」です。本当は昨日投稿したかったのですが予想以上に大ボリュームで読むのに2日かかってしまいました笑 実は、マーベル・マスト・リードシリーズの…

ホークアイ:リトル・ヒッツ感想

以前紹介した「ホークアイ:マイライフ・アズ・ア・ウエポン」の続編である本作。 前作と同様マーベル・コミックスのおしゃれ枠(勝手に任命)として味のある絵で展開されます。ストーリーも前作と同様アベンジャーズであるホークアイのヒーローじゃない日が描…

サンダーボルツ:シビル・ウォー感想

二ヶ月に一回届くシビル・ウォーのクロスオーバーシリーズ、二ヶ月に一回言っておりますがその暗いストーリーライン故か読み始めるまでに時間がかかります。今回も平常通り遅れに遅れやっと読みました。 ちなみに今月号はクリスマスプレゼントなのかシビル・…

親愛なる隣人の新たな幕開け

スパイダーマンのリ・リブートである「スパイダーマン・ホームカミング」 「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」で華々しいデビューを遂げたトム・ホランド版スパイダーマンはヴァルチャーと戦闘しているコンセプトアートの公開やロバート・ダウニー・Jr…

マーベルからお届け

マーベルから最新情報が届きました! 1つは格闘ゲーム「マーベルvsカプコン」の最新作が2017年に発売されることが決定されたということ!しかもキャプテン・マーベルの登場も決定しております!会社の関係でミュータント勢が出れるのかは非常に気になります…

コミコンが日本にやってきた!

12月2日から4日にかけて開かれている東京コミコン。アメコミの祭典であるコミコンの日本初上陸という記念すべきイベントに参加して来ましたので感想を述べたいと思います。 僕が参加したのは本日12月3日の部。会場は幕張メッセです。幕張メッセ、意外と久し…

フラッシュ:グロッドの脅威感想

DCコミックスにおける大々的な改変New-52以降のフラッシュ単独誌では3冊目、New-52を呼び寄せた「フラッシュポイント」も含めると4冊目のフラッシュの邦訳書を読みました! どっちも手を出すと出費額や必要な時間が膨大になってしまうため、基本的にDCコミッ…

ホークアイ:マイライフ・アズ・ア・ウェポン

マーベル・ナウ!の冠を持つホークアイ単独誌「ホークアイ:マイライフ・アズ・ア・ウェポン」を読みました。 実は2014年に発売していた本誌、なんとアベンジャーズやX-MENを差し押して一番最初のマーベル・ナウ!邦訳誌だったりします。僕としてもずっと気に…

ソー Vol.3 -別離- 感想

マーベル・マスト・リードで発売されていたソー単独誌邦訳シリーズ最終巻である第3弾「別離」です。 邦訳シリーズで今一番本数が出ているニュー・アベンジャーズシリーズ、マーベル・ユニバースのキャラクター達は「ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト」か…

大好評!

アメリカ本国で「Dr.ストレンジ」が11月4日に公開され、初の週末を迎えました。 週末興行収入は$84,989,000!!2位の「troll」の倍に届きそうなものでした!! 事前評価も良かっただけに大好評のようです!ここからどこまで伸ばせるのか、気になりますね! D…

太陽の下でも 夜の闇でも いかなる悪をも見逃さぬ 闇の力を崇める者よ 畏れよ 我が光 グリーンランタンの光を!!

「グリーン・ランタン」(原題 Green Lantern) 主演 ライアン・レイノルズ DCコミックスのヒーローであるグリーン・ランタンの実写化作品、ただしMCUのDC comics版である「DC EXTENDED UNIVERSE」が生まれる前の作品であるため「バットマン vs スーパーマン」…

ニューアベンジャーズ:エブリシング・ダイ感想

景気良くどんどん発売されまくってるマーベル・ナウ!からの新刊「ニューアベンジャーズ:エブリシング・ダイ」感想です。 帯にでかでかと書いてある通り有能(笑)集団ことイルミナティがメインのストーリーとなっています。以前紹介した「ヤング・アベンジャ…

ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス

2006年に休刊になって以来、ちょくちょくのスポット登場しかなかったヤング・アベンジャーズが2012年から始まったマーベル・ナウ!をきっかけに復活したのが今作の「ヤング・アベンジャーズ:スタイル>サブスタンス」。前回紹介した「ヒーローズ・フォー・ハ…

ヒーローズ・フォー・ハイヤー:シビル・ウォー感想

隔月発売のシビル・ウォークロスオーバーシリーズ、今回はNetflixドラマ「ルーク・ケイジ」の影響からかヒーローズ・フォー・ハイヤーがメインです。 以前も申し上げましたが、シビル・ウォーのクロスオーバーシリーズは暗く重いストーリーであることが多い…

期待、期待!

少し前ですが 「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol.2」 ウルヴァリンシリーズ最新作「ローガン」 の1stトレーラーが公開されました! X-23ちゃんが出るとのことでローガンも非常に楽しみですが、やはりなんといってもガーディアンズ最新作でしょう…

アメコミカフェに突撃してみた

実家への帰省途中少し寄り道して友人と高円寺に遊びに行きました。その目的は…「アメコミ専用漫画喫「ACBD」を訪ねるため! 高円寺駅からそう離れていない場所に位置するアメコミカフェ「ACBD」。近くにはアメコミやアメトイを取り扱っている店もあり、まさ…

ルーク・ケイジ第13話感想 最終話

「俺のやり方」 ネタバレ有 始まりは若かりし頃、まだ信頼し合っていた頃、親友だった頃の2人ーしかし今は、戦うべき相手。パワースーツを身に纏った男と鋼鉄の皮膚を持つ男がぶつかり合うー 一方マライアとシェイズはなんとか脱出、ファイルを置いて来たも…

ルーク・ケイジ第12話感想

ダイアモンドバックの表記をダイアモンド・バックからダイアモンドバックへ変更しました! 「混沌に謳う詩」 ネタバレ有 逮捕されるルーク、ミスティには遠回しに大人しくするよう言いますがルークは脱走、警察はユダを手にルークを追いかけます。回り込まれ…

ルーク・ケイジ第11話感想

「袋小路」 ネタバレ有 破壊し尽くされるクラブ、その真ん中でルークはミスティを庇いながら銃弾の雨を受け続けます。なんとかキッチンまで逃げ込むルーク、しかしクレアが捕まってしまいます。 一方ユダの弾数が残り1発ということもあり逃げることを提案す…

ルーク・ケイジ第10話感想

「傷心の真実」 ネタバレ有 酸の液に無理やり電気を流し込むことでなんとか一命を取り留めるルーク。クレアとバーンスタイン、クレアの予測は見事命中し、ルークの皮膚は一時的に柔らかくなり破片を取り出すことに成功します。そして数時間後目覚めるルーク…